「マカロン」のルーツを求め、スペイン・フランスにまたがるバスク地方へ。

マカロンマニア・今話題のフランス菓子、ポップでキュートなスイーツ「マカロン」のポータルサイト。食べ比べ、レシピ、お取り寄せ、などなど盛りだくさん!

バスク編(3) 1月29日

バスク地方からフランスへ

いよいよスペインとお別れです。。。

スペインで迎える最後の朝は、サン・セバスチャンに着いて以来いろいろなパティスリーで見かけて気になっていた「San Blas」というクッキーを朝食にいただくことにしました。お店の方に伺ってみたところ、この地方の伝統菓子のようです。ちなみにお値段は、左の丸いもので1個1.2ユーロ、右の四角のものは大き目なので1個6.1ユーロです。食べてみると、卵ボーロやたまごパンの味わいのクッキーに甘いメレンゲを乗せた何となく懐かしい味わい。四角い方はフェンネルの香りを強く感じました。

11:30 バスク地方の空の玄関口、ビルバオへ移動!

バスク地方から他国へ向かうには、スペイン第6の都市ビルバオの国際空港を利用するのがとても便利です。ただ、サン・セバスチャンからビルバオ空港に移動するためには、一旦左の写真のビルバオのバスターミナルを経由する必要があります。そこで、ホテル横のバスターミナルから11:30発のバスに乗り、ビルバオバスターミナルへと向かいます(所要70分、8.95ユーロ)。

12:55 ビルバオ国際空港へ!

ビルバオのバスターミナル到着後、空港行きのバスは20分おきに出発しているようでした。乗り継ぎの便利さに驚き!空港までは所要30分、一人1.25ユーロです。このバスの時刻表や運行ルートなどはBizkaiBusのページをご覧ください。

15:40 さよならスペイン!一路パリへ!

今回の旅行では、スペインと日本の往復の間にパリにストップオーバーで1週間滞在することにしています。そのため、往復ともエールフランスを利用するのですが、どこを見てもエールフランスのチェックインカウンターがありません。 おまけにいかにもヨーロッパらしく、どの便がどこでチェックインするかの案内も全くなし。。。空港スタッフに尋ねたところ、閉まっている何の看板もない窓口に案内され、しばらくしてそこに登場したグランドスタッフらしき人の対応で無事チェックインすることができました。

また、ビルバオ空港は、国際空港とは言え地方の空港のため規模は小さく、ジャンボジェットの姿は見えません。成田やシャルルドゴールのように免税店やお土産物のお店などがたくさんあるわけでもなく、空港到着後は搭乗までただ時間をつぶすしかありませんでした。

そして、いよいよ出発!今回搭乗するのはエールフランスAF5965便。ブリットエアーとの共同運航便です。空港の搭乗口から飛行機へはバスで移動するよう。通常羽田とかでバスで移動する時は数台のバスが待ってますが、今回は私が乗り込んだバス以外に見当たりません。 それもそのはず、搭乗する飛行機がプライベートジェットなみの小型機なのです!乗り込むのにはドアが開いて階段になったタラップを6段上るだけ。飛行機内も両側2列シートとまさにバス並み!本当にこれでパリまで飛べるのですか!?

17:20 無事にパリへ到着!

シャルルドゴール空港からは、写真のRER・B線に乗り宿泊するホテルへと向かいます。17:40空港発、途中18:25にシャトレ(Chatelet)駅でメトロに乗り換え、3号線のウロップ(Europe)駅で下車。パリでの宿泊先「ベストウェスタン・オペラ・サン・ラザール」に到着しました。

19:20 今回のパリでの初マカロン!

宿泊ホテルからとても近いので、パリでの初マカロンはこのお店に決定!最寄り駅EUROPEの隣、3号線のヴィリエ(Villiers)駅のそばにある「ラ・プティット・ローズ」は、日本人の渡辺美幸さんのお店。閉店の準備をしているところでしたが、なんとかマカロンをゲットできました!

  • ラ・プティット・ローズ
  • La Petite Rose
  • 5個 3.25ユーロ
  • ショコラ、抹茶、バニラ、フランボワーズ、抹茶(他にカフェ、ピスタチオ、有り)
  • 生地は表面がサクッとシャリシャリした食感。生地自体が甘い。挟んでいるのはコンフィチュールやガナッシュ、バタークリームとフレーバーによって使い分けており、量は多いけれども味わいにインパクトがない。
  • クールセル大通り
  • ★★+

また、同じに通りに面して数軒隣には日本でも有名な大御所のお店がありましたので、こちらでもマカロンを購入しました。

  • ルノートル
  • Lenotre
  • 1kg 69ユーロ
  • ショコラ、バニラ、フランボワーズ(他に、カフェ、キャラメル、シトロン、ショコラオランジュ、ノワゼット、ピスターシュ、有り)
  • サクッ、フカッとしっとりした生地。中はコンフィチュールやガナッシュといろいろ。クリームの味わいがはっきりしているものの、甘さが控えめで美味しい。
  • クールセル大通り
  • ★★★+