ジャズピアニスト遠藤律子の部屋

ホーム スケジュール ディスコグラフィ
週刊日誌 海外ツアー報告 ギャラリー プロフィル お知らせ リンク
 

謹告 当HP終了のお知らせ

当HPは、au(KDDI)が提供するHP公開代理サービスを利用しておりますが、
2017年10月31日をもってそのサービスが終了することとなりました。
これに伴い、当HPも同日限りで閉鎖させていただくことといたしました。

1999年に開設以来長年にわたってご愛顧いただいたことに深く深く感謝申し上げます。
当HPは、当初遠藤律子公式HPとして開設いたしましたが、
その後開設されました現在の公式HPも充実して参りましたので、
存在意義も薄れてきたのではないかと思っております。
今後は公式HPをご贔屓にしていただきますよう心からお願い申し上げます。

なお、You Tubeにアップしてあります動画につきましては、
今後も存続いたしますので引き続きよろしくお願いいたします。

                                      管理人より

週刊日誌

2017年10月15日

10月8日

 早起き。

 生活クラブの長崎ちゃんぽんセットの野菜を加えて作って、卵焼きとブロッコリーを乗せた。
 カボスとバルサミコ酢の水割りジュース、緑茶。

 12時に川越駅。
 ここに来るまでに、実家のあった駅を通る。
 高校1年の秋に新宿から引っ越してきて、27歳まで住んでいた。
 家を出てから、父の病気、母の認知症と続いて、実家に通って家事をやり、それから電車乗り継ぎ銀座の地下鉄から4丁目交差点の通りに上がってきて、銀座がまぶしくて、これからライブなのだ、としみじみ思ったことを思い出す。

 3年前に母が亡くなり、実家を壊して土地を売った。
 何もなくなった実家のあった駅に電車が停まると、何とも言えない気持ちになった。
 一気にあの頃に心が戻った。
 母が亡くなった時、私は病院にいて、母の葬儀に出なかった。
 先日、母の命日が来たのだが、翌日になって気が付いたのは、葬儀で母の顔を見ていないからかもしれない。
 毎晩、寝る前に父と母がいるだろう夜空に話しかけて、一日が無事終わったことを感謝している。

 今日は、Toquio Bossa Trio CD発売記念3daysライブの2日目。
 川越茶陶苑、囃子ミーツサンバ。
 毎年10月のこのころに、吉田和雄ドラマーが主催している。
 吉田和雄ドラマーは、川越生まれ川越育ちで今までずっと住んでいる。
 子供の時にお囃子連に参加して太鼓を叩いて、大きくなてサンバと出会い、囃子と同じだと思ったそうだ。

 囃子連とToquio Bossa Trio は、3年前にブラジルの3つの都市でコンサートを行った。
 私は、療養中で行けなかった。
 その時に、山田園枝スティールパン奏者が行ってくれて大好評だったそうだ。

 今日は、Toquio Bossa Trio 吉田和雄drs、遠藤律子p、山根幸洋ebと山田園枝 steelpan。
 そして、ブラジル人歌手Robson Amaralと日本人歌手Ninaがゲスト。
 川越竹生会囃子連の演奏と舞。
 吉田和雄の演出でいろいろな組み合わせで出演者が登場して盛り上がる。
 満席のお客様、お運び有難うございます。

 Toquio Bossa Trio の新CDから、トリオで2曲演奏。
 園恵さん加わり吉田ドラマーのオリジナル曲、迫力の演奏。
 モンティ・アレキサンダーのピアノアルバムにスティールパンが入っていて昔から華やかな音色に魅せられていた。

 Robson歌手は、あたたかい心が伝わる歌を歌って、ギターもパンデイロも上手い。
 Nina歌手は、美しい声、歌手だなあ、ロス・インディオスの九代目のヴォーカルとしても活躍している。
 お囃子の哀愁とめでたさ、何度聴いても心に響く。

 囃子で始まりサンババンドが合流すると、素敵な盛り上がり。
 おかめ、ひょっとこ、大黒様、白狐、獅子舞登場、秋祭り。
 最後はMas Que Nadaで全員演奏、会場大いに盛り上がる。

 今年も秋が来た。
 日本に生まれて今まで生きてきた。
 しみじみ。
 皆さんは、打ち上げに。
 私は、明日も早いので大事を取って残念ながら先にバス、電車、バスを乗り継ぎ帰宅した。

 この頃、無理が怖いと思ってしまう。
 弾けられないのが残念だ。

 明日10月9日はToquio Bossa Trio3Days最終日。
 吉祥寺SOMETIME午後ライブ。0422−21−6336。
 12時開店、14時から16時30分、2セット演奏。
 ゲストなしで、Toquio Bossa Trio 3名で新CD曲、今までの4作のCD曲をたくさん演奏する。
 どうぞお越しください。

