kfuji
 はじめに
☆ なぜロト6

 宝くじと比較してロト6の最大の特徴は自分で数字が選択できるということです。したがって、売り場の場所や日時、また、売る人・買う人の運によって当選が左右されることはほぼないといえるでしょう。
 そして、最大の魅力はやはりキャリーオーバーでしょう。ある等級で当選者がいなかった場合、その賞金は次回へ持越しとなり、キャリーオーバーしたときの1等賞金最高額は4億円となります。これは魅力が有りますよね。

☆ 予想しよう

 自分で数字が選択できるということは、ただ闇雲に数字を選んでもおもしろくありませんね。(勘のいい人はそれも良い)そこで、どうせ数字を選ぶならデータや情報を参考にして、次回出るであろうと思われる数字を予想できれば楽しみも倍増です。自分で予想した数字が当選すればなおうれしいですよ。

☆ 予想方法

 まず7回の抽選回を1クールとして、43個の各数字が1回づつ出ればほぼ平均(正確には6数字×7回で42数字・ボーナス数字は考慮せず)になります。そして6回のクールで各数字が6回出れば平均ですが、実際には全ての数字が平均的には出ません。そこに数字の流れが出てきます。その流れの出現間隔や強弱等いろいろなパターンを読んで予想しています。これである程度の予想は可能と考えています。
(参照:ロト6データ 当選数字分布表 出場数字ランキング)

☆ いろいろなパターン

 まず出場回数では、平均より多く出ている数字(A)、平均的に出ている数字(B)、平均より少ない数字(C)に分類できます。
 個々の数字の出方の特徴としては、何回かの間を置いて周期的に出る数字、集中的に出る数字、前回出たら次回も継続(連続出場)して出るもの、またその数字の前後に振れて(スライド)出る数字、あるいは長期間休憩する数字、等があります。そして、出場数字を分布的(視覚的)に捉え、あるいはエリア的に捉えて、私の独断と偏見によりに分析していきます。そして重要なのはそれらのパターンはいつも一定ではなく変動していくということです。

☆ 組合せ方法

 私の組合せ(購入)方法は、10個の数字を予想し5数字づつA・B2組に分けます。A組の5数字にB組の5数字を1個ずつ組み合わせて5口作ります。B組はその逆で同様に・・・。したがって運良く1等が当たれば、3等が確実についてきますしボーナス数字も入れば2等を含むこともあります。1等が当たることなんて滅多に無いですから、当たった時は2等3等も一緒にいただきましょうという欲張り(?一か八か)な組み合わせ方です。
 また、予想10数字の中に当選数字が3個あれば5等1本は確実に確保できます。そして、A・Bどちらかの組に当選数字が3個入れば、5等5本の当選となります。

□ 組合せ方法
Aパターン +B
Bパターン +A

☆ 購入金額

 A組で5口=1000円、B組で5口=1000円でA・B両組買って2000円となります。毎週のことでもあり、こずかいの範囲内に収めるということで私的にはこれくらいがちょうどよいかなと思います。
 また、キャリーオーバーが発生した回には裏予想として、あと5口・1000円プラスして買っています。

☆ 当サイトは

 予想をするためにはデータは重要です。そして予想数字を候補に挙げるとき、よく出ているから選ぶのか、また、長く出ていないから選ぶのか等のデータの解釈は自身の勘に頼ることになります。最終的に当選へ導くものは自分の運と勘です。このページでは自分の運と勘を信じて、予想を楽しんでいきたいと思います。(運は無い・勘も冴えない管理人ですが・・・ガハハ)
 なお、当予想は当選を保証するものではありません、参考程度にお楽しみください。