2013

2012年のinformationはこちら

2013
Dec
2013.12.28
雑誌掲載のお知らせ
12月27日発売の雑誌『婦人画報』2014年2月号の表紙を描かせていただきました。
特集の「ニッポンの世界遺産」というテーマにあわせ、富士山とバルーンを描いた新作です。 また、特集の中の「現代アーティスト心に宿ったオンリー富士」では、十二ヶ月扇のひとつ十一月の扇を掲載いただいています。暮れのお忙しい時期ですが本屋さんで見かけたら、お手に取ってみてください!
婦人画報2014年2月号

2013
Oct
2013.10.9
作品に関するお知らせ
クラークセンターに所蔵されておりました作品「青敷秋草図屏風」がMinneapolis institute of Arts(ミネアポリス美術館)に他コレクションとあわせて寄贈というかたちで収蔵されることになりました。
当美術館に収蔵されている日本美術の有数のコレクションの中に、自身の作品が含まれることになり、大変光栄です。
このクラークセンターからミネアポリスへの寄贈を記念した展覧会が10月6日日曜日よりはじまります。(※現地時間) http://new.artsmia.org/audacious-eye/
2013.10.19 – 10.25 秋田県仙北市角館 外町付近の旧家 (秋田県横手市赤坂字富ヶ沢62-46)
ネオクラッシックカクノダテ  
2013.10.9 – 11.4 project room sasao (秋田市大町3丁目1-12 川反中央ビル3F)
ニッポン画顔見世
個展
12:00 OPEN – 19:00 CLOSE
※ 月・火曜日定休
tel: 018-866-1559(ココラボラトリー)
mail: info@cocolab.net

日本の昔の絵画を現代の視点で再構成した「ニッポン画」を提唱する山本太郎の秋田で初の個展。
今回は秋田初ということで「顔見世」をコンセプトとしました。これから徐々に年も暮れて行きます。年末に行われる歌舞伎の「顔見世」とかけまして、伝統芸能を主題とした小品をメインに構成した展覧会となっています。
また秋田の方に自分の名刺を渡して覚えていただくような感覚で、ちいさな名刺サイズの作品も多数ご用意しました。 お忙しい時期とは存じますがひと時の舞台を見るように山本太郎のニッポン画の世界を楽しんでください。
10/9(水)は18:00よりレセプションを行います。

2013.10.4 – 11.6 平成の京町家モデル住宅展示場 KYOMO (京都市下京 区塩小路通河原町北西角)
現代美術@平成の京町家
超京都2013
10月4日(ご招待のみ)14:00 – 18:00
           (オープニングパーティー)18:00 – 20:00
10月5日 10:00 OPEN – 20:00 CLOSE
10月6日 10:00 OPEN – 17:00 CLOSE
入場料:2,000円
出品作家:極並佑、染谷聡、日 野 田崇、桃田有加里、三瀬夏之 介、三好彩、山本太郎

10月4日から京都で3日間開催されますアートフェア。
イムラアートギャラリーからの出品となります。

2013
Sep
2013.9.21 – 10.20 イムラアートギャラリー東京 (東京都千代田区外神田6-11-14)
24 / 24
- tewenty four twenty fourth -
個展
12:00 OPEN – 19:00 CLOSE
※ 休廊日 日曜日、月曜日、祝祭日
2013.9.14 – 11.10 秋田県立近代美術館 (秋田県横手市赤坂字富ヶ沢62-46)
ジパング展 in 秋田 9:30 OPEN – 17:00 CLOSE
※ 入館は16:30まで
2013.8.7 – 8.12 シドニー/オーストラリア (名古屋市中区栄三丁目16番1号)
Sydney Contemporary
アートフェア
SYDNEY OFFICE
35 / 94 Oxford Street
Darlinghurst NSW, 2010
T +61 2 9331 9255
F +61 2 9357 2841

2013
Aug
2013.8.27 – 10.27 イタリア/ベネチア
IMAGO MUNDI
ベネトンコレクション
 
2013.8.10 – 10.14 秋田/上小阿仁 (秋田県北秋田郡上小阿仁村)
KAMIKOANIアートプロジェクト

実行委員会事務局(上小阿仁村役場総務課) TEL : 0186-77-2221

2013.8.7 – 8.12 名古屋松坂屋 (名古屋市中区栄三丁目16番1号)
Yamato Dynamics(仮)
グループ展
11:00 OPEN – 19:30 CLOSE

