もっとひな形を楽しもう 2

超簡単オリジナルひな形作っちゃおう

素材サイトさんに行くと背景だけでも十分素敵な素材がたくさんあります。
でも、ひな形サイトで背景だけのひな形を掲載するわけには行かないのでここでは皆さんに自分で気に入った背景をつけてひな形を作っていただこうと思います。

ひな形付のメールというのは送信側でちゃんと表示されていても受信側のバージョンが古かったり、セキュリティによってちゃんと表示されていない可能性があります。
でもこの簡単オリジナルひな形ならOE4.0から使えますし、「ツール」→「オプション」のセキュリティで制限付サイトゾーンにチェックが入っている場合でも使えます。
(ただし、「クロッカス」のように半透明のメッセージテーブルを使ったものは透けない白い背景になります。)
(もらったメールから相手のOEのバージョンを調べる方法はこちら)

ではアレンジ用のサンプルをいくつかご用意しましたので、どうぞご利用ください。
アレンジ用ひな形は「ひな形」ページのSimple2にあります。

背景の変更の仕方

  • まず素材サイトから背景にしたい素材を探し、ご自分のPCに保存してください。

  • Outlook Expressを開き、いつもと同じようにメッセージ作成画面を開き、サンプルひな形を呼び出してください。

  • メッセージ作成画面のメニューバーから「書式」→「背景」→「画像」と開き、「参照」をクリックして使いたい画像をを選んでください。

  • うまく画像が入れ替わりましたか。
    ただ、絶対に守ってほしいのは、必ず素材サイトのそれぞれの利用規約を読んでください。
    そして、リンクを貼ってくださいとかサイト名を入れてくださいと書かれていたら、必ず従ってくださいね。


    ホームページ内の作品や文章にはすべて著作権があります。著作権というのはプロや金銭が伴う場合にのみ存在するものではないということを理解しておいてください。
    ここで著作権について論じるつもりもなければ、論じるほどの知識もないのですが、ぶっちゃけて言えば、誰しも自分の作った作品には愛着があり、それが誰が作ったものかわからない状態で一人歩きするのは耐えられない・・・ということは分かっていただけると思います。

背景色の変更の仕方

画像を白背景以外の画像に変更した場合、背景色が白いままだと変ですよね。
なので、ここでは背景色の変更の仕方を説明します。

  • 画像の変更と同じ要領で、メッセージ作成画面のメニューバーから「書式」→「背景」→「色」と開き、色をを選んでください。

    色数が限られてるので、背景画像を使った時には黒以外はあまり使わないかもしれませんが、画像なしで背景色だけつけても真っ白なメールよりは温かみが出るのでは?

リンクの貼り方

リンクを貼るというのはご存知の方も多いと思いますが、メールやホームページから任意のホームページやメールアドレスへリンクするようにすることです。
OEでは、アドレスを入力すれば自動的にその部分の色が変わり、クリックするだけでリンクしますよね。
なのでこれだけでもOKなのですが、ひな形などのようにサイト名でリンクするようにした方が見た目いいですよね。
それもOEで簡単にできるので面倒でない方はやってみてください。

  • まずメッセージの作成の編集画面で素材サイト名(またはMIDIサイト名)を入力します。(アレンジ用のひな形を利用している場合は、元の素材サイトさんの名前を消してそこに入力してください。)
    次にサイト名の文字列をドラッグして選択した状態にします。

  • その状態のまま、メニューバーから「挿入」→「ハイパーリンク」を開きます。
    ハイパーリンク情報の種類がhttp:になっているか確認して、URLにリンク先のURL(必ずトップページにしてください)を入力し、OKしてください。

  • サイト名に下線が引かれ、色が変わってると思います。
    これでOK、簡単でしょ。
    念のため、ちゃんとそのサイトに飛ぶかプレビュー画面にしてから確認して下さいね。

もう少し本格的なひな形が作りたくなったら、PurpleEyesさんやひなめ〜るまにゅ〜sigeさんのサイトを訪れてみてください。
ひな形の作り方がわかりやすく解説されてます。




WOWOW