新・ヒマラヤの名峰 8千米峰の世界

世界の尾根、現地では雪の住家と呼ばれるヒマラヤは
世界最高峰のエベレストをはじめ、8千米巨峰が8座も集中する山岳地帯です。
2002年から5年間撮影した8000m峰作品は、2008年に
富士フオトサロン東京で開催の個展「神々の白嶺」にて発表しました。
2012年には思い残しのあったアンナプルナ山域の再撮影を行い
一部をリニューアルしました。

日本の山とは異なるダイナミックなスケール、無名峰でも容姿端麗な山稜は数知れず。
このギャラリーは、私が名峰だと感銘した山稜の一部です。
( )内には
世界の標高順位を表記しました。 

<写真をクリックすると、大きな写真にリンクします。サイズは640×480>

  
アマ・ダブラム 
6812m

カンテガ 
6779m
チョラ・ツェとタウツェ
6440m・6501m
ヌプツェ
7895m
チョー・オユー(6)
8201m
エヴェレスト(1)
8848m
ローツエ(4
8516m
マカルー(5)
8463m
ギャチュン・カン
7952m
ジャヌー
7710m
カンチェンジュンガ(3)
8586m
ウエッジピーク
7350m
マナスル(9)
8163m

アンナプルナT峰(10) 
8091m
ダウラギリ(7)
8167m
アンナプルナ南峰(右) 
(7193m南側ゴラパニより)

 
マチャプチャレ
6993m
シシャパンマ(14) 
8012m
チョモランマ(1)
8848m
カラコルムの名峰へ戻る 山岳写真館のトップへ カラコルムの名峰トップへ 次は「カラコルムの名峰」へ