〜スタッフ紹介〜

ごあいさつ

NPO法人家族支援フォーラムには、理事長 をはじめとする31名のスタッフが法人本部、生活事業部、矢磨樹事業部、児童 事業部、夢家事業部、地域事業部に分かれ利用される方々やそのご家族の支援活動を行なっています。 全スタッフをご紹介します。

法人本部 

 家族支援フォーラムを作って夢ポケットを始めた時は、まだ30代だった私が、今や40半ばを1年超えてしまいました。 白髪は増えるは、頭髪の生え際は後退してくるはで、老化一直線です。

 でも、僕の髪の毛が少なくなるのに反比例して、メンバーやスタッフの元気が良くなっているのは気のせいでしょうか。 スキンヘッドになるまで頑張れっていうことでしょうかねエ。

 理事長は老化の一途ですが、夢ポケットは、泳ぐのを止めたら死んでしまうサメのよ うに今年も動き続けます。メンバーの豊かな地域生活とライフサイクル支援のために!!ど うぞ皆さん、メンバー達と夢ポケットを暖かく見守ってやってください。

理事長 米田 順哉
社会福祉士



『ラグビーの試合中、対戦相手のエースをめがけてパントを上げて、 なだれこみ、倒し、ボールがそこにあれば合法的に相手の頭めがけて突っ込むことはできる。

しかし、その時、思わず、力を少し緩めている。「合法(ジャスト)」より上位の「きれい (フェア)」を優先したくなるからだ。生きるか死ぬかの気持ちで長期にわたって努力し、 いざ臨んだ闘争の場にあって、なお、この境地を知る者を育てる。それがラグビーだ。』

 元日本代表監督でスポーツ社会学者の故・大西鐵之祐さんの「闘争の倫理」に書かれていることです。

『ただ勝てばよいのではない。ジャスティスよりもフェアネスを知る若者を社会へ送り出す。』
生き方として大切なことですね。あるコラムで久しぶりに目にした文章でした。つい皆さんにもお伝えしたくなりました。

副理事長 松本 彰夫
社会福祉士



 スタッフ紹介更新も今回で何回目でしょうか?そろそろ写真の更新だけ(・・)はなしでもいいんじゃない… と抵抗しはじめた今日この頃。本部スタッフになり5年目突入。わが息子三人と同じ歳の利用者さんがますま す多くなりました。

 最近は本部事務所に「昼休みなんよ〜」「出発までちょっと時間があるんよ〜」 と、ちょっとした息抜きタイムにきてくれます。そんな楽しい時間を持つたびに、もっともっとご本人 の気持ちに寄り添った支援が出来たらと思います。

 これからも他方面の方と連携し皆でいい方向に行けるよう、その中の一人になれるよ う頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

本部スタッフ
居村 真奈美
准看護師 介護支援専門員



 こんにちは、谷田正です。夢ポケットでは送迎を主な仕事としています。

 朝、お迎えに伺った時「おはようございます!!」とみなさんが元気良く挨拶をしてく ださいます。私も負けずに元気良く挨拶します。何気ない朝の挨拶ですが、それが私一日 の元気の源となります。

 皆さんをご家庭に送るとき「さよなら〜また明日ね〜」と挨拶をします。少し寂しい 気

持ちになりますが、まさしく「また明日です。」皆さんが元気で毎日楽しく夢ポケット で過ごして下さることが何にもかえがたい私の喜びです。

 明日の朝、皆さんはどんな笑顔をされているのでしょうね。元気な声でご挨拶しましょうね。 これからも毎日、よろしくお願いしますね。

本部スタッフ
谷田 正



 本部で事務を担当している角倉です。
子どもたちの余暇活動サークルひまわりクラブも今年で8年目になります。この夏休 みもレインボーでキャンプとBBQをします。多数ご参加ください。

果てしないくらい遠い道のりに思えても、繰り返すことで子どもたちの余暇は広がっていきます。 楽しめることが増えることこそが子どもたちの豊かな学校卒業後の人生の布石になる と信じています。

 この春からは子どもの中学校部活動の付き添いで「茶道部」を始めました。立てれば ドタン座ればバタン歩く姿はドラムカンのわが子にメマイしてますが、「数年後には ゆりの花」を信じて私も袱紗さばきやら茶巾たたみの練習に励んでます。

本部スタッフ
角倉 若美



 こんにちは、4月から本部で事務をしています松尾かなみです。

日々仕事を覚える事に精一杯ですが、利用者の方に少しずつ顔と名前を覚えてもら える事や声をかけてもらえる事がとても嬉しく、そして笑顔に励まされている毎日です。

ご迷惑をかける事もたくさんあると思いますが、よろしくお願い致します。
 
本部スタッフ
松尾 かなみ



生活事業部(生活介護事業)

