- スタヂオ世界機械

 ようこそ
  世界機械 への 接続 を 歓迎します

■ 2004/7/16

{∵}< 9年かけてもイマイチなものはイマイチ

今日は#まじっくの定例会!新宿でドラフトをしたぜ!
ワームを流してビーム初手赤白決め打ちで、久しぶりの勝ち越し!
フィフスドーンではRetalateがえらく強かった。
その後は焼鳥屋で痛飲。
OVER30な我々にもこういう集まりがあるのはホント貴重かつ幸福なことであります。

■ 2004/7/15

{∵}< ざんこくですわよ

基本は自虐と断定口調!(挨拶)

運転免許をゲットしました。
朝6時起きで試験場へゴゥ。食堂のカレーを食べて嘔吐(タイトー中研の食堂以下)するなどのアクシデントに見舞われながらもなんとか完了。
これでようやく資格欄に書くものができた!(それまで何もなかった)
でも自動車を買う余裕も予定もありません。
 きっと、忘れちゃうんだろうな…(少女漫画のセリフっぽく)
ていうか免許取得のコストの高さは異常。
俺としたことがマナもでないカードに35万も投入するなんて!
パワーナイン(MtGにおける最強の9枚のカード。1枚あたり2〜4万円)にしとけば使えたのにな!

■ 2004/7/11

{∵}< アイアイアイニーヂューマイビュリホサーン

ミリタリ成分を補充するためにブラックホーク・ダウンを観たぜ!
ソマリアの内戦に介入して大失敗した米軍の負け戦っぷり(だけ)を延々描くナイスな映画だ。
凄まじい臨場感。街全体に連続して広がる広大な戦場がすごい。そして完全にコントロールされた色調の画面。AVALONもこれがやりたかったんだろうな。
戦場の嫌さ怖さ行きたく無さがバシバシ伝わる映像がヤバイ。ブラックホークが撃墜された後の絶望っぷりとか、暴徒が隣のブロックを併走中とか心底震える。あとRPG(個人携帯ロケットランチャー)!ロケット弾がこっちに向かって飛んでくるのとか怖すぎる。AVALONでも最強武器だったし!(しつこい)
 ていうか全編負け戦で、ヒィヒィいって民兵や暴徒から逃げ回ったりするんですが、最終的に損害が米兵19人、ソマリア人1000人てのはすげぇ。米軍強すぎ、民兵志気高すぎ。(麻薬でラリッてた説あり)
レンジャー部隊が自分たちのメンタリティについて語るシーンがあるんですが、勇敢な軍人萌えというよりも、むしろ洗脳されきった志気に狂気を感じた。

■ 2004/7/10

{∵}< アイセイアゲン アイリーン!

なんというか、鬱っていう漢字はあまりにヤバイ。ていうか見るだけで鬱になる。
言うなれば呪いのルーン文字くらいヤバイ。
なので暴走族→珍走団の言い換えと同じく、新しい鬱の漢字を提案するぜ!
鬱→U2
鬱→ウツ→U2だ!
UTUでもいいけどな!

それはさておき、The Temple of Elemental Evilは、俺パーティも敵もすさまじく固く、大火力になってきたため、戦車戦の様相を帯びてくる。AC(もしくは呪文耐性)をぶち抜ければほとんど一撃で勝負が決するため、呪文による強化や、sneak attackのためのFlanking状態に持ち込むためのポジション取りなんかに頭を使う。敵は平気で30人とか出てくるのだが、こちらのパーティは5人しかいないため、前線が崩壊すると即ジェノサイド。だがこの緊張感がたまんねぇ!

■ 2004/7/7

{∵}< star festival

新宿のイエサブで、d20スレイヤーズを見つけてビビった(挨拶)
d20システムってのはD&D3版の根幹をなすシステムの事だ!
簡単に説明すれば20面体ダイスを振って修正の数値を足し、目標値(DC)以上なら成功とする行為判定ルールと、その修正に影響するパラメータと成長についてのルール。
イカスことにd20システムはOpen Gaming Licenseってライセンスに従えば、誰でもd20システムのゲームを作って公開したり売ったりできるんだ!
すげぇ!まるでFSF!
とか思いがちなんだけど、もちろん制限はありまくりっつーかぶっちゃけD&Dの販促目的(D&DのPHB(一番基本となるルールブック)が必須になるように作れよ!って感じ)なんで、GPLティックなオープンの理想とはほど遠いんだけどな!
ってことで、サードパーティからd20のゲームがいろいろ出てるんだ!
世界一マシな汎用ルールに育っていくみたいだ!それじゃGURPSの立場は!ていうかスティーブジャクソンもd20でゲーム出してるみたいだな!その名もd20マンチキン!マジかよ!イギリス人は心底ロックだな!
※解説すると、スティーブジャクソンはゲームブックの始祖にして、ゲームデザイナー。ヤツの立ち上げたゲームブランドがゲームズ・ワークショップ。そこで出した、汎用性(様々な世界観で共通したルールを持つ)を最大限に売りにしたTRPGシステムがGURPSだ。キャラメイキングはオモロイが、リアルでもなく、プレイアビリティも高くない不思議なシステムになってるぜ!いろいろと厄介なキャラが作れるので、マンチキンの温床になりがちだ!
マンチキンってのは一言で言うと「厨房」
特に頭が切れて、ルールを最大限に利用してキャラ性能アップや効率的な的殲滅に命をかける厄介なタイプのプレイヤーの蔑称だ!
一生聞くことも使うこともない単語だと思うけどな!

それはさておき、The Temple of Elemental Evilは中盤、えげつない敵配置によるハードな戦闘連発にゲロ吐きそうになりながら奮闘中だ!
やっぱRPGってこうこなくっちゃだよな!

