- MACCHINA DEL MONDO
- スタヂオ世界機械
世界機械へようこそ 接続を歓迎します

■2001.8.27

デュエリスト誕生:

「わかりました。あなたは世界を革命するしか無いでしょう。あなたの進む道は、用意してあります。」

近頃のDreamCastのソフトが消え去る速度は異常。
在庫1本の圧力に背中を押されてDCのMagic The Gatheringを購入。

              (゚д゚)ノ


おもしれぇ!
ゲームをプレイしてて絶頂を迎えそうになるのは、ほんとに久しぶり。
今どうするかの選択の連続、戦略レベルでの思考、自分の構築したデッキが狙い通り動いたときの達成感、トリッキーなテクニックを発見した時の喜び、敵にしてやられたときの逆説的な楽しさ。僕がゲームに求めるものの、ほとんどが得られるゲーム。

クラシック音楽のカテゴライズ方法のヒトツに、絶対音楽と表題音楽というのがあるそうだ。
絶対音楽とは、他の芸術分野から独立した音楽。時系列にそって並べられた音の関係そのものによって、表現を行い、伝えたいものを追求する音楽。
標題音楽は、他の芸術分野(メディア例えば絵画、詩、脚本、現実の風景、さらには作曲家の心象風景でさえも!)と結合することで表現を行う音楽。

ゲームにも「絶対ゲーム」と「表題ゲーム」が存在すると思う。それは、どちらを指向して作られているかで分類される。現在のゲーム市場における多数派は圧倒的に「表題ゲーム」の方だ。リアルなレーシングゲーム、映画のようなゲーム、かっこよいシーンを再現するゲーム。
それらをゲームとして成り立たせているのは、表題の部分ではなく、表題に隠蔽されたゲームの部分。近年ではゲームと表題部分が噛み合っておらず、ゲームとしては稚拙なものが増えてきている。
それだけに、久しぶりに純粋なゲームとして面白いゲーム、絶対ゲームとしても成立するゲームをプレイすることができて幸福であった。

以前、トレーディングカードゲームのMtGをプレイした時は正直言ってあまりおもしろみを感じなかった。
ていうかそれは、ルールをきちんと理解していなかっただけであり、ちゃんとしたルールがやっと分かったよ…(ブロックは防御側、インスタントとソーサリーとか陥りやすい間違いをことごとくしてたよ)
あと、ルールがいろいろ変わっててビビった。スタックの概念の素晴らしさには震えたね!

そんな感じで赤緑ステロイドと呼ばれる分かりやすいデッキでつるつる遊んでいたのですが、敵がレアカードばっかり持っててズルいんですよ!こっちはしょっぱいカードばっかなのに!
カードを手に入れるには敵と戦うしかないのですが(そのかわり、勝手も負けても入手できる)なんていうか、
金で解決できるなら(レアカードが買えるなら)喜んで払うのにな!チキショー!というマインドセットになってきて我ながらヤバさを感じる。
ていうか普通、買う。

新緑の女魔術師(レア)というカードの力で、カードを狂ったように引きまくるボスに10連続くらいで負けた時は、1枚3000円でも4枚そろえてやるぜ、今すぐよこせキッシェー!とか叫んで、テレビのスリットに千円札を次々とつっこんだりしてみたよ!(昔のオリーブ風に<語尾だけ)

そんな感じで、これがリアルだったらヤッバイなーとか痛感。
まわりにヤバくなった人たちもたくさんいるしね!(しぐれ師匠とかとか)

カードにかけた金でスカイラインは普通、シーマが買えるくらいいかないと異常とは言えないとか聞いたり、でじこ喫茶のデュエリストとか見てると、リアルには手を出さないようにしよう…とか思うのですが、

小田急車内の告白昇降室にてにコモンのカードをひと揃い譲ってもらう。
         マズー(゚д゚) ていうかヤヴァー

世界を革命しました、デュエリストとしてデビューです。
なんていうか踏み出した。

(オチ:哲のレベルデッキにボッコンボッコン)

MtGはイケてるネ!
(今日の日記の反省点:ウテナネタ分かりにくい)


■2001.8.18

筋トレとドラクエ:

最近、西海岸のドメイン(の一部)で筋トレが流行っているため、筋トレクラブが発足した。

西海岸筋トレクラブ規則第1条
 筋トレクラブについて口にしてはならない
西海岸筋トレクラブ規則第2条
 筋トレクラブについて口にしてはならない
西海岸筋トレクラブ規則第3条
 筋トレは一人で行う もしくは架空の弟と行ってもよい
西海岸筋トレクラブ規則第4条
 シャツと靴とパンツは脱いで行う
西海岸筋トレクラブ規則第5条
 筋トレに時間制限は無し
西海岸筋トレクラブ規則第6条
 筋トレは地下で行う

20代後半ともなると周りでもスポーツクラブに通い出す人が激増、
カネ払って疲れに行くなんてローマの貴族みたいですごいですね!とか可愛げのないことを吐いたりしていたのですが、周りの熱気にアテられて、しばらく腹筋を続けてみたり。

