Debian GNU/Linux 初心者の A2Z

(lenny編)

このページは主として Debian GNU/Linux 5.0 (lenny), GNOME, Intel x86 (i386) 環境での試行錯誤記録です。

このページの更新予定はありません。4.0 (etch) に関しては Debian初心者のA2Z(etch編)、3.1 (sarge) 等に関しては Debian初心者の足跡 等にあります。

Let's try Debian !!


penguin Linuxとの出会いは48の時でした。Turbo Linux 3.0 を Contura Aero にインストール、初めてのことで X の立ち上げに苦労しました。やっとのことでグレー画面に×カーソルが出た時は感激しました。「会社のUNIXマシンと同じだ!」
しかし、X は実用的ではありませんでした。なにしろ Aero は 486SX/33MHz、メインメモリわずかに8MBでしたから。(Aug 1999)

その後 Turbo Linux 4.2、そして Vine Linux 1.1, 2.0, 2.1。Vine Linux のインストール直後からすぐ使える日本語環境やロゴが気に入り、ず~っと Vine でいこうと思いました。

debian logo しかしあるとき、Debian GNU/Linux はパッケージ管理にすぐれていることを知り、試してみたくなりました。生涯 Vine Linux と決めていた私は悩んだ末(大袈裟)、Debian GNU/Linux 2.2 (potato) を選んだのです。(Nov 2000)

自分のための備忘録として「Debian初心者の…」等を作成してきました。Linux に出会ってから約10年、一向に初心者の域を抜け出せずに歳(版)を重ねるだけですので、このシリーズはそろそろ終わりにしたいと思います。なお、新シリーズはありません。(Jan 2009)