 新しくマネージャーとなった谷田敏紀です。

 一応所長と兼任です。しかし、ここ2〜3年で新しくご利用になられた方々の、 特にご家族の皆様にとっては、「所長って誰?文書に名前があるけど」程度の存在です。

 この2年間で、せめて顔くらいは覚えていただけるように頑張ります。どうぞ宜しくお願いします。

児童事業部マネージャー兼務
谷田 敏紀
介護福祉士・介護支援専門員・保育士



 あっという間に1年が過ぎました!月日は経つのが早いですね。

これまで短いようで長いような日々の中で、みなさんとたくさんの思い出を作ってきました(^^)

楽しいこと、びっくり!驚いたこと、笑えること、時には悲しいことも。すべて含めて、 社会で生活していると様々な体験と出会います。

 そのような中、些細なことから出てくる、「あれもしてみたいなぁ」「こんなこともしていいの!?」という気持ちを大切にしながら、メンバーのみなさんと一緒にいろんなことにチャレンジしていきたいです♪  今後ともよろしくお願いします。
成人事業部スタッフ
森 勝彦
社会福祉士



 7月から夢ポケットのメンバーになりました。

個性豊かな利用者さんたちと、それ以上に個性豊かなスタッフに囲まれて楽しい毎日を送っています。

入職して間もない頃、ひょんなことからサスペンスドラマが好きか!? という話題になりました。

あまりにも話が盛り上がりすぎて所長に「給料
減らすぞ!」 と怒られちゃいました(笑)それ以来、私たちは「サスペン's」呼ばれています。 何故か、「サスペン's」は熟女ばかりなんですよ(^^)

そんなわけで、熟女パワー全開でがんばります! よろしくお願いします。
成人事業部スタッフ
栗田 順子
保育士・介護支援専門員



 生活事業部で一緒に活動させてもらっている秋山です。

元気いっぱいの利用者さんたちに日々、活力をもらって気分だけは若返っている…今日この頃。

昨日よりも今日。今日よりも明日。ちょっとずつ一緒に前進していけたら幸せです♪どうぞ宜しくお願いします!
 
  
成人事業部スタッフ
秋山 良美
訪問介護員2級



 2007年12月より生活事業部の非常勤スタッフとして働かせていただいております、清水です。 早くも3年目に突入しました!

 相変わらず午前中勤務中心ですので、最近では利用者の方に 「もう帰るん?」「明日は来るん?」といつも聞かれてしまいます(苦笑)

でも「ゆっくり休んでね〜」とか「また来てね〜」と 利用者の方に声を掛けていただくとまたそれが私の活力になり、 皆様に励まされながら頑張ってる毎日です♪

 Yokkar(余暇活動)やクラブ活動などを担当させていただき、 利用者の方が楽しめる企画を、頭悩ましながら考えております。 何か新しい企画や楽しいイベントなど、ありましたら お気軽に『Yokkar隊長・清水』まで、声掛けて下さいね。

まだまだ至らないところばかりで、皆様にご迷惑かけることもあると思いますが 今後ともどうぞよろしくお願い致します。
成人事業部スタッフ
清水 規代
訪問介護員2級



 夢ポケットに入って3年目。生活介護のメンバーと一緒に作業をしたり、 お出かけしたりと、忙しい毎日を送っています。

年々、体が・・・ということも増えていますが、いつも明るく楽しいメン バーに元気をもらって、私もなんとか頑張っています。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

成人事業部スタッフ
季羽 美恵



矢磨樹事業部(就労移行支援事業)

 「だるい。しんどい。疲れた〜〜。」と、日々連発するメンバー多数。

しかし実際は、「でも、やる。」と、淡々と仕事をやってのけ、 「『ありがとう』って言ってくれたんです!」とキラキラ☆どんどん、たくましくなっております。

あるときは、お掃除、あるときは、うどん屋。そんなメンバーをぜひ街中でみかけてもらいたいです。


生活事業部マネージャー
八木 由希子
認定心理士



 今、矢磨樹事業部でうどんを作っている森和彦です。

自分では自覚がないのですが顔の系統が若干東南アジア系なのでポンサッ クという名前を付けられポンさん、ポンくん、ポンちゃんと呼ばれることが多いですが 自分ではヨーロッパ系だと思っています。

