身 体 気 法 会
    SHINTAI KIHOUKAI 

 整体生活入門!
  季節の身体の変化
  をご案内

 今の季節の身体
 体癖は動きの個性、
  感受性の差異。体
  癖の基本型を綴る

 つづり体癖
 気、そのはたらき
 
とは?気応と感応

 感応する気
 野口整体の基本
 整体法の世界

 整体法とは? 
 病気や変動の意味
 とは?

 身体の意図を探る

 
身体の考え

                                                        

   身体気法会は、野口整体を原理として、外世界や
  他者との関係性の只中で生きる身体の有りようを
  深く探ることを目的としています。




    人はそれぞれとても個性的な身体を持ちながら、
  身体と身体は常に影響しあっています。
   そして身体は外側の世界に常に開いていて、相互に
     交信しあっているのです。
   身体と世界のかかわり合いは「私」のフィールドを
  簡単に乗り越えて、さまざまな層で交感しあって
      います。
  さまざまな波の、ひとつに集まった渦のような
   ものが「私」という身体だといえます。
    身体の感知している情報は膨大なもので、そこから
   得られる知恵や知覚は、人の頭脳で描かれる知見を
  はるかに凌ぐものです。
   意識で感覚して分かったと思った何万倍かの情報が
     取り交わされているのです。
  身体の側の地平に立って広がる世界を、そろそろ
     はるかに臨んでみる時なのでは
        ないでしょうか、、、、。



     
         

 
ご相談、ご質問は
 下記まで、どうぞ。


 
◇お問い合わせ
 ◆当会のご案内

   
◇個人操法のご案内
  個人操法をご希望の方
  は下記をご覧下さい

 
 静岡での個人指導
 ネット予約カレンダー(仮)

 今春再開予定です。

 東京での個人指導
 ネット予約カレンダー(仮)
 
今春再開予定です。

 お問い合せは



  
左フレーム
  (案内、目次等)

 
 表示されない場合
 下をクリックして下さい


  
HOMEへ
 
 
 

    身体気法会の活動と会員について

 野口整体およびその支流、整体操法ならびに愉気法
 その広く、感応を基本とする身体気法を紹介するに
 当たり不特定多数への一方通行な公開は誤解と誤謬
 を招く怖れがある為、これを会員のみの公開として
 いきます。
 会員は年会費を納め、会員のみに閲覧できる記事や
 動画を視聴し、また会員限定の講座に出席すること
 が出来ます。
 本HP内の記事のいくつかも会員のみ、閲覧可能な
 ものが含まれています。
 会員について詳しくは こちら
 入会希望の方は、こちら
 
 
※入会希望の方、随時受付中!
 





  ★身体気法会は2015年初頭より活動を再開しました。
  再開に当たり、会員制をふくむ変更を行ない、
  今まで決めてこなかった会の規定なども含めて
  新規に再開しました。
  後世への技術の伝達の意味から初等講座、中等講座
  等の長期講座も開催され、本年春から静岡、東京での
  整体指導も再開される予定です。
  今後のHP等の更新にてご確認ください。





 ※《会》マーク付の記事は会員のみ閲覧できます。順次upしていきます 
  《会》 
  気と身体の地図

  整体法の操法の手技
  体捌き、季節の体勢
  整体生活法まで、、
  「気」の動態を探り
  気と身体の羅針盤を
  探してゆきます。

 《会》 体運動の回路
     〜複合体癖
 
        
  体癖とは?
  刺戟に対する反応方向
  行動と心がどう動くか
  「私」とは体癖素質が
  絡み合って出来ている
  複合連動体なのです。
   
  《会》 3/1更新
  動的人間観察

  動いている人間、
  止まっていても動
  いている、、
  人は動いて生きて
  いるものなのだ。


  《会》
  活元運動の手ほどき


  準備運動から誘導法
  組み運動、止め呼吸
  まで活元運動法と、
  気応の諸相を
  ご紹介いたします

  
  《会》 
  ラインを観る


  私たちの身体は、次に
  どう動くのか動きたい
  のかという次なる要求
  の方向を常に内包した
  動的なラインを作って
  いるのです。

  《会》
  行気法をためす

  
行気、自分自身へ
  
気の運用法。身体
  
の何処でも気をめ
  
ぐらせせ自主管理
  
な生活を実践する

 ☆会員の方が、上記の記事を閲覧するにはまず承認リクエストをお送り下さい
             
⇒ コチラまで  !!



