2015
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

2014年のinformationはこちら

2015
Oct
2015.10.23 - 11.29 美術館「えき」KYOTO 京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
琳派からの道
神坂雪佳と山本太郎の仕事
琳派400年記念
休館日:会期中無休
一般:900円(700円) 高・大学生700円(500円) 小・中学生500円(300円)
※ ( )内はエムアイカード、JR西日本グループ会社カード(一部除く)をお持ちの方、前売および10名さま以上の団体料金。

主催:京都新聞
後援:琳派400年記念祭委員会
監修:河野元昭(京都美術工芸大学学長)
協力:株式会社千總、株式会社川島織物セルコン、任天堂株式会社、美術書出版株式会社 芸艸堂、細見美術館、宮崎家具、他
企画協力:imura art planning
お問合せ:TEL 075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)

〈新作屏風「マリオ&ルイ―ジ図」について〉

この屏風は私の些細な思いつきから始まりました。琳派400年とマリオ30周年の記念の年に両方をお祝いする作品が描けないかと考えたのです。琳派400年記念祭委員会さま、任天堂さま始め様々な方々のご協力により制作を出来ることになったときには夢のような気持ちでした。
下絵は今までにないというくらいに何枚も描き推敲を重ね、任天堂のデザイナーさんのお力もお借りして作り上げました。本画の制作に関しては毎日が本当に楽しくてあっという間に時間がすぎてしまいました。「もっと描きたいのにもう夜か」と思う日が何度もあったくらいです。ついつい徹夜でゲームをしてしまった子供時代を追体験してしまいました。 琳派は400年もの間人々を楽しませてきました、マリオというキャラクターは今も世界中で人々を楽しませています。この屏風も同じように人々を楽しませるものになってくれたら幸いです。

※ クリックで大きな画像をご覧いただけます。



© Nintendo, by Taro YAMAMOTO, 2015

2015
May
2015.5.23 - 7.12 細見美術館 京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
琳派400年 古今展
細見コレクションと京の現代美術作家
休館日:月曜日(祝日の場合翌火曜日)
一般:1100円(1000円) 学生:800円(700円)
※ カッコ内は20名以上の団体料金

予定参加作家
山本太郎ほか

日本の文化・芸術を創造し、発信し続けてきた京都。優れた技術と煌めく美意識とが結集する芸術都市として歴史を刻んできた。2015年は、京都国際現代芸術祭、そして京で誕生した日本美術を代表する琳派の400年記念祭と、「古」と「今」とをつなげる芸術プロジェクトが、京都を拠点として繰り広げられる記念すべき年となる。
 細見美術館では、これまで細見コレクションをはじめ、さまざまな視点から日本美術に親しめる場として活動を続けてきた。この「古今」展では、細見コレクションにみる古の人々が創り上げてきた美と、気鋭の現代芸術家たちの今の美とを併せて展観する初の試みとなる。

2015
Feb
2015.2.25 - 3.28 イムラアートギャラリー京都 京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町 31
平成琳派
山本太郎×芸艸堂
11:00 - 19:00(日・月・祝祭日は休み)

琳派400年記念を迎える2015年、イムラアートギャラリーでは「平成琳派」として山本太郎と芸艸堂のコラボレーション展を開催します。
山本は古典絵画に現代風俗が融合したような独自のニッポン画を標榜してきました。その作風は現代の琳派とも評され、今最も注目の作家の一人です。 芸艸堂は明治24年創業日本唯一の手摺木版和装本出版社です。近代琳派の継承者、神坂雪佳の版画作品なども出版してきました。 琳派の創始者、本阿弥光悦や俵屋宗達から続く絵師と出版社との共作関係をご堪能ください。
※ この展覧会は京都アートマップ内のイベントです。
※ 琳派400年記念祭の一環でもあります。

2015 is the quadricentennial anniversary for “Rimpa”, one of the Japanese classical painting school. Rimpa is known as decorative and brightly colored paintings. For this memorial year, we are going to hold a collaborative exhibition of Taro Yamamoto and UNSODO as “Heisei Rimpa” in Imura Art Gallery. Yamamoto calls his painting as “Nippon-ga” instead of “Nihonga” the name of Japanese traditional paintings to differ his works from other Japanese painters. And his works are sometimes also called as “Neo-Rimpa” because he uses the images of Rimpa in his works frequently. UNSODO founded in 1891 is now the only company that publishes handmaid xylographic books bound by Japanese traditional technique. Please thoroughly enjoy the collaboration of Neo-Rimpa artist and Japanese traditional publishing company.

2015
Jan
2014.12.24 - 2015.1.6
作品に関するお知らせ

山本太郎×京・矢代仁×川島織物
京都呉服の老舗「京・矢代仁」さんと、同じく織物の老舗「川島織物」さんのご協力により山本太郎デザインの帯と着物を制作する事になりました。 2014年12月24日(水)から日本橋高島屋さんではじまる個展「古画光臨」で初披露します。みなさまご期待ください。
京・矢代仁:http://www.yashironi.co.jp
川島織物:http://www.kawashimaselkon.co.jp

※ クリックで大きな画像をご覧いただけます。

2014.12.24 - 2015.1.6 高島屋日本橋店 6階 美術画廊
古画降臨 − Coga Calling −
個展
今展は、2015年が琳派400年記念にあたることから、光琳へのオマージュもこめた作品展です。 高島屋6店舗と作家の出身地の熊本を含めた全国7店舗を巡回する展覧会となっています。 みなさまお誘い合わせの上ぜひご高覧ください。
琳派400年記念祭ホームページ

12月27日(土)15時よりギャラリートークを予定しています。
ゲスト:河野元昭さん(京都美術工芸大学学長)

巡回スケジュール:
2015年1月14日(水)〜26日(月)高島屋新宿店10階美術画廊
2015年2月11日(水)〜17日(火)高島屋横浜店7階美術画廊
2015年2月25日(水)〜3月3日(火)高島屋大阪店6階美術画廊
2015年3月11日(水)〜17日(火)高島屋京都店6階美術画廊
※3月14日(土)15時よりギャラリートークを予定しています。
ゲスト:細見良行さん(細見美術館館長)

2015年3月25日(水)〜31日(火)熊本鶴屋百貨店8階美術ギャラリー
2015年4月29日(水)〜5月5日(火)高島屋米子店4階美術サロン

2014.12.10 - 2015.1.13 高島屋日本橋店 2階 アートバルコニー
ニッポン画 ちいさきもの
個展

2014年12月24日~2015年1月6日に6階美術画廊で開催する『古画降臨 ー Coga Calling ー』にあわせ、2階アートバルコニーで開催いただきます。
お茶碗や扇子、名刺サイズ作品などを中心にニッポン画の「ちいさきもの」を色とりどりに並べます。冬ならではの作品もご用意してお待ちしております。
出品内容:小品・扇子・茶碗など約8点。

2015.1.6
京都府文化賞受賞のご報告
第33回(平成26年度)京都府文化賞・奨励賞を受賞しました。
http://www.pref.kyoto.jp/bungei/news/bunnkasyo.html
栄えある賞をいただき大変光栄に思っております。
今後とも自分なりの「ニッポン画」を描き続けたいと思いますので、皆様ますますご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。