めん処矢磨樹に来た時はぜひポンさん、ポンくん、ポンちゃんと声をか けて下さい。うどんが若干多くなっているかもしれません。  
(おっと、こんなこと言ったら上の人に怒られる。)皆さんのお越しお待ちしております!
矢磨樹事業部スタッフ
森 和彦



 ヤマキ事業部2年目になりました。三宗亜紀子です。

新しい進路にむかって歩き始めたメンバーをこの春に送り出しました。 時々会う彼等はなんだかキラキラして見えます。

今のヤマキメンバーも新しく入ってくるだろうメンバーも、将来 を夢見て目指して、ヤマキを卒業していきます。夢をかなえるお手 伝いを少しでも出来るように頑張っていきたいと思います。これからもよろしくお願いします。
矢磨樹事業部スタッフ
三宗 亜紀子
訪問介護員2級



児童事業部(児童デイサービス事業)

 こんにちは、関谷です。

 本人らしくそして、本人が望む生活を実現するため、利用者さん一人ひとりの思いに 寄り添っていきたいという思いを持って、日々みなさんと関わっていく中で、時にずれそうになることがあります。

 そんな時に、みなさんの願いや思いにふれることができた時、励まされたり、支えられて いるなぁと、いつも感じてます。

 
みなさんの「○○したい」願いや思いは、初めから明確になっているものや滞在的なものがあると思いますが、その気持ちに寄り添い、一緒に実現していきたいと思っています。  これらかも、よろしくお願いします。

地域事業部マネージャー
関谷 麻衣子



 児童デイ事業部にうつって1年が経ちました。はやいですね〜(^^)

 子供たちはどんどん成長しています。この1年も子どもたちに負けないよ うに、私も一緒に成長していきたいと思います!

よろしくお願いします☆

児童事業部スタッフ
東 寛子
社会福祉士



 6月から夢ポケットの児童事業部に配属2年目になりました、松木恵子です。

ピチピチの若者ではありません・・・。が、気持ちはまだまだ20代です。

児童のみなさんと楽しい経験と思いでをつくっていきたいな・・・。よろしくお願いいたします。

児童事業部スタッフ
松木 恵子
訪問介護員2級



 この1年「あっ!」という間に過ぎ、児童デイ事業部になって今年でもう2年目になりました、松本麻里です。

日々キラキラ☆輝いている可愛い子供たちの笑顔に癒され、たくさんの元気を貰っています。

そんなみんなに負けないよう奮闘中です。今年から新しい子も増えさらにパワーアップした児童 デイで頑張って行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!!

児童事業部スタッフ
松本 麻里
介護福祉士



 4月から夢ポケットの児童事業部に配属となりました居村龍馬です。

夢ポケットに入ってからあっという間に4ヵ月も経ってしまい早いなぁと感じています。

まだまだ力不足で皆様にご迷惑をおかけすると思いますが子ども達だけ でなく保護者の方が満足できるよう頑張って仕事をしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

児童事業部スタッフ
居村 龍馬
保育士



夢家事業部(就労継続支援B型事業)

 皆さまこんにちは☆森棟です!この度6月の人事異動で「夢家事業部」のマネージャーとなりました。

昨年度は、1年間矢磨樹事業部でお世話になり、成人したメンバーさん達との日々の中、 「お仕事」「生活」「余暇」「人生・・・っ!」という一生のテーマに向き合い、今 、何かをしていくことの大切さ、「頑張っている」ことを誰かと分かち合う喜びを、改めて教えていただきました。

そして今、お世話になっている夢家事業部は、とにかくメンバーの皆さんのお力で成り立っています!
矢磨樹事業部マネージャー
森棟 由香
保育士



 私が子ども達と同じ年頃の時、何を考えて生きていたのでしょうか?

忘れてしまいました・・・

でも、きっとちっぽけなことで悩んだり、 これからどう生きていけばいいのか不安に思って押しつぶされそうになっていた・・・
に違いありません。

子どもが大人になる、親元を離れて自立する時、笑って送り出せるよう準備をはじめなければなりません・・・ そろそろ・・・

 ああ〜。あんな時代に戻りたい。ああ〜戻りたい。でも戻れない。決して戻れない・・・
夢家事業部スタッフ
松本 智子
介護福祉士・保育士



 こんにちは♪田中優子です。

夢ポケに来て早1年。当時ペーパードライバーだった私が、今ではこんなに大 きな車を運転しているなんて・・・。驚きです!

何事も、なんとかなるものなんですね☆どんな状況でも「なんとかなるさ」をモ ットーに、いつも笑顔で乗り切りたいと思っています!!