  『肩の穴で胸を開く〜2017初春』

   左記の記事の腸骨陵下部の虚は腰椎1番を巻き込みます
   が、その影響で今季は胸椎3番が閊えている人が多く、
   この胸椎3番の強力な閊えが胸を縮ませ、胸骨を硬張ら
   せています。上胸部のこの硬張りが頭を弛ませないのです
   この状態を少々緩和しておくため以下の様な行気を用い
   た体位動法を組み立ててみました。
   @肩の付け根、大胸筋との繋がり目の凹みにスポッと指の
   納まる穴があります。この穴が詰まり気味になっており、
   この穴に気を集めて、ここから気を発散、八方に吹き出す
   ように胸と体を開いていきます。
   A足の開き、腕の返しと開きなどで肩の付け根の穴の気の
   集注密度を亢め発散を促しながら背をそらし気味にします
   しばらく耐えてポッと弛めます。

    
      
   (胸と体が外側に開く感じになればOKです。辺りが明るくなります)
    ※ 詳細は 「季読み帖」 をご覧下さい。


   尿切り法〜2016、17初春」

   尿切り法と云うのは残尿感や頻尿、尿閉の予防のため
   排尿のたびごとに行なう尿を切って後を残さないように
   するための行気動法です。
   排尿と云うのは、放尿時には順であれば気を吸いこんで
   行なっています。気の方向が集注方向と云うことになり
   ます。出し切ったなと思うところからサッと転換して拡散
   方向に移ります。ふあああと気が広がっていく感じです。
   この集注と拡散の気の動きが閊えないように気を動かし
   ておくものが尿切り法です。
   
@尿を輩出し終わったと思うところからそのままの状態
    で始めます。
    
まず膝を曲げつつ身体を沈めます。
   A左側の内股を開き気味にしつつ、膝をくの字に曲げて
    左側に重心をあずけます。
拡散の動きを助けるように
    行ないます。(人により右足の場合もあります)
   Bさらに拡散するように左重心のまま腰を前に持ってい
    き、前重心を重ねます。

   C しばらく待っていると拡散しきって、残尿がぽたりと
     落ちます。
出し切って終了です。
   ※女性用には腰かけた状態で背筋を伸ばしたり、左右に
     重心を持っていたりなどの方法で拡散を誘導して行な
     います。
      
   
        (動画は3回リピートされます。)



  
 
InternetExplorer11
 で本HPをご覧なされる
 場合、正常に表示がされ
 にくいようです。
 以下の要領で互換表示を
 有効にしてご覧いただく
 ようお勧めいたします。
 「互換表示を有効にする

  





















 身体気法会では、
  からだ”を「体」でな
 「身体」と二字を
 当てています。
 
  これはカラダを
 
「ミ」と「体」と、
 一体となったものと
   捉えているからです
   「身(ミ)」とは
 
心身と身体、心と
 
体を繋いで横断し
 双方に
自在に往還
 し遍満し
潜在する
 「芯」のようなもの

 無意識とされる無意
 的動位
のコトを呼び
 表わしています。

  
 ◆個人操法について
 整体操法による個人
 指導です。
 身体は季節の変化や
 その人の動きの癖で
 常に歪んでいます
 歪みながら力を発揮
 して訳ですが、
 そのため偏り疲労や
 鬱滞を抱えて暮らす
 ことになります。
 この偏りをその人、
 その人の身体に
 適った気の方向に
 調整していくのです

 詳しくは 
コチラ

 

  
 ◆入会希望の方は
  コチラ まで
 お問合せください
  ⇒入会案内


 ◆定期講座について
  のお問合わせは
  コチラ まで
          
  ⇒講座案内
  年間定期講座
    初等講座
    中等講座

 
お問い合わせ 
    

























  

