今話題のフランス菓子、魅惑のスイーツ「マカロン」の最新情報や限定品情報

マカロンマニア・今話題のフランス菓子、ポップでキュートなスイーツ「マカロン」のポータルサイト。食べ比べ、レシピ、お取り寄せ、などなど盛りだくさん!

マカロンクラブ

マカロンクラブ第1弾!

今回は、2007年版(写真左)と2008年版(右)のそれぞれのレシピで作られたマカロンを食べ比べてみよう、というものでした。2007年から2008年への変更点は以前のレポートに書いたように、アーモンドプードルがより粗く配分が増え、逆に砂糖が減ったこと。そのため生地の表面のサックリ感が増し、中は「しっとり」から「ややもっちり」へ変わっています。また食べた後、口の中にアーモンドの風味がより残るようになりました。2007年と2008年のもの、好みは人それぞれ分かれそうですが、常に改良を続けていくことや食べ手の私たちがマカロンについて色々と深く掘り下げられるこのような企画はとても興味深く、これからも続けていただきたいと思います。

新フレーバー登場

  • フォション
  • 1個231円
  • ギモーヴ・フレーズ、ヌガー・デ・モンテリマール
  • 日本橋高島屋
  • ★★★+
  • 2008.12.6

食感を楽しむマカロン

10月1日から登場。フカッとしっとりとした生地。ギモーヴ〜は、いちご味の生地でギモーヴとホワイトチョコを使用した生クリームベースのクリームを挟んでいる。フワフワした食感が楽しい。ヌガー〜はピスタチオなどのナッツを入れたアーモンドの風味が香る生地でモンテりマール産ヌガーを使用したクリームを挟んでいる。どちらも食感を楽しむ新感覚のマカロン。

マカロンリニューアル

  • レ・トラス ドゥ マ
  • 1個180円
  • イチジク&バルサミコ、カシス、黒糖キャフェ、ココパッション、ショコラ、ショコラオランジェ、ショコラキャラメル、はちみつレモン、ピスターシュ、プラリネ、フランボワーズ、ブルーベリー、フレーズ、抹茶、マンダリン
  • 世田谷区松原
  • ★★★★
  • 2008.11.8

大幅にリニューアル

9月20日の販売再開を機に、アーモンドプードルの種類や挽き方、材料の配合の分量までを大幅に変更されたマカロン。そのため、これまでと明らかに変わったと感じるのはまず食感。生地のしっとり感はそのままに、表面のサクサク感が非常に強まっている。次に、生地の材料内でアーモンドプードルの割合が増し、また、挽きをより粗くしているため、食べた後のアーモンドの風味が増している。中のバタークリームについても全体の口どけのバランスを考えて、今までより軟らかくしているそう。毎年改良を重ねているマカロンがどこまで進化していくか楽しみです。

季節限定マカロン

秋のマカロン

10月より、以前も販売されたことのある二つのフレーバーが復活して登場。サクッとはかない表面で、中はややしっとりめの生地。中のクリームにはショートニングを使用しており、以前と比べて味わい深さがなくなった。生地にしっかりと味がつけられているので、マカロンだけで食べると非常に甘さが目立ってしまう。反面、コーヒーのブラックとの相性は◎。その点はさすがスタバ。

季節限定マカロン

  • マガザン・デ・フレーズ
  • 1個315円
  • いちごみるく、宇治抹茶、京白みそ黒豆、ショコラノア、ぶどうフロマージュ、プラリネオリーブ、雅、八つ橋、柚子、りんごキャラメル
  • 日本橋高島屋
  • ★★★+
  • 2008.10.9

秋の京マカロン

10月8日〜13日に日本橋高島屋の京都展に出店。着物の重ね衿をイメージしたという色鮮やかな生地の組み合わせ。表面サクッと中はややしっとりめの厚めの生地。中は独創的な組み合わせのバタークリーム。ブルーベリーに胡椒やチーズを混ぜた「雅」やシナモンに小豆を合わせた「八つ橋」など、今までに食べた事のないフレーバーばかりのため、とても楽しみながらいただくことができました。今後の驚きのフレーバーが待ち遠しいです。

マカロンリニューアル!