まだまだ分からない事だらけで、日々勉強の
毎日を送っていますが、これからもよろしくお願いします。

夢家事業部スタッフ
田中 優子
社会福祉士



 県庁の「ゆるり茶屋 夢家」で4月から働いている、川ア真紀です。

 好きな言葉は「笑顔」です!メンバーさんと一緒にいると、生き生き笑顔で過ごせている自分に気付きます。

 厨房では、ほぼ素っぴんでテンパりつつ毎日頑張っています!  どうぞ宜しくお願いします。

夢家事業部スタッフ
川崎 真紀
社会福祉士



 本年度の4月より家族支援フォーラムの一員としてお仕事をさせていただいている平岡です。

まだ数カ月だけではありますが、利用者の皆様と一緒にお仕事をさせて頂く中で、こん なに皆さん笑顔が素晴らしくて、心が澄んでいて・・・と感動させられる素晴 らしい毎日を送らせていただいております。

この笑顔がずっと見させて頂く為にも一生懸命お仕事させていただこうと思いますのでよろしくお願いいたします。
夢家事業部スタッフ
平岡 祐矢
保育士



 こんにちは、中田伸江です。夢家事業部配属から2年目を迎えることになりました。

今年度は、県庁の夢家だけではなく、砥部のクラブハウスやハッピークリーンでの仕事 もおおくなりそうです。

どこへ行っても、利用者さんが暖かく迎えてくれ、楽しく働いています。時々、 どちらが支援者かわからない・・・と思うこともあります。

 本当に、利用者さんたちは、たくましくなりました。日々、共に働いているなぁと実感しています。体力のおとろえを感じつつ、利用者さんと支えあって、毎日のお仕事を頑張ります。
成人事業部スタッフ
中田 信江
訪問介護員2級



 「マッシー」の愛称で皆さんに親しみを持って頂いている、増田万理です。

いつもは「ハッピークリーン」でおそうじ業務で支援させて頂いていますが、 この度ゆるり茶屋ゆめや業務もさせて頂くことになり、現在修行中です。

私自身幅広い支援ができるよういろいろ勉強しています。よろしくお願いします。



成人事業部スタッフ
増田 万理
保育士



地域事業部
(短期入所事業・日中一時支援事業・生活援助・介護事業)

 地域事業部マネージャーの大丸です。

思いつきで恐縮ですが、この度、「NPO法人家族支援フォーラムの歌」を作ることになりました。

一度聴けばすぐに覚えられて、一度聴けば耳から離れなくて、一度聴けば元気がぐんぐん出てきて。

私たちや、利用者、ご家族の皆さんの思いが詰まった歌を作ります。

完成した暁にはHPにアップしますので乞うご期待ください。

夢家事業部マネージャー
大丸 和利
介護福祉士



皆さんこんにちは!

遊び大好き!お出かけ大好きな萩森千久左です。昨年に引き続き地域支援部を担当しています。

「萩森」は言いにくいようで一部の方からは気付けば「おはぎ」と呼ばれています。

そんな私の今年の目標は「昨年よりも充実した毎日を送ること」です。

 最近、夢ステイの元気なお子さんと遊んでいて、体力の衰えを実感させられていますが、 元気なパワーをもらいつつ、体力維持を頑張ろうと思います!

夢ステイの皆さんやグループホームの方々とともに、楽しいことをたくさん見つけて、 思いでいっぱい作りながら日々成長していきたいと思います。

地域事業部スタッフ
萩森 千久左
社会福祉士



 地域支援事業部を担当させていただいています、可能改め加納です。

ここに来て一年、不可能を可能にとのモットーを掲げさせていただいたおかげで 「加納不可能」とセットでからかわれたりするのですが、 皆さん私の至らない部分も同じように当たり前のように教えて下さるのでカタツムリ の速度ではありますが、日々学ばしていただいています。 これからも多くのことを学び、少しでも不可能だと思えることも可能に近づけていきたいと思います。

 これからも多くのことを学び、少しでも不可能だと思えることも可能に近づけていきたいと思います。 最近色気づいて来たので銀ぶちから黒ぶちに(メガネが)変わった加納をこれからもよろしくお願いします。
地域事業部スタッフ
加納 彩夏



 グループホームのお世話人をしています河内(コウチ)です。

現在、グループホームには12名の方々が生活されています。

みなさんが、 リラックスできるグループホームであることを心がけて、みなさんと一緒にゆっくりとした時間をすごしています。

ぜひ、一度、遊びにいらしてください。「松ちゃん」が大歓迎しますよ。

地域事業部スタッフ
河内 靖




ごあいさつ

夢ポケットのTOPページに戻る