●ざっきちょう もどる
 
 ---

#355 2010.12/08
●冬コミ情報

こんにちは、超久しぶりの更新です。

遅くなりましたが、冬コミ受かりました。
31日東5マ-32bです。ACTゲー島ですね。
出し物は、

 ・ときのあくま
 ・ディアドラエンプティ
 ・DE本
 ・委託:DE小説「絆と思い出の物語」(S.C.Field
 ・委託:S.C.Fieldさんのその他の小説作品
 ・委託:ゲームの修羅場3(にじけん

以上5品くらいになります。
カタログでは「ベルオブリバイブ体験版」って書いちゃってましたけど、
それとはまた別なSTG作品を持っていく・・・つもりだったのですが、
かなりかなり中途半端な状態なので今回は見送らせていただこうと思いますゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ。

ときのあくまとディアドラエンプティはいよいよ最後の在庫ダンボール放出となりました。
ディアドラはともかく、ときのあくまは長かったなぁ・・・。
DE本は今回用にちょっとだけ作って、再版第4版となります。
本はCDプレスと違って少ない数で作れるのがいいですね。

にじけんさんの「ゲームの修羅場3」は表紙を担当させて頂きました。イヤー恥ずかしー。
「ゲームの修羅場」シリーズは、ナイスな同人ゲー作者さん達による合同制作ノウハウ本です。
技術話がメインですが、過去にはASTRO PORTさんによるレベルデザインの話とか、
読み物としても面白い話があったりもするので、覗いてみてはいかがでしょうか。(私もまだ今回の中身は知らないです)

S.C.FieldさんのDE小説「絆と思い出の物語」は再販です。
ディアドラ5面の戦闘風景とかが物語化されていてとても素晴らしいのでこちらも是非。
S.C.Fieldさんのオリジナル作品とかも置く予定です。

一年ぶりの参加なのに新作出せなくて悔しいですが、今回はこんな感じです。
ではでは。

#354 2010.09/25
●ディアドラエンプティVer1.54をリリースしました

超こんにちは。
前回のテスト版を参考に、Windows7でも動くVer1.54を作ってみました。
パスワードはいつもの奴ですので、ゲームのディスクを虫眼鏡で覗いてください。
DLは以下からどうぞ。

DEpatch154PLUS.exe

フルスクリーン時に画面が表示されない不具合ですが、デュアルディスプレイ環境時に起きるようです。
なので、フルスクで不具合が出る場合はシングルディスプレイ環境に変更して試してみてください。

また、せっかくなのでテスト版の高速打ち返し弾を打ち返し弾モードに入れてみました。
これでクリアできるのかよく分かりませんが、是非チャレンジしてみてください。
多分フル装備でボム沢山使えばクリア出来るんじゃないでしょうか!
ノーマルとハードだと少し打ち返し方が異なります。
腕に自身のある方は是非ハードも試してみてください!

DEpatch154PLUS.exe
DEpatch154PLUS.exe

#353 2010.08/27
●Win7対応テスト版

モンゴルの皆さんこんにちは。
でぃあどらえんぴひのWindows7対応超参考テスト版を作ってみました。
「DEはウチのWin7・Vistaマシンじゃ動かないんだよこの田吾作が!!」という方は是非試してみてください。
DLは以下からどうぞ。

DE153_Win7Test.zip

このバージョンはテストバージョンは製品版1.52PLUSを導入済みの環境にのみ対応しています。
また、セーブデータはバックアップしておくことを超オススメします。
フルスクリーン版とウインドウ版の二つのEXEを用意しましたが、
フルスク版は、手持ちのGeForce環境ではどうも正しく描画されませんでした。がっかり。

#352 2010.08/21
●検証

◇Windows7(64bit) C2D E8400 (デスクトップ)
GeForce8600GT+最新ドライバ:起動はする。画面が黒くなってちらつく。激しくFPSが落ち込む。
GeForce8600GT+古めのドライバ:起動はする。ロード画面~タイトル画面辺りまではそれなりに絵が出るが、
シューティングシーンでは画像が乱れる。激しくFPSが落ち込む。
オンボード:部分的に画像が乱れるが一応動いて遊べる。
もちろんオンボードではスペックが足りずにFPSが激しく落ちる。

