正多面体クラブ

ネオジム磁石を安全に持ち帰る方法

ネオジム磁石は非常に強力な磁石なので、磁気カード(銀行カード,クレジットカード等),パソコン,ゲーム機,携帯電話,ビデオテープ等の近くに置くと、情報が消えたり、電子機器の動作が異常になったりすることがあります。また、ネオジム磁石を誤って飲み込んでしまった場合、医師による適切な処置が必要です。
科学イベントや科学教室でネオジム磁石を使う実験や工作を行い、ネオジム磁石を持ち帰らせる場合は、ネオジム磁石についての注意を十分にしておくことが必要です。 で、ネオジム磁石を使った実験/工作をする場合は、ネオジム磁石についての注意! を説明して、注意書きを持ち帰らせています。
さらに、単に注意するだけでなく、ネオジム磁石を安全に持ち帰らせるための対処もしています。それが、ここで説明する「ネオジム磁石を安全に持ち帰る方法」です。※これ、単なる安全措置ではなく、これ自体が科学ネタなんですよ〜「磁力線を閉じこめろ!」みたいなタイトルにしてもいいかも(^^)v

用意するもの

磁力線を閉じこめろ!

2個のネオジム磁石を左の写真のように並べてくっついた状態にして、それを2枚のワッシャーで挟みます。それだけです。

裸のネオジム磁石には鉄球がバチバチバチ…っとくっつきますが(左の写真)、ワッシャーで挟んだネオジム磁石には鉄球がくっつきません。あれ?あの強力なネオジム磁石の磁力はどこに消えてしまったの〜?
でも、これでネオジム磁石を安全に持ち帰ることができます(^^)v

なぜ?

それを説明するには「磁力線」で説明をします。
「磁力線って何?」という場合は、こちら→磁力線を見てみようを見てください。

ネオジム磁石を2つ並べてくっつけた場合のN極とS極、磁力線の様子は、だいたい右の図のような感じ。磁力線がネオジム磁石の周りにあふれてますから、近くに鉄を近づけると、くっつきます。

2つ並んだネオジム磁石の上下に鉄板をくっつけると…磁力線の様子は、だいたい右の図のような感じ。(灰色の部分が鉄板です。)磁力線は空気中にあふれ出ないで、ほとんどが鉄板の中を通っています。磁力線が鉄板の中を通るのは、鉄板の中の方が通りやすいから(楽だから)らしいです。それは「なぜ?」…それ以上は、私は知らないので説明できません(^^; どこかで「磁石をN極とS極を対にして、鉄で囲めば磁力は漏れない」と聞いた記憶があるので、やってみたら確かに磁力を閉じこめることができた〜(^o^)/
※私、この様に磁力線を閉じこめたネオジム磁石を鞄の中に入れ、その鞄には磁気記録の銀行カードが入った財布も入れて、何ヶ月もその状態ですが、銀行カードはちゃんと使えてます。つまり、こうしておけば、ネオジム磁石が磁気記録を破壊することはない。と実証できてます(^^)v