  野口整体講座〜基本からの整体法講座



   野口整体、その基本である整体法の基礎からお教えする
   年間講座を開講しています。

   野口整体の技法であり生活法であり、世界観でもある
   整体法と云うものは一般的な衛生観や対症療法的な
   ものとまったく捉え方が異なっています。
   「病気」と云うものの捉え方も、災厄と捉えず身体の裡側
   の要求の表われと捉えます。
   変動として、自律的な改革としてそれを能動的に捉える
   のです。
   このような哲学に基づいた技法のため、難解と云えば難解
   全体像を掴みにくいと云えば掴みにくい、、と云うことに
   なるのですが、その個性的な手法の中に現代世界の解決
   しがたい難題への回答となる様々な知見と知恵が蔵されて
   いるのです。
   この深い野口整体の森の道案内たるべく、その第一歩を
   踏み込むお手伝いをいたしたく整体法の初等講座を、
   開講いたします。
   
   現在、野口整体の基礎的な入門講座としての
   初級講座、中級講座を開講しております。
   来年度、平成29年4月より。改めて初等講座として
   整体法の第3期の講座を開講することといたしました。

   以下に記載のように一年間の定員による講座となります。
   初等講座の対象は、野口整体の初心者、経験者、
   どなたでも参加可能です。
   今後開講される予定の中等講座は原則として初級講座、
   中級講座を修了した受講者が対象となります。
   中等講座は、ある程度の技量を修め修学意欲のある
   方の一歩踏み込んだ講座となります。



   

   ■第三期整体法 初等講座
       「整体法の基礎〜気応と感応

        年間コース(全10回)、定員制

     第三期整体法初等講座は、
    平成29年4月〜平成30年3月まで
        (8月、12月は休講の予定)

    日程 毎月第4日曜日午後2時〜6時頃まで
    場所 東京のいずれかの会場にて開催の予定
       ※月により会場を変更する場合があります。
    
   
   ※第三期整体法初等講座、受講申込みを受付けています。
    ※受付期間は4月14日まで!!

   ☆申し込み方法を改訂しました。
    全10回通しの申込みと前期、後期で分けての申込みを
    可能としました。まず前期5回の受講申し込みが出来ます。
    詳細は以下まで。
    ◆詳細及び受講希望の方は ⇒
コチラを!


   ※定員制となります。
    全講義受講が基本ですが、やむを得ない場合は
    一部休みも可とします。
    途中参加は受け付けません。
              

     ■第三期整体法 中等講座(予定)
      前期「整体法の応用動的身体論」

         (年間コース、全10回程度を予定)
     ※後期講座として全5回も予定しています。


     平成30年3月〜平成31年2月を予定
           (8月、1月は休講の予定)


     日程 毎月第2日曜日の午後2時〜6時頃を予定
       ※会場の都合により変更する場合があります。
     場所 東京のいずれかの会場にて開催の予定

       ※月により会場を変更する場合があります。

   講座内容はまだ構成中です。
    決定次第順次告知いたします。



   

   ※第三期講座内容予定  

     ◆初等講座 「整体法の基礎〜気応と感応

      1、気の角度
         〜気的コミュニケーション


         2、愉気
         〜気の集注と対応


         3、活元運動
         〜自律調整法


      4、行気法
         〜気の流れと体位


         〜〜〜〜〜〜夏休み〜〜〜〜〜〜8月


       5、身体の望楼
         〜影と光と体感覚


     ―・―・前、後半切り替わり ・―・―・―・―・―


         6、呼吸とリズム
         〜共鳴と息と波


       7気の形と空想の形
         〜気に添い乗じる


       8、身体を捌く
         〜型にあるもの

      9、愉気と気の蠢き
         〜集注点と反応点


       10、何かあった時のために
         〜整体生活法



  第三期整体法 初等講座の申込みを受付けています!
                受講希望の方は →コチラから
    

     ※会場等の都合により定員になり次第締め切る場合があり案す。
    ご了承くださいませ。

   ※講座内容、受講等の問合せも受付けております。



     ※各講座内容につきましては、予告なく変更される場合
    があります。
    悪しからずご了承下さいませ。
    年間定期講座ご案内をご覧ください。

          


                              




    



 ★
 本HPはIBM「ホームページビルダー」を
 用いて製作しております。
 随時更新され修正加筆されます。
 そのため当初の表現が予告なく
 変更、改訂される場合がありますので、
 あしからずご了承願います。