2013
Jul
2013.7.17 – 7.23 日本橋高島屋6階美術画廊A・B・工芸サロン (東京都中央区日本橋2丁目4番1号)
日本美〜la decoration〜(仮)
グループ展
10:00 OPEN – 20:00 CLOSE
2013.7.13 – 8.25 八戸市美術館 (青森県八戸市番町10-4)
ジパング展 in 青森
沸騰する日本の現代アート
9:00 OPEN – 17:00 CLOSE
※ 入館はいずれも閉館30分前まで ※ 休館日 月曜日(第1月曜・祝日を除く)、祝日の翌日(祝日は開館)
一般500円(250円)、大学・高校生300円(150円)、小・中学生100円(50円)
※ ( )内は20名以上の団体料金 ※ ※市内の小・中学生は無料 ※市内在住の65歳以上の方、障がい者手帳等をお持ちの方は半額

2011年、高島屋(日本橋、大阪、京都)を会場に多くの観客を魅了した展覧会がいよいよ各地に巡回を始めます。

ジパング展は「日本の現代美術の魅力を世界に向けて発信する。 日本人自身にもその魅力を再認識して欲しい」というメッセージを 込めて企画されました。 本展では、日本の伝統芸術のDNAを受け継ぎながら、従来の表 現の枠に留まらず、自由闊達な表現をする新進気鋭の23人の作家 たちの全53作品を、絵画や立体、映像などにより紹介します

2013.7.13 – 8.10 イムラアートギャラリー京都 (京都市左京区丸太町通川端東入東丸太町31)
18 / 24
- eighteen twenty fourth -
個展
11:00 OPEN – 19:00 CLOSE
※ 休廊日 日曜日、月曜日、祝祭日

2013
May
2013.4.7 – 6.16 高崎市美術館 (群馬県高崎市栄町3番23号 高崎タワー21)
ジパング展 in 群馬
沸騰する日本の現代アート
10:00 OPEN – 18:00 CLOSE
※ 入館はいずれも閉館30分前まで ※ 休館日 月曜日、祝日の翌日(祝日は開館)
入場料未定

2011年、高島屋(日本橋、大阪、京都)を会場に多くの観客を魅了した展覧会がいよいよ各地に巡回を始めます。

2013
Apr
2013.4.12 – 5.5 ミヅマギャラリーシンガポール (Group show in Gillman Barracks,Singapore)
"Yamato Dynamics"
入場無料

シンガポールでのグループ展です。

2013
Jan
2013.1.30 – 2.5 阪急うめだ本店7階 美術画廊 (大阪市北区角田町8番7号)
Re:fine
山本太郎×宮川真一
ニッポン画/陶 二人展
10:00 OPEN – 20:00 CLOSE
※ 金・土 21:00 CLOSE ※ 最終日 18:00 CLOSE
入場無料

京都で六代続く真葛焼に生まれ、京焼の「写し」の世界を踏襲しつつ「焼く」という行為に注目しパンをモチーフに作品を生み出す宮川真一さんとの二人展です。展覧会のテーマは「 Re:fine 」。電子メールの返信を表す「Re:」をタイトルにあしらい、2人の対話から生まれる、伝統を見据えた現代の新しい作品を展示します。それぞれの作品に加え、宮川真一さんが真葛焼 や個人作家として培った技法ベースに、私が新たにデザインした茶碗などのコラボレーション作品も出品予定です。
2月3日(日)13:30からアーティストトークを予定しています。ぜひ、足をお運びください。

2011.1.23 – 1.29 鶴屋百貨店 本館8階 美術ギャラリー (熊本市中央区手取本町6番1号)
ニッポン画ことはじめ
初の熊本個展
10:00 OPEN – 19:00 CLOSE
※ 25日、26日 10:00 OPEN – 19:30 CLOSE ※ 最終日 17:00 CLOSE
入場無料

生まれ故郷熊本での初個展をぜひご高覧ください。
26日(土)にはギャラリートークもあります。
1回目 11:00〜/2回目 14:00〜 お問い合わせ tel.096-327-3664 担当/濱田