Home (Warner Music Japan \ WPCR-12164) Japanese CD

01. My Logan Love (Tradditional arrenged by the Corrs)
02. Spancill Hill
(Tradditional arrenged by the Corrs)
03. Peggy Goordan
(Tradditional arrenged by the Corrs)
04. Black Is the Colour
(Tradditional arrenged by the Corrs)
05. Heart Like a Wheel
(Anna McGarrigle)
06. Buachhaill on Eirne
(Tradditional arrenged by the Corrs)
07. Old Hag
(Tradditional arrenged by the Corrs)
08. Moorlough Shore
(Tradditional arrenged by the Corrs)
09. Old Town
(Philip Lynot, James Bain)
10. Dimming of the Day
(Richard Thompson)
11. Bird Og Ni Mhaille
(Tradditional arrenged by the Corrs)
12. Haste to the Wedding
(Tradditional arrenged by the Corrs)
13. Return to Fingall
(Tradditional arrenged by the Corrs)


 前作から1年余りという比較的短い間隔で発表されたコアーズの新作は、6年前に亡くなった
母親への追悼の気持ちをこめて作られたアイリッシュ・トラッド曲中心のアルバムで、ミュージシャン
であった両親の演奏していたレパートリーの中から選曲されています。

特別、トラッド曲を新しい解釈で斬新に表現しようとかいう気負ったところはなく、小さい頃から
耳馴染んだ曲を聞いたまま再現してみたという感じのアルバムですが、自然とコアーズらしさ
はにじみでています。

 ミッチェル・フルームにプロデュースをまかせたというのは、ちょっと意外な感じ。これまでもライヴ
盤などでコアーズとは仕事をしていたとはいえ、無機質な音作りが特徴な人と土臭い民謡を上手く
扱えるのか不安は感じました。しかし、この人いじらないときは、ほとんど手を加えなくて、アーティスト
を管理するのでなく、枠だけ決めてそこからはみださないように見守るだけという感じなプロデュース

もするのでした。あまりいじらない分、良くも悪くも生のコアーズがさらけ出されたようです。アンドレア
の甘ったるく流れすぎてしまうところなどは、厳しく鉄拳制裁してやっても良かったかと思います。

ポップな曲なら、多少甘ったるくても良いですが、トラッド曲は、ちょっとかしこまって朗々と歌ったほうが
感じよくなるでしょう。「
Black Is the Colour」のアンドレアはわりと良い感じ。
また、レコーディング時期がキャロラインの妊娠出産時期と重なっていたのか、キャロラインが全くドラム
を叩いていないのは残念です。そのせいで、ややコアーズらしさが薄れた気もします。代わりに、

現在最高のスタジオ・ドラマー、マット・チェンバーレインを起用しているものの、「コアーズの音」とは
異なりますね。

Old Hag」の最後でジムのピアノが遠くのほうで聞こえるミキシングの距離感の取り方はミッチェル・
フルーム
らしいです。

 トラッド曲中心ながら、リンダ・ロンシュタットも歌っていたアンナ・マクギャリグルの「Heart Like a Wheel
ボニー・レイットも取り上げたリチャード・トンプソンの「Dimming of the Day」、「アンプラグド」でも演奏していた
シン・リジィの「
Old Town」も収録されています。「Dimming of the Day」のみシャロンが歌っていますが、
彼女のほうがアンドレアより甘さが少なく落ち着いた感じで、アンドレアもこういう感じで歌ったら良かった
のではと思います。また、これまでライヴ・ステージでのハイライトとなっていたもののスタジオ録音はされて
いなかった「
Haste to theWedding」も初収録されていますが、キャロラインのドラム入りで録音して欲しかった。

Produced by Michell Froom
Recorded by David Boucher at Westland Studios and RTE Studios, Dublin and at Whitfield Street Studios, London

Musicians
Andrea Corr : Lead Vocals, Tin Whistle
Sharon Corr : Violin, Vocals
Jim Corr : Guitars, Keyboards
Caroline Corr : Bodhran, Vocals

Anthony Drennan : Guitars, Mandolin
Keith Duffy : Bass
Matt Chamberlain : Drums on (2),(3),(4),(6),(8),(9),(11)
Jason Duffy : Drums on (1),(7),(12)
Kieran Kiely : Accordians
John McSherry : Uillean Pipes, Low Whistle
Ronan Dooney : Piccolo Trumpet
Michael Buckley : Saxophones
The BBC Concert Orchestra


Corrs Discography