◇Windows7(64bit) ATOM330 (デスクトップ)
ION+最新ドライバ:普通に遊べる。
ION+古めのドライバ:普通に遊べる。

◇Windows7(64bit) ATOM Z550 (ノート)
オンボード:通常版軽量版共に起動せず

img512.jpg(97752 byte)
悲しみの画面の図

手元にあったDXライブラリ使用の他のゲームはどの環境でも問題無く動作。
ディアドラ以降に作った試作品は一番最近のものだけがどの環境でも問題無く動く。
動いた試作品は、作りはディアドリとほぼ同じなので、原因を突き止めればディアドルもちゃんと動くはず。
ドライバが原因でなければ、DXライブラリのVRAM周りの設定の呼び方(?)、グラフィックの分割の仕方、
グラフィックの読み込み方、グラフィックのサイズあたりが悪いのかも。
ノートが起動すらしないのは謎。オンボが特別貧弱なのでそれのせいかも。

#351 2010.08/20
●Windows7について考えます

こんにちはicewindですこんにちはicewindですこんにちは
夏コミでは新作のふたご姫本を沢山の方に手にとっていただきましたありがとうございまし

いかがでしょうか?

img511.jpg(27858 byte)

さて、東京都にお住まいのicewindさんからメールを頂きました。

はじめまして!いつも楽しいです!
突然のメールでした。私はモンゴルに住む詩人です。

先日PCが壊れて大爆発しまったので、新しくHDDとWindows7(64bit)でした。
Windows7では「ディアドラエンプティ」が動かないのでなんとかして欲しいです。(ときのあくまは動きました)
具体的には、起動はするのですが絵の表示がおかしく、またウインドウモードにも拘らずディスプレイ全体が黒く
チカチカと点滅し、FPSが1や2程度まで落ちます。音は正しく出ています。
おそらくグラフィックボードかドライバの不具合かと思われます。(グラボはGeForce8600GTです)
試しにドライバを最新版から過去版に変えてみた所、ローディングの画面だけ出ましたが
それ以降の画面がやはり正常に描画されませんでした。

掲示板の方で以前にもWindows7での不具合が報告されていたと思いますが、
そろそろWindows7への対応を考えてみても良い時期なのではないでしょうか。
是非ご検討下さい。

それでは失礼します。

そうですね、偶然にも、私のPCも最近HDDが不調で、いい機会なので丁度新HDD+Windows7の64bitを購入し、
ディアドラエンプティを起動した所正しく動作しないという残念な事態が起きていたので、
良い機会なのでWindows7対応にチャレンジしてみようと思います。
うまく出来なかったらごめんなさい。

ではでは。

#350 2010.06/20
●サッカーワールドカップですね

サッカーワールドカップでブブゼラがうるさいですね。
せっかくなので記念に音楽と効果音が全てブブゼラな「ブブゼラエンプティー」をリリースしません。

img510.jpg(35841 byte)

ブブブブブー!!!!
(まじで途中まで作ったけどあまりに酷いのでやめましたw)

#349 2010.03/31
●電気ポット

私の生活がEVOLUTIONしました!
何を隠そう、電気ポットを買ったのです!!

img507.jpg(33430 byte)

一応電気ポットを知らない方の為に説明を載せておきます
電気ポット(でんきポット)は、水を沸かす加熱・保温装置つきの容器をいう。
湯をそそぐための電動ポンプを内蔵しているものが多い。
電気ポットは加熱だけでなく、保温もできる点が重宝される一因となっている。
やかんでは連続的に火を与えていないと保温できず、水筒はある程度の保温効果はあるものの加熱はできない。
また、電動給湯方式だと、体力のない老人・病人にも使いやすい。
(ウィキペディアより転載)

この説明で電気ポットがどういうものか分っていただけるか心配ですが、
とにかく、この電気ポットはお湯を沸かすことが出来るのです!!す、すごい!!!

具体的な仕組みは置いておいて、
この電気POTは「TIGER社」の圧倒的な科学力により、最大2.2Lの水が数分で熱湯へと変貌します。
特に水が熱湯へと移り変わる様は非常にドラマチックで、水が沸騰して音を立てる様などは一見の価値があります!
それを見るためだけに電気ポットを購入しても決して損は無いのではないでしょうか!
T社の技術力に目を奪われる事間違いなしです!。



このelectricポットを使うと、いつでも好きな時、好きなタイミングでお茶や紅茶などを飲む事が出来ます。
お湯を排出する方法は非常にシンプルで、まず銀色の「ロック解除」と書かれている部分を押し込むと
ロック解除の上に赤いランプが点灯します。(この赤ランプは一定時間で消灯します)
次に赤ランプが消灯する前に「給湯」とかかれた部分を押し込むと、
機器の手前(丁度T社のロゴが付いている部分の下)から熱湯が放出されるので、
それをカップ等で受け止めればいい、という訳です。
これらの仕組みはT社の高度な電子制御技術により実現されています。
この熱湯は98度(又は90度、70度)という非常に高温のため、触れると大やけどしてしまいます。
初めて触る方は十分に気を付けて下さい。(私も危うくやけどする所でした)

