こんばんは☆
今日は寒くて仕方ない日でした。
人恋しいですね(苦笑)。
今週末には会えます……待ち遠しいな☆


今日は「ちょっとエッチな話」、可愛いバージョンでお届けします☆
以前、彼が風邪でえっちができなくなったときに
ちょっと体を拭いてあげようとしたときの話です。

仕事明けで、翌日が休みなので
日帰りでお見舞いをしに行ったときのことです。
彼は仕事を休んで療養していました。
ひとり暮らしの病気って、心細いので
ここは私が行かなきゃ! と一念発起して
行ってみました。

ドアのチャイムを押して、ドアを開けてもらって
その姿にビッ栗しました! すごい厚着で着込んだ彼は
いつものすらっとした姿から想像できないくらいでした。
そのくらい寒かったようですね。

私:「大丈夫? 体はどんな感じ?」
彼:「最悪の時期よりはマシだよ。いくらか楽になった」
私:「今夜は泊まれないけど、終電までいるから何でも言ってね☆」
彼:「ありがとう! すごい安心するよ」
そんな会話をしていました。

そろそろ夕食という時間でした。
私は「何がいい?」と聞くと、彼が
「ご飯が冷凍してあるから、何でも使っていいよ」と
言うので、簡単に雑炊でも……鶏肉発見☆
ねぎ発見! …てな感じで
しょうゆ味で、だしに味をつけて、レンジであたためた
ご飯をできたおつゆに入れて、簡単に出来上がり♪
食べてもらって「おいしい!」と言ってもらって安心しました☆
なにしろ、私は雑炊ってあまり食べないので
どうしても慣れなかったから……。

「お風呂、入ってないでしょ?」と私が聞くと、彼は
「今日入ろうと思ったけど、どうしてもシャワーが多いよね」と
言います。そうです、ひとり暮らしって
シャワーで済ませることが多くなってしまって
ゆっくりお湯につかることが少なくなってしまうんです。

ここで私は「体、拭いてあげるね♪」と
彼に上半身を脱いでもらうことにしました。
パジャマの上着を脱いでもらうと
改めて感じたことですが、男性の肉体って
とてもたくましくて、寄りかかりたいって感じです(照)☆

人肌より少しあったかいくらいまで調節したお湯で
タオルを浸して、絞ってから丁寧に拭いてあげると
「気持ちいい♪」と言うではないですか☆
胸板ってほどじゃないですけど、男性の胸って
魅力的ですよね……いけない、いけないっ(汗)!

そして冗談まじりに「下半身はどうする?」と言うと
「りんがしてくれるなら、お願いしちゃうかな?」と笑いながら
任せるなんてことを言うじゃないですか☆
もう、年下なのにお姉さん風を吹かせながら
「はいっ、脱いで〜っ♪」というと……



何故か大きくなっていました(苦笑)。
ゆっくりとまわりを拭きながら……途中で恥ずかしいのか
「あっ…この後は自分で拭くよ」と言うと
お尻のまわりを自分で拭いてました。

その光景を見ながら、どうしても気になったのは
彼の大きなものでした(汗)。
私は「ねぇ、ここ何日かつらくて出してないでしょ?」というと
彼も「うん、それどころじゃなかった」というのです。
さらに「今日はりんが帰ったらひとりでするよ。ありがとうね」と
言うので……私はそれを聞いてかわいそうに感じて


「大丈夫だったら、出してあげるね。そのほうが楽でしょ?」と
意を決して言いました。
それを聞いて彼は「じゃ、お願いします」と
裸のままで頭を下げてくれました☆
あっちの頭は立ったままでしたけどね(笑)。


ずっと伸びたままのおち○ち○・・・手でしごいてあげると
もう手の中でもう一段伸びて来るって感じで
ドクンドクンいってるみたいです。
手の中で、血液が流れてくるのがわかるんですね。

手で動かして、一生懸命大きくしていますが
見ている私もだんだん熱くなって
少しだけ濡れているのを感じてしまいました。
このまま入れたいと思いましたけど、そうしちゃうと
彼がグッタリしちゃうので、我慢しました(涙)。

手でしているとき、彼の顔を見たら
もう出そうで我慢している顔しています。
「出ちゃいそう……出していい?」と言うので
私はちょっと意地悪っぽく
「頑張って、いっぱい出してね☆」と笑顔で返しました。

ときどきお口でしながら、手で上下させながら
そろそろ出そうなのをタマタマの上がり方で(笑)確認して
もう、出していいと言う風に「いいよ、いっぱい出していいのよ♪」と
最後に声をかけると、その数秒後に
「あっ、出ちゃうよ…りんっ、ああっ!!」

・・・と、私の名前まで呼んでくれて
タオルを敷いた上で、ティッシュが用意された場所で
いっぱい出してくれました。
SE(効果音)を入れるとしたら「ぴぴっ」と言うよりも
「びゅっ、びゅっ!!」という強い感じで
いつもより濃いめの水鉄砲でした☆
手にかかって、その熱さに改めて感激しながら
出ちゃった後のおち○ち○を綺麗にしてあげました。
指ですくって舐めて……ちょっとしょっぱくて
口に違和感が残っちゃいましたけど(苦笑)、
私で感じて出してくれた証だと思っていとおしく味わいました。

そして、別れ際に私は「元気になってからエッチしようね!」と言うと
彼は「うん、ありがとう☆」と言ってドアまで送ってくれました。

その日は体の奥に熱さが残りましたけど(汗)、
一週間後にちゃんとエッチできました♪
たまには、こういうのもあるといいと思いました。
私も気持ち良くなりたかったんですけどね(苦笑)。

2003.3.10  23:10
今夜は遅くなっちゃって、ごめんなさいですっ!