10月9日

 秋らしいお天気の祭日。
 ちょっと早起き。
 Toquio Bossa Trio 3Daysライブ最終日。

 しらすおろし、簡単な料理だがおいしくてしらすに感謝大根に感謝。
 生活クラブのさんまかば焼き風、フライパンで粉付きさんまをソテーして添付のたれを加える。
 さんまを取り出して、残ったたれに長ネギとブナシメジを入れて火を通して、さんまに添えた。
 茹でブロッコリー、茹でクレソン。
 ルッコラと卵のお味噌汁、納豆。
 昨夜炊いた黒米入り七分搗きご飯、緑茶、カボスとバルサミコ酢水割りジュース。

 13時に吉祥寺SOETIME。
 Toquio Bossa Trio 、吉田和雄drs、遠藤律子p、山根幸洋eb。
 昨日発売になった5作目CD「O Grande Amor」収録曲と、このCDに入っているHyokiとRobson歌手のナンバーを演奏した。
 メンバー3名のオリジナル曲も入っている。
 聴きやすいサウンドのCDになった。

 満席のお客様、有難うございます。
 2セットの演奏、ブラジルから5日に帰って来たばかりの吉田ドラマーのブラジルテイスト最高のドラミング。
 ノリノリの山根ベーシストのリズム最高のプレイ。
 私は、ジャズはこれだなあと思いつつ、アドリブをしていた。
 良く知られている名曲にジャジーなアドリブ、良いバランスのブラジリアンジャズピアノトリオ、Toquio Bossa Trio 。

 3日間でたくさんの方々にお目にかかった。
 今日は、遠くからも複数お越しのお客様もあって、有難いことだった。
 Toquio Bossa Trio 、これからも自分を磨いて良い演奏ができるようにしていきたい。
 パワフルにプロデュースと演奏を続ける吉田和雄ミュージシャン、素晴らしい。

 終演後、駅ビルのショッピング街で、国産小麦粉の秋の実りのパンを購入。
 履きやすい靴も購入、吉祥寺は何でもあって嬉しいが、どんどん買うので困る。

 帰宅して、生活クラブの食材でお好み焼き。

 NHKのコント番組LIFEを久しぶりに観た。
 今日は歌舞伎の市川猿之助が出て来て、内村さんとコント。
 歌舞伎の魅力に涙が出た。
 猿之助さん曰く、歌舞伎には型があるから、感情を込めなくても型通りにやればそれが感情表現になっている。
 面白い。

 翻って自分の演奏はどうなのか。
 よく、感情が溢れて気持ちが一杯になって指が動かないことがある。
 作りこまれたコント、素晴らしい番組だ。

10月10日

 ちょっと早起き。

 昨夜のお好み焼き、緑茶。

 13時から茶音厨楽房レッスン。
 11月5日発表ライブの準備に燃える方々、一緒に燃える時間、本番目指して!
 次回のご自分のライブ準備の方、一緒に準備しましょう。

 17時で終了後、東京駅。
 東京駅の古い建物と駅前の新しいビル、びっくりする風景、これぞ東京、と言う感じ。
 日本工業倶楽部へ。
 桐華倶楽部。
 毎月10日に、筑波大附属小中高卒業の各界の方の講演を聞く会だ。
 私も以前呼んで頂きジャズについてお話をしたことがある。

 今日は、78回卒業同期の、久枝譲治さんのお話。
 久枝さんは、外務省に努めて、最後はオマーン全権大使であった。
 今は、大学の教授としてお仕事をしている。
 在職中に担当したお仕事のお話。
 広島原爆ドームの世界遺産化に尽力された。

 お話の最後に、お母様が広島被爆者であること、自分は被爆者の子供であることをお話しした。
 世界平和への外交のお仕事、その中にお母様の事、その思いがあったのだと、涙があふれた。
 あたたかいウィットに富んだ附属時代のお話から始まって、最後は心に熱い感動が生まれるお話となった。
 今日は参加して良かった。

 同窓の奥様と一緒に、在学中の同級生皆さんと二次会に参加されて、私は同級ではないのだが参加した。
 中学の時に、隣のクラスに遠藤京子さんと言う方がいて、私は遠藤律子なので、エンキョウ、エンリツといわれていた。
 そのエンキョウさんと一緒に電車での帰り道、いろいろな話をした。
 持つべきものは友達だ。
 旧交を温め、お互いのこれからに力をもらった良い会だった。
 明日は家にいる日、気持ちのんびり。

