山本太郎 略歴
1974.4.28熊本県に生まれる
1999ニッポン画を提唱
2000京都造形芸術大学美術学科日本画コース卒業
個展
1999「ニッポン画」(複眼ギャラリー・大阪)
2001「天晴レ日本°」(日下画廊・大阪)
2002市中の庵「米村庵」(複眼ギャラリー・大阪)
2003両A面展「火鳥風月/動食彩絵」(立体ギャラリー射手座・京都)
「ニッポン画大全」(Pepper's Gallery・東京)
「平成美人画曼荼羅」(美容室マンダラ・京都)
2004「住吉ニッポン画詣」(ストリートギャラリー・神戸)
「涅槃?− NIRVANA ? −」(Pepper's Loft Gallery・東京)
2005「Who's clothes ? − 誰ケ袖 −」(立体ギャラリー射手座・京都)
「銀の波 金の星」(銀の波/ひかり蔵・金沢)
2006「ヒーロー来迎 HERO Ray GO!」(ギャラリーレイ・名古屋)
「日本°画屏風祭」(立体ギャラリー射手座他京都市内9会場)
「水泡の恋~長谷雄草子より~」(ニュートロン・京都)
2007「ビューティフルニッポン」(ストリートギャラリー・神戸)
「誰ソ彼日本°」(銀の波箔座・金沢、元麻布ギャラリーTOYAMA・富山)
2008.1イムラアートギャラリー(京都)
2008.6高島屋 美術画廊(新宿・京都)
2009「山本太郎展 ~ニッポン画物見遊山~ 」(美術館「えき」KYOTO・京都)
2010「山本太郎 古典 -the classics- 桜川-隅田川」(中京大学C/スクエア・名古屋)

グループ展
1993「1人展×5」(画廊喫茶ブラウン・熊本)
1997「タブララサ展」(四条ギャラリー・京都)
2000「MIXED UP」(複眼ギャラリー・大阪)
「私が描く21世紀の美術館展」(スペースレインボー・熊本)
2002「DISCOVERIES − GROUP1」(フローレンスリンチギャラリー・ニューヨーク)
2003「日本画は死んだか?」(浮遊代理店・奈良)
「みつば展」(よつばカフェ・奈良)
2004「京都府美術工芸新鋭選抜展」(京都文化博物館・京都)
「小さな古い家のために」
(複眼ギャラリー・大阪及び大野邸・奈良)
2005「ニュートロンに初詣」(ニュートロン・京都)
「日本画ジャック」(京都文化博物館)
「アナザームーブメント」(金沢)
2006「二人の太郎は同じ初夢を見るか?」(ニュートロン・京都)
「『砂の女』と現代の美術」(京都芸術センター)
「キラキラジェネレーション」(ギャラリーレイ・名古屋)
「混沌から躍り出る星たち2006」(ギャラリーオーブ・京都/スパイラルガーデン・東京)
「ニッポンvs美術」
(大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室・大阪)
出展作家:横山大観・竹内栖鳳から会田誠・ヤノベケンジ・山本太郎・村上隆ほか
2007VOCA(上野の森美術館)
KIAF (韓国国際アートフェア)(COEX・ソウル 韓国)
「日本画滅亡論展」(Cスクエア/中京大学・名古屋)
「美術のボケ展」(CASO/大阪)
「RANGA −現代蘭画−」(フォーエバー現代美術館/秋田)
2008「日本画の精華-江戸から現代まで」(富山県水墨美術館/富山)
2009「子どもびじゅつかん 日本画探検 ~古い絵と新しい絵~」(板橋区立美術館・東京)
2010「九州ゆかりの日本画家たち」(熊本市現代美術館・熊本)

受賞歴
1999第四回昭和シェル石油現代美術賞入選
2000フィリップモリスアートアワード2000入選
2007VOCA2007 VOCA賞
その他
2007.6横須賀市制100周年記念シンボル事業「YOKOSUKA 国際交流フェスタ」
Y’s COUNTRY WORLDにて舞台に紅白幔幕図を展示
(よこすか芸術劇場・神奈川県)
2007.7−9新作狂言「狂言なんかこわくない」
演出・脚本・出演:わかぎゑふ 出演:茂山正邦 茂山童司 茂山あきら
舞台のトラップに紅白幔幕図を原画に使用(沖縄・大阪・滋賀 3会場巡回
コレクション
京都造形芸術大学
日本ケンタッキー・フライド・チキン 株式会社
第一生命保険相互会社
株式会社 東北新社