そうそう、みんな大好きミズグチさんにくるみ先輩を描いてもらったので掲載するぜ

素敵だ、完璧すぎる。


そうそう、mixiつながりを名目に水島さん、あべ++さん、splash遠藤さん、山本swintaさんなんかとアフェア!
愉快なひとときを過ごした!満足!

■ 2004/7/5

{∵}< 漫画家になるのは簡単だ!金がもらえるまで原稿を送り続けるだけでいいんだ!

唐突に4コママンガ家になって印税生活を送ろうと考えた。
タイトルは
「レツゴー!くるみさん!」
舞台は普通の会社。
臭い婦女子OLのくるみ先輩と、その部下の新入社員の男のほかほか4コマだ。

■vsセクハラおやじ

(電車の中でエロ新聞広げてる親父)
ああいうのって超ウザいと思わない?
聞こえますよ
だってウザいんだもん
(くるみさんはアニメ雑誌(半裸の女性が裏表紙)を広げている)


■ララァ

あのトートいいなぁ。欲しいなぁ
ああ、流行ってますよね。
帰りにユニクロで買ってこ
あれ、エルメスですよ
嘘!みんなもってんのに!?
みる目ないっすね
庶民の分際で!
彼氏に買ってもらったんじゃないですかね
なんであたしは持ってないのよ!
彼氏いなからじゃないっすか

■めがね

クッソ、メガネは邪魔くさいな
コンタクトにすればいいじゃないですか
ハァ?そんなことしたら落ちるじゃない?
落ちる?視力ですか?
防御力?

■なっとう

くるみ先輩納豆すきですよね〜
納豆食べると放射線に強くなるのよ
先輩は、核戦争でも生き残りそうですよね
(後輩をはたく、くるみ先輩)
いったー
悔しかったら生き残りなさい


こんな感じでダラダラ続くのだが、どうだろうか?

■ 2004/7/4

{∵}< 俺も電車男が怖くて読めません…

D&D欲が高まりまくり、思わずThe Temple of Elemental Evilを購入。
D&D3.5のルールを使ったオフラインRPGで、D&Dの公式世界設定の一つGrayhawkを舞台にしたシナリオ。
デモ版を試したところあまりにも、ムズいかつオモロだったのでカッとなってbuy nowをクリック。
ウオー!最近は1.2GBものサイズのゲームをダウンロードで購入できるのか!(¥3381円でした)やっぱ21世紀はこうでなくちゃな!
最初の村が無駄に広くて、ダルいクエスト(「コング顔の娘に配偶者をみつけてやってくれよ」)の連続にやや萎える。このあたりはTRPG用のシナリオをコンバートした弊害かもな!
ダンジョン突撃からはヒートアップ!行くぜ!

■ 2004/7/2

{∵}

トイストーリー2やらシュレックやらのCGアニメをまとめて全力で視聴した。
 こいつらの生きてる感は全く持ってスゲェ!
中でも登場する女子があまりにチャーミングなので震えたぜ!
静止画ではパッとしない女子連中でも、くるくると変わる表情や女性らしさを保ったアクションが連続すれば輝いて見える!全くもって俺のココロは惹きつけられっぱなしだ。

アニメだけじゃねぇ、「女子も動いてこそ」だ!
遺伝子の発現型を呪う暇があったら動け!

■ 2004/7/1

{∵}

西海岸のメンバーでD&D 3rd Editionのオンラインセッション(チャットでプレイ)を敢行。
たまらなくオモロかったぜ!
ダンジョンマスターのカヅサツには多謝!気合の入ったハンドアウト(キャラクターの事前説明用テキスト)と、戦闘用スクリプトには感動した。
そして、スクエアマップを使った戦闘ルールは最高だ。頭も使うし少しのミスが死を招くぜ!

 やっぱりD&Dは面白いなぁ!無限の選択肢!無限の冒険!
というか俺にとってのファンタジーは指輪でもハリーポッターでもなくて、D&Dなんだよな!

なんか、日本にはパワープレイよりもロールプレイの方が偉いという共通認識があって、輸入系TRPGがコケてる隙をついて、TRPGのムーブメントは、ロールプレイ方面に偏っちまった!
その結果ルールはどんどん抽象化されて、キャラクターのアーキタイプをシナリオにあわせていかに再現するかっていうものになっちまう。こっちの方が盛り上がるとか、物語の勢いで行動がとれるんなら、ルール必要ないじゃん?ただ駄弁ってた方が有意義だよな!
キャラクターの取りたい行動が成功するかどうかって、キャラクターの信条とか物語上の必要性じゃなくて、純粋にその世界の物理法則が許すかどうかって方が燃えるんだよ俺は!
もちろんそのためには、世界を描写する膨大なデータが必要なんだけどな!
そしてD&Dには世界を立ち上げるだけのデータとルールが詰まってるってわけだ。

こりゃ夢中にならない方がおかしいよな!

■What's Old?

過去の日記やWhat's Newはこちら

2004 -
01 02 | 03| 04| 05| 06|
2003 -
01 02 | 03| 04 05 06 - 12
2002 -
01 | 02 | 03 04 05 | 06 | 07 | 08 09 10 | 11 12
2001 -
01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 12
2000 -
01 02 03 | 04 | 05 06 07 08 09 10 | 11 12
1999 -
01 | 02 | 03 | 04 neuron note | 05 | 06 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
1998 -
02 | 03 04 05 | 06 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
- 1997
Check Crimson Dynamo

Back to index...
※メールアドレスからNOSPAMを削除して送って下さい。よろしくです。