10月11日

 お天気がよくない。
 ゆっくり起きた。

 生活クラブの平牧豚ロースロールステーキを焼いて、一緒に玉ねぎとブナシメジもソテーして残った汁にポン酢を加えてソースにした。
 生活クラブの海鮮中華丼の素に白菜とパプリカを加えて温めた。
 かぼちゃとかぼちゃの種入りフォカッチャ、カボスかけリンゴ、カボスとバルサミコ酢水割りジュース、緑茶。
 頂き物の黒糖羊羹美味感謝。

 プールで1000メートルマイペースでゆっくり泳ぎながらいろいろな事を考えた。
 泳ぐ時間は考える時間。
 お風呂に入って気分爽快。
 熱田さんのコーヒーとナッツ入りヨーグルト。

 ピアノ練習、明日のライブの曲確認。
 明日は、赤坂Tonalite、初出演。
 歌手のMICHIKOさんとご主人のAlex Ozakiドラマー、そして瀬川信二ベーシスト。
 MIHIKO歌手は、Maria Evaのお弟子さんだった。
 Alexさんは、ブラジルと日本のハーフ、ブラジル生まれ。
 若い世代の3人のミュージシャンと一緒、嬉しく楽しみ。

 歌も練習。
 13日安師レッスンに持って行くスタンダード曲にコードをつけた。
 FとGの歌い方切り替えの音程を行き来する、良い練習になる曲だ。
 小笠原千秋歌手が歌った「おかえり」のキーを変えて私が歌うことにした。
 12月24日WARANEの遠藤律子ピアノトリオライブは歌と演奏のライブにする。
 また藤井学ドラマーにコーラスを頼んでさらに進化したい。

 夏物と冬物の衣類を入れ替える。
 この数年、着なかったものを思い切って捨てることにした。
 いつも、普段着は決まった数着を着て過ごしているので衣類がたくさんで勿体ない。

10月12日

 朝からいろいろ仕事連絡。
 ライブのメンバー決め。
 優柔不断な私は、決断に時間がかかる。

 ニンジンのオリーブオイルニンニク海塩黒コショウソテー、クルミを小さく砕いて加えた。
 牛肉少しの肉じゃが。
 生活クラブの鰯の卯の花漬け、カボスをたっぷりかけた。
 最近毎日カボスジュースを飲んでいる。
 季節が変わって美生柑が無くなってしまったので、また出てくる来年まで他の柑橘をジュースにする。
 豆腐とねぎとワカメのお味噌汁。
 七分搗きご飯、白胡麻豆腐に生姜蜂蜜、リンゴ、緑茶。

 17時に赤坂Tonalite。
 MIHIKO vo Birthday Live。
 Alex Ozaki drs、瀬川信二eb。
 MICHIKOさんは、Maria Evaのお弟子さんだった。
 Maria Eva&Friendsライブで知り合って今日のライブに誘ってもらった。

 素敵なお客様方。
 MIHIKO歌手の繊細な声で大胆に大きく歌う素晴らしいヴォーカル。
 瀬川信二ベーシストの、いきいき音楽を作る熱いハートのベース。
 Alex Ozakiドラマーのあたたかい人柄の柔らかい音のしなやかなドラムス。
 二人とも歌も歌う。

 瀬川ベーシストはカントリー名曲心に沁みて、Alexドラマーは親が大切だという歌詞のジャヴァンの曲、心あたたまる。
 若い世代の素敵なミュージシャンと知りあってフレッシュな気持ちになった。

 途中ご主人のAlexからサプライズで、MICHIKOさんにバースデイソングとともにケーキがプレゼントされた。
 可愛い一歳半の坊ちゃんが一緒にいて可愛い。
 おかあさんのMICHIKOさんが歌い終わると拍手をしていたそうだ。

 お客様で、私の中高同期の方とテニス仲間で、私の最初のアルバム「Love Letters」を持っているという方とお話しした。
 嬉しいことだ。
 新しい出会いのライブ、楽しい一日だった。

 夜中まで起きていて、家の掃除。
 お風呂にゆっくり入って、お湯が有難い季節になったと実感。

10月13日

 曇って寒い日。
 こうして秋は深まる。

 生活クラブのビオサポ、白だしなべ。
 平牧豚肉、播磨鶏つくね、ブナシメジ、ニンジン、白菜、水菜、春菊、長ネギ、白だし。
 七分搗きご飯、緑茶。

 14時から、安師レッスン。
 スタンダード曲「I’ll Be Seeing You」涙が出る歌だ。
 以前よりトリオで演奏していたが、ロッド・ステュワートの歌を聴いて、やはりこの曲はいい歌だと再確認。
 歌ってみることにした。
 中音部中心のメロディで、頭声部から胸声部に飛ぶメロディが勉強になる。
 9thの音の歌い方等、面白くていつもワクワクする。