  • ジャン=ポール・エヴァン
  • 1個210円
  • アメール、カフェ、キャラメル、パッション、パン・オ・レザン、ヴァニーユ、ピスターシュ、フランボワーズ、ベルガモット、ポム・アニス、マング・コリアンドル、ミエル
  • 新宿伊勢丹
  • ★★★+
  • 2008.10.7

9月7日からマカロンを一新したエヴァン。ハホッとしっとり感の強い生地。中はガナッシュやバタークリーム。以前と比べ若干小ぶりになったような気もするけど、それよりも変わったのは生地が薄くなってクリームの量が格段に増えたこと。そのため、マカロンと言うよりも一種の生チョコを食べているような、生地とクリームの一体感が生まれている。それぞれのフレーバーのクリームは優しい味わいで美味しいものの、インパクトが足りないせいかフレーバーごとの味の区別があいまい。

新登場フレーバー!

  • ピエール・エルメ
  • 1個294(予定)円
  • 左上写真 モンテベロ
  • Hニューオータニ
  • ★★★+
  • 2008.9.29

ピエール・エルメ来日フレンチナイトパーティー2008

9/29に行なわれたフレンチナイトパーティー。2008年は「EMERVEILLE」をテーマに、秋冬〜クリスマス、バレンタインまでの新作スイーツが一挙に公開されました。今回の初登場マカロンは1種類。パリ三号店となるCambon通りのマカロン・ショコラ専門店のオープンの際に発売された「モンテベロ」です(日本での販売は12月から)。生地はサクッとしっとりしており、ピスタチオの風味が加えられている。中はピスタチオのバタークリームとベリーのコンポートの2層。味わいは美味しいものの、これまで数々の驚きのフレーバーを生み出してきたエルメにしては、この組み合わせは一般的すぎる。かつて「モザイク」シリーズでピスタチオとグリオットの組み合わせがあっただけに、どうしても二番煎じの感が…。このマカロンにしても、この日提供されていた他のフレーバーのマカロンにしても、ねっちりしたものがあったり、ガナッシュが乾きすぎていたり、作りに雑さを感じた。むしろ、ひっそりと並べられており最後まで残っていたカリソン(実はフランスから今回のフレンチナイトパーティの為にもってきたそう)、の方が、アーモンドプードルの香りが豊かで食感もよく、美味しくいただけました(チョコレートヌガーも)。

期間限定出店!

  • ヘフティージュネス
  • 1個273円
  • カシス、キャラメル、ピスタチオ、ゆず、りんごと紅茶
  • 銀座三越
  • ★★
  • 2008.9.27

9月23日〜29日に銀座スイーツパークに出店。そこで関東未発売のショコラ系ではないマカロンが限定販売されていました。生地は表面カリカリ、その後しっとりだったりねっちりだったり。中はマーガリンクリーム(?)。クリームの味ははっきりしているものの、マーガリンを使用しているため味にコクが足りないうえ、量まで少ないため口どけのバランスが悪い。

期間限定出店!

  • パティスリー・ジョコンド
  • 1個147円
  • アールグレイ、アプリコット、カフェ、キャラメルノア、ショコラ、バイオレット、ピスターシュ、フランボワーズ
  • 墨田区東向島
  • ★★+
  • 2008.9.20

かつてタントマリーでシェフをされていた方のお店が、大丸東京店のウィークリースウィーツコーナーに登場!生地は表面はフカッ、そして中はねっちり・もっちりな食感。クリームは、バタークリームとジャムを2層に使用したり、ガナッシュだったりと味わい的に楽しませてくれる。生地が若干甘め。

新作マカロン!

  • フォション
  • 1個231円
  • フランボワーズ・アマンド、ヌガー・デ・モンテリマール
  • 日本橋高島屋フランス展
  • ★★★
  • 2008.9.17

2008フランス展

9月17日〜23日のフランス展から新登場したマカロン。ピンク色のフランボワーズは、フカッとしっとりとした生地で、アーモンドの風味がとても良く鼻に抜ける。ヌガーは、フカッとスポンジのような食感。ヌガークリームの味わいはほんのりとしている。

期間限定マカロン!

  • パティスリー・サツキ
  • 6個入り1260円
  • オレンジ、グリオットチェリー、グレープフルーツ、ピーチ、ミント、レモン
  • ホテルニューオータニ
  • ★★★
  • 2008.9.10

夏限定の葛マカロン!!

5月〜9月いっぱいまでの限定マカロンは、吉野本葛とフルーツペーストを混ぜ合わせたジュレを挟んだ夏らしい一品。生地は表面はフカッと、中はとてもしっとりとしている。新しい発想の斬新なマカロンだけれども、挟んでいるジュレがバタークリームと違ってしっかりとしてるため、生地と一緒に口の中で溶け合っていかないのが残念。

MENU