- MACCHINE MONDO
- スタヂオ世界機械
世界機械へようこそ 接続を歓迎します

■2002/7/25

Phantasmal Terrain:


「少林サッカー見た、すっげぇ面白ぇ。ウォーターボーイズの次くらいにサイコーッス」
とか話してたら会社先輩にホント邦画好きな!とか言われる。

オレは他のどの国の映画よりも、邦画が琴線に触れる。
海外の名作の有名シーンよりも、たいしたことのない日本映画のワンシーンの方が心に残る。

それは単純に、フィルムに焼き付けられた日本の風景を見るのが好きなんだと思う。
演出とかシナリオとかは関係無くて、人工物がとけ込んだ現在の風景が切り取られていることに特別な感慨を覚える。

雨の中を走る路面電車
夕日に逆光でそびえる巨大団地
夏の田園、バックの入道雲、画面を分割する電線

どうしてフィルムに焼き付けられた風景はこんなに美しいんだろう。
邦画の画面に惹きつけられる理由の一つは、「はかなさ」だと思う。

日本の風景は変わり続けている。
オレが生まれた場所に、オレが生まれたときと同じまま残っている風景は無い。
実家を離れてもう4年、今暮らしている土地も最初に駅を降りたときからずいぶん変わっている。

切り取られた風景はその瞬間を固定され、即座に過去のものになっていく。
だから、オレは映画フィルムの中の、コンパクトにまとめられたノスタルジーを愛してるんだと思う。

会社の人間と、Play Stationで動作するゲームの総括を行う。
結論から言うと、Play Stationで最高のゲームはAce Combat 3

ステージ内でのプレイヤーの操作の結果としての行動のみが、ストーリーの進行を制御する点。
独特の未来感
緊張と解放の連続するステージ構成
画面のクオリティ
環境音的なBGM
プレイアビリティの高さ
メタ的な広がりを持つ物語(状況)構成
世界観とマッチしたインタフェースデザイン
トータルのパッケージング
所持したときのバリュー感

なんかが素晴らしいので、大評価。

■What's New ?
-Voice of Allを更新。コラムを一つ追加。
興味の無い人には偏った更新ばかりで申し訳ないデス。

■2002/7/10

Tiger ! Tiger !:

日常会話に不自由する人たち(オレとか)ために、無難な話題(全裸で歯磨きをしていたら、リステリンが局部にかかって大変とか)を提供してくれる情報系サイトがあればいいのになぁ(挨拶)

最近はアニメ・ゲーム・マンガの三種の神器からも離れつつあり、ますます話題に困窮する俺です。
人生の節目節目において、俺をこちら側に揺り戻してくれたはずのガイナックスのアニメ(中学>トップ、高校>ナディア、大学>エバ、社会人>フリクリ)すら見てないのはいよいよ年貢の納め時でしょうか。

■What's New ?
-Voice of Allを更新。デッキを一つ追加。

■2002/7/9

Steam Drift:

「人はなぜ働かなくてはならないのか」(小浜逸郎、洋泉社μ新書)が前著にも増してすばらしい。すさまじく明晰。
誰もが漠然と感じる疑問は、誰もがそれなりの折り合いをみつけてると思うんだけど、
その先へ、その先へと次々と切り込みさらに考えを推し進め、それらをつなげていく様は、恐怖すら感じるほど。
考えるという行動は、ここまで強力で、継続的なのかということに圧倒された。

中途半端に経験を積むと、あまり考えることをせず、以前の経験の蓄積から反射的、オートマチックに行動しがちなんだけど、もっと考えるという行動を大事にしなくちゃと思ったよ。

■What's New ?
-Voice of Allを更新。デッキを一つ追加。
-東京銃騎隊をリニューアル。フレームを導入。内容に変化は無し。

■What's Old?

過去の日記やWhat's Newはこちら

2002 -
01| 02| 03 04 05| 06
2001 -
01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 12
2000 -
01 02 03 | 04 | 05 06 07 08 09 10 | 11 12
1999 -
01 | 02 | 03 | 04 neuron note | 05 | 06 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
1998 -
02 | 03 04 05 | 06 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
- 1997
Check Crimson Dynamo

Back to index...