さて、お湯についての感想ですが、やはり温かいお湯は良いですね。
少しずつ冷ましながら飲むと、身も心も温まります。
このお湯の感動は並大抵のものではありません。
98度ではちょっと熱すぎる感もありますが、慣れれば問題ないですよ。

このElectric Pot、値段はヤマダ電機特価で4980円+5%のポイント付で、大変お買い得でした。
皆さんもこの電気ポットというものを一度試してみてはいかがでしょうか!まじおすすめです!
 

#348 2010.03/17
●よくわかる!ふろーずんおーぶの簡易情勢図

img506.jpg

ふろーずんおーぶの情勢を簡単にまとめてみました。
クリックで拡大します。
 

#347 2010.03/01
●スライドを公開します

こんにちは、icewind-mkIIです。
人前に出るとかいう辱めを受けた事により瀕死の重症を負った私は、
会場にいた紫雨さんの手によって強制的に改造されて蘇り、世界平和の為に戦う事となったのです!!

まあ世界平和は置いておいて、
折角なのでイベントで使用したスライドを公開してみます。
公開するのは会場で使用したものに少し手を加えたもので、IGDAの方で公開されているものとは少し違います。
是非見てみてください。

SIGINDIEのスライド

 

#346 2010.03/01
●SIG-INDIE6に参加した感想

img504.jpg(61763 byte)

SIG-INDIE6からもう1週間も経ってしまいました。
感想を何度も書き直したのですが、流石にそろそろ何か書かないとダメかなと思ってアップします。
まとめはもう色んなサイトさんがまとめを書いてくれているので、今から書く必要は無いですね。

XNA Today >> SIG Indie 第6回研究会 「同人シューティングゲームの潮流」まとめ

---

今回参加しての一番の課題だったのは、話す内容よりも何よりも「人前で話す事」!これに尽きます!!
なにせ今まで生きてきた中で、こんなにも多くの人の前でこんなにも長い時間話すことを要求された事なんて初めての経験です!!
もう人前で話すのが嫌で嫌で仕方ない!話を受けた事を何度後悔した事でしょう!
話を受けてからの1ヶ月間、
「当日地震起きたり雪で交通が麻痺して中止になったりしないかなー」なんて事を本気で考えてました・・・。
あと、「他のこれまでの講演者の人もこんなに緊張してたのかなぁ?」なんてのを何度も考えたり。
とにかくガチガチの緊張です。

---

最初に迷ったのはどんな講演をするかでしたが、とりあえず誰かの真似をすることにしました。
私はSIG-INDIEはXNAの時以外は全部参加していますが、
振り返ってみて特に印象に残っているのは第一回のABAさんの講演と、第三回の樹原新さんの講演だったので、
とにかく自分の共感した講演を参考にしてみることにしました。

与えられた時間は25分。
第一稿をリハーサルしてみると約50分かかりました。超えた理由は時間内でやるべき事の多さ。
「STGの歴史について少し触れる事」「自分の作品の紹介」「製作体制等についての話、および話したい事」あと幾つかの小話。
仕方無く、小話は7割削り、他の部分も削れる部分を片っ端から削ってみましたがそれでも5分オーバー。
結局それ以上削れずに5分オーバーのつもりで望みました。(そして実際に5分オーバーしてしまいました)

---

話した内容はお世辞にもかっこいい話ではありません。
絵の話も出来たけど、あえて経験の少ないプログラム側の話をしました。
どんな話かといえば、自分のレベルの低さを自慢するような話です。

会場に来るであろう人達の層を考えれば、
「こいつはそんなレベルで壇上に上がってるのか」なんて笑われるのだろうなと覚悟していました。
それでも、そう見られたとしても構わないので話したい事を話すことにしました。

---

終わってみてどうだったのでしょう。
ある程度の笑いは取れたとは思うけど、伝えたい事は伝わったのでしょうか?

