今話題のフランス菓子、魅惑のスイーツ「マカロン」の本場、フランスへ。

マカロンマニア・今話題のフランス菓子、ポップでキュートなスイーツ「マカロン」のポータルサイト。食べ比べ、レシピ、お取り寄せ、などなど盛りだくさん!

南仏編(3) 2月19日

カンヌ、マントン

7:45 ホテル出発→ニース駅へ

外観

カンヌまで国鉄で行くため、ニース駅まで徒歩で向かいました。

途中、マセナ広場横にあるお店で朝食のパンを購入。ついでに、マカロンも購入しました。フランスのブーランジェリー(パン屋さん)は、朝早くから営業しているので、とても便利!!

マカロン
  • Vogade
  • .
  • 100g 4ユーロ(左で7個4.8ユーロ)
  • オレンジ、カフェ、ショコラ、シトロン、ピスターシュ、フレーズ (他に大1個3.5ユーロも有り)
  • カリカリとクッキーのような食感。日本のアンリ…のマカロンのように、焼きが非常に強い。中のバタークリームはしつこさを感じる味わい。全体的にあきる味。
  • マセナ広場
  • ★+

8:33 ニース出発 → 9:00 カンヌ到着

外観 店内

国鉄に乗り、カンヌへ。

カンヌ市内を散策。

華やかさを期待して、かのカンヌ国際映画祭の舞台である、パレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレを訪れてみましたが、スターの手形がたくさんあったものの、期待していた華やかさとはうってかわって、とても静かで何もないただのホールでした。考えてみれば、日本の幕張メッセと同じでしょうか。当日はゲームショウが行われていたため、さながら秋葉原のようでした。

写真のお店は、カンヌ駅から海岸へ直進した道沿い、大きなホテルの向かいにあった La Tarte Tropezienne というお店。きれいなマカロンがあったものの、単品売りはしておらず、1セット6種24個入りで10.83ユーロでした。あまりの量に購入は断念しました。

10:37 カンヌ出発 → 11:42 マントン到着

日曜だったため、お店も営業していなかったので1時間でカンヌの散策は終了。本日のメインイベントであるマントンのレモン祭りへ向かいました。

マントンはガイドブックに地図が載ってなくて不安でしたが、駅からつづく人の流れに乗って歩いていると、すぐにレモン祭りの会場に到着しました。

マントンのレモン祭り

2月10日〜26日(06年)

公式HPはこちら

マントン・レモン祭り看板
マントン・レモン祭り展覧会会場

↑展覧会会場

チケットは、会場入口で購入。パレードと展覧会のセットで、指定席が21ユーロ、立ち見の自由席は14ユーロでした。ニースと同じような人と山車による金のパレードで、ものすごい数のレモンとオレンジで彩られていました。街中がレモン一色にそまっている様子には圧倒されてしまいました。

レモン祭りパレード1
レモン祭りパレード2

とにかくレモンだらけ!

レモン祭りパレード3

16:14 マントン出発 → 16:52 ニース到着

パレードはまだ終わっていませんでしたが、雨が降ってきたので早めに帰途へつきました。ニースに到着するころには雨が止んたので、海岸線にそってはしる大通り「プロムナード・デザングレ」を散策しました。

夜は大雨になってしまったので、夕食はホテル近くのメキシカンバーで済ませました。