 ピアノでメロディを正確に弾くことと同じように、声で正確にメロディを歌うことを勉強中。
 先日の弾き語りコンサートの歌練習をした中で見つけたことがたくさんある。
 それを確実にできるように続けて行きたい。

 音が鳴っている時、自分でその音を声にすると何の音か、大体当たるようになった。
 声の出し方で、この出し方で出るということは、Fの音だ、と言うこと。
 それを安師に話したら、それを肉体音感と言うとのこと。
 絶対音感はないが、相対音感はある。
 そこに、肉体音感を得つつある。
 楽しいレッスン時間だ。

 17時に、吉祥寺茶音厨楽房。
 めいみポップスバンドの10月18日ライブのリハ。
 今日は、めいみvo & gt、遠藤律子p & chorus、山口彰b、田中章gt & chorusの4名でリハ。
 18日は、赤坂STAGE-1で、ポップス歌ライブ。
 楽しい曲、懐かしい曲、たくさんある。

 何回かやった曲も、今日は改めて細部を確認、アイデアがいろいろ出てヴァージョンアップ。
 3声のハーモニーが大人のサウンドで、楽しい。
 ライブご予約は、公式サイトのコンタクトからよろしくお願いいたします。
 当日は、二本柳守ドラマーが参加する。

 帰り道、めいみさんと山ちゃんと3名で和食レストランで、わいわい話しながら夕食。
 長い付き合いの親友だ。
 楽しい時間。
 今日は歌った歌った楽しかった。
 帰宅して、今日の譜面直し等。

10月14日

 お天気が悪い。

 生活クラブの白だし焼うどん。
 スモークサーモンキノコ目玉焼き、ブロッコリー添え。
 かぼすかけリンゴシャキシャキ。
 かぼすとバルサミコ酢水割りジュース、緑茶。
 マーマレード入りヨーグルト。

 ケーブルテレビインターネット電話契約見直し。
 担当の方が持参したタブレットで作成した契約書類を、筆箱のような小さい軽いプリンターでプリントアウトしたので驚いた。
 Wi-Fi、時代はこんなになっているのだ。

 雨が止んだようなので、フードがついたピューマのピンクと黒の綿ジャージーパーカーとウォーキングパンツで出かけた。
 秋雨、霧雨、寂しいウォーキング、しかし段々乗ってきて少し走って汗をかいた。

 帰りに新しいSWANY(小型のもの)を購入した。
 タイヤが75ミリでスムーズに動く。
 今度のSWANYで良いのは、長いバッグ持ち上げ用ベルトが付いたこと。
 SWANYを階段で持って上下する時に、バッグについた持ち手を持つのに少しかがんでいたが、今度のはかがまずにすっと持てていい感じだ。

 これで、SWANYは8台持っていることになる。
 いろいろな大きさと色で、用事で使いわけていつも身体のそばにいる相棒になっている。
 昔は、重い仕事の用の荷物を大きなバッグに入れて肩にかけて運んでいた。
 今、右と左の肩の高さや形が違うのはそのせいかと思う。
 ぎっくり腰をやってから、リュックとキャリーケースに変えて荷物を運んでいる。

 生活クラブの渡会和紅茶、飲んでみる。
 和の味。

 ピアノ練習、歌練習。

 生活クラブの若芽入りはんぺんをニンニクオリーブオイルソテー、醤油少々。
 ベビーリーフ。
 ニンジン、ジャガイモ、タマネギ、インゲン、蕪の根菜汁をたくさん作って、今日はお味噌汁。
 生活クラブのさんまフィレのわじまの海塩を振って焼いてレモン。
 カシューナッツ等、番茶。

 発表ライブの生徒の方の依頼の譜面書き。
 CD「SMILE」収録曲で、小笠原千秋シンガーソングライターが歌った歌を私が歌うことにして、キーを1度下げて譜面書き。
 Dのキーで録音したのだが、F♯とEの音を速い速度で上下するメロディなので、私には難しいので、1度下げてEとDの音を上下することにした。

 それにしても、弾き語りでは、自分を相当上の位置に意識しないと声が上がらない。
 怯んでいるとだめだ。
 強気で歌い出すと音程が上がってよい。
 それには、曲の歌詞とメロディの把握だ。


CDまたはグッズのお申し込みは、

ライブやコンサートのお問い合わせお申し込みは、FRV

ホーム スケジュール ディスコグラフィ
週刊日誌 海外ツアー報告 ギャラリー プロフィル お知らせ リンク


このホームページへのリンクは自由ですがトップページにお願いします。
©1999-2017,hmakineri(hmakineri@r3.dion.ne.jp)