kfuji
 「お燗」のすすめ
 日本酒ならではの楽しみ方
 日本酒は世界でも類を見ない、味わいの深さと飲む温度帯の幅広さを持っています。室温でもよし、冷やしてもよし、お燗でもよし、これらどの温度帯でも、味わいのバランスを崩すことがありません。
 特にお燗は、冬には体を温め、夏でも暑気払いになるなど、その効果は見逃せません。味にふくらみが出て、味わう満足感も向上します。
 おいしい日本酒の温度
種  類 温  度 香りや味わいの特徴 温度などの目安
飛び切り燗 55℃以上 香りが強まる
辛口になる
持てないほどではないが、持った直後に熱いと感じる
あ つ 燗 ほぼ50℃ 香りがシャープになる
切れ味のよい辛口になってくる
熱く感じる
徳利から湯気が見える
上  燗 ほぼ45℃ 香りがきりっと締まる
やわらかさと引き締まりが感じられる
数秒間持つとやや温かい
注ぐと湯気が立つ
ぬ る 燗 ほぼ40℃ 香りが最も大きくなる
ふくらみのある味わいになる
体温と同じくらいの感じ
熱いとは思わない程度
人 肌 燗 ほぼ35℃ 米や麹のよい香りがする
さらさらとした味わい
体温より少し低い
ぬるいと感じる程度
日 向 燗 ほぼ30℃ 香りが引き立ってくる
なめらかな味わい
体温よりは低い印象
温度が高いとも低いとも感じない
室  温 ほぼ20℃ 香りはやわらかく、味わいもソフト 常温、かつての土間の温度
手に持つとほんのりと冷たさが伝わってくる程度
涼 冷 え ほぼ15℃ 華やかな香り
味わいはとろみがある
冷蔵庫から出して、しばらくたった温度
ひんやりとしてはっきりとした冷たさを感じる
花 冷 え ほぼ10℃ 香りは閉じ気味、器の中で香りが開く
まとまりのある細やかな味わい
冷蔵庫に数時間入れて置いた温度
ビンに触れるとすぐに冷たさが指に伝わる
雪 冷 え ほぼ5℃ 香りはあまり立たない
味わいは冷たい感触に隠れる傾向になる
氷水に浸して充分に引き締めた冷たさ
冷たく冷気が見え、ビンに結露が生じる