結果、明らかに体型が変化。ウェスト激減。
持ってたパンツがどれも履けなくなってビビる。
これはハマるのも分かる気がする。

まさしろが「筋肉は(期待を)裏切らないから」と言っていたのですが
これは名言。
だが、彼のトレーニングっぷりは明らかに異常。

確かに、現実世界で、費やしたリソースに対する見返りが、これほど確実なものって、他に見あたらない。
この面白さは、ドラクエの面白さに似てるんじゃないだろうか。
ドラクエでプレイヤーが操作するキャラクターたちは、投入した時間に比例して強くなる。ドラクエにゲームオーバーは無く、全滅しても所持金が減るペナルティがあるだけで経験値はそのままであり、強さが戻されることは無い。だから、プレイヤーは投入した時間に見合うだけの楽しみを得ることができる。
トレーニングに費やした時間が強さに結びつくというあたりが、筋トレに似てる。

費やしたリソースに対する見返りという観点で見ると、筋トレの対極には、恋愛があると思う。
現実の恋愛のゲーム性は、恋愛シミュレーションとは全く異なり、むしろ、シューティングゲームに近い。恋愛はバトルガレッガに似ている。(恋愛シミュレーションは、会議前の根回し作業に似てます)

・失敗して学習する
・ヒトツのミスで即死
・知ってても死ぬ
・前はできても、またできるとは限らない
・押さえるべきトコロを確実に押さえていかないと捨てプレイに直結(勲章を落とすとか)
・上手いヤツは最初から上手い

書いてて辛くなってきました。

というか、明らかに
STG人口<<恋愛人口
なので、恋愛におもしろみを感じる人間はもっとSTGをヤレ、良いSTGが無ぇ!というマニアは恋愛しろと思った。


最もクリティカルな違いは単位時間あたりの情報密度と、即時フィードバックの有無なので的はずれな主張です。

まぁ思いついちゃったネタということでヒトツ


■2001.8.14

お久しぶりです:



              (゚д゚)ノ


なんかもぅ最近は心の劣化がすすみ、読解力も感受性も著しく低下。
他人の人生の些細な問題や、微妙な感情の機微なんてのは誤差範囲で読みとれず。
どうでもいいことばっか書いてんなぁとか思えてしまって、普通の小説読んでも萎え気味。(原因はオレにあり)
そんなわけで、今の僕を駆り立てる感情を与えてくれるのはSFしかない感じ。

てなわけで、近頃はハヤカワの新・SFハンドブックでプッシュされていながら、未読であったSFを大購入&読みまくりの日々でした。いわゆる「有名どこは押さえた」感じ。中でも一番よかったのは、ディレーニィのバベル-17。もっと早く読んでればよかったと思いました。周囲の状況に応じて、思考する言語を切り替えながらのアクションにしびれた。

もちろん入手できないのも多々ありブックオフをまわる毎日です。

これで、日本SFファンダムのみんなのいうことが分かるようになったかと言えば、そんなことはなく、ファンダムの価値観とは相変わらず温度差を感じたまま。
これが根ざすとこはどこなのかとずっと思ってたんだけど、結論は単純簡明でやっぱり世代によるものみたい。
その証拠に、SFハンドブックの各作家のSFベスト5で、主にライトノベルで活躍している若手SF作家たちのあげるベスト5には「うわーい、そうだよね!いいよね!」と共感しっぱなし。具体的には秋山瑞人、古橋秀之や三雲岳斗、庄司卓ら。
SFに触れたタイミングってのが重要みたい。ベテラン陣では、神林長平、山田正紀のあげてるベスト5とかぶるので、必ずしもタイミングだけじゃないと思うのですが。
上遠野浩平と山田正紀の両者がSF=青春小説とか看破してて、かなり痛いところをつかれた気分。

でも、今までに存在しなかったビジョンの思考実験へとつながっていくのは、壮大華麗な逃避しかありえないのです。

それだけに、つながらない作品や、つなげない人たちには舌打ちをお見舞いです。

そして俺もベスト5を選んでみた(誰も聞いてないのに)

・ガイア(ディビッド・ブリン)
・ぼくらは虚空に夜を視る(上遠野浩平)
・無伴奏ソナタ(オースン・スコット・カード)
・鼠と竜のゲーム(コードウェナー・スミス)
・創世記機械(ジェームズ・P・ホーガン)

滅茶苦茶悩んだよ…

次点は
火星転移(グレッグ・ベア)
ホワイトライト(ルーディ・ラッカー)
我語りて世界あり(神林長平)
歌う船(アン・マキャフリィ)
クローム襲撃(ギブスン)
(ありすぎ)

そういや、SFハンドブックに瀬名秀明の名前がなくてアレーとか思ってたら、なんかSFとは距離をおいてるみたい。
さらには、SFセミナー2001の講演にて「ホラーにはツッコミ厳しいのに、宇宙人とか平気で言ってるのってどうよ?(意訳すぎ)」とか発言したそうです。
カコイイ!

ちなみに瀬名秀明につっこむ野尻抱介はもっとカッコいいです。


■What's Old?

過去の日記やWhat's Newはこちら

2001 -
01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2000 -
01 02 03 | 04 | 05 06 07 08 09 10 | 11 12
1999 -
01 | 02 | 03 | 04 neuron note | 05 | 06 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
1998 -
02 | 03 04 05 | 06 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
- 1997
Check Crimson Dynamo

Back to index...