目にした感想に関してだけ言えば、
スライドで書いたこと「だけ」を取り上げてまとめとされるのはすごく悲しいです。
確かに必要な事はスライドに書いたけれど、本当に言いたい事は口で言うようにしたからです。

今回の話は「ゲームを作ったことがない人」に向けた話でした。
けれども会場にはそうではない人がほとんどでした。(予想はしていたけど)
つまり、私の話が必要ない人達です。

だから、せめて感想という形でブログとかで私の伝えたい事を伝えて欲しかったんだけど、
残念ながらそう上手くは行かなかったようです。
そういう意味ではきっと自分が話した内容は失敗だったのかもしれません。
本当に聞いて欲しい人には届いたのか疑問に思っているからです。

---

思い出すのは自分がこれまで書いてきた感想です。
果たして自分はこれまで聞いてきた多くの講演の中身を受け取れていたのでしょうか?
それを正しく他人に伝えられたのでしょうか?伝えようとしたのでしょうか?
いえ、きっと出来ていなかったように思います。

---

原稿やスライドを作っている間、STGを作り始めたあの頃を何度も思い出しました。
HPの更新を辞めたあの頃。作る術を無くしたあの頃。

私はあの頃の自分に向かって話したかった。
きっとそう簡単には作れないだろう。恐れもあっていい。
それでも、どうか出来る所までやってみて欲しいと。

---

今回の経験は色んな意味で勉強になりました。
とりあえず出てよかったと思っていますし、これはこれで楽しかったです。
(こんなに緊張するのはもうゴメンですが!)
アドバイスをくれた方、ムービーを作ってくれたななぽりん、
そしてこういった機会を与えてくれたIGDAの人にとても感謝しています。

ではでは。
(ああ、やっと感想書けた・・・)
 

#345 2010.02/16
●緊急のお知らせ

今週末に予定していました月刊ムーファンクラブ集会ですが、
諸々の事情により群馬県に会場を変更とさせていただきました。
参加される方は群馬県にお集まり頂きますようよろしくお願いします。

img502.jpg(196568 byte)

群馬県は大変危険な場所として世界的に有名です。
くれぐれも準備を怠らないようにし、旅行気分では来られることの無いようご注意ください。
お守りにはフェニックスパワーの護符がおすすめです。

また、月刊ムーファンクラブ集会はバレンタインによって被害を受けた方の相談も行っております。
詳しくはNPOバレンタインは中止したほうがいいよの会・被害相談窓口へどうぞ。
 

#344 2010.02/04
●今どんな気分?

今こんな気分!!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1129953

 

#343 2010.02/03
●月刊ムーファンクラブ集会

img501.jpg(124515 byte)

月刊ムーファンクラブの皆さんこんにちは、icewindです。

来る2月20日に東京秋葉原UDXにて月刊ムーファンクラブ集会(SIG-月ム)が行われます。
実を言いますと、そこでスピーカーとしてちょっとお話させていただくことになりました。
お題は『あなたにも出来る!月刊ムー年間購読の方法』です。
「どうすれば月刊ムーを年間購読出来るんだろう?」とお悩みの方にピッタリな内容です。
是非参加してみてください。
ではでは。
 

#342 2010.01/31
●SIG-Indie第五回 その2

ぼやぼやしてたら感想をまとめないうちに一週間経ってしまった!
一週間も経つと他サイトさんがまとめを作ってくれていたので、そちらをご紹介。

XNA Today SIG Indie 第5回感想まとめ
あれーウチにリンク張ってあるよあれしか感想書いてないのに。
どうせ張ってくれるならもっと月刊ムーの事大きく書けb

img500.jpg(80450 byte)

---

上のリンクを片っ端から読んでいけば大体内容が分かると思うのですが、
今回はいつもよりオフレコ的な話も多くて伝わりにくい部分もあるのかなと思ったり。

●同人ゲーム開発者が直面する法律問題

この話題、実は同人ゲーム開発者だけじゃなくて二次創作系の本書いてる人とかにも関係ありますし、
同人関連全体に通用する話なんですよね。
特に
・権利的にグレーなんてものは無い。ほとんどは「黒」。
・作ったゲーム(各パーツ)はチームのうち誰の物か?
・何もしなくても発生する権利とは?
辺りは、同人作品を作る人なら一度は詳しく調べてみてもいい所だと思いました。


●萌と鬱 -PCゲームライターの一例-

「商業でやっていて良い事、悪い事」が結構純粋な感じだったのが面白かったです。
この辺は創作の面白さ、良さ、悪さは、商業でも同人でもそう大きくは変わらないというようにも捕らえられます。

他人の方法論を勉強するな!自分の方法論を見つけろ!
目標達成のためには黒い欲求の自覚も必要だ。ただしコントロールが必要。
他人が諦めるまで書け!敵がいなくなれば自然に勝てるぞ!
質より量で!量をこなせば質も自然と上がる!


●O-GAMESさんの「世界征服」の話

宣伝広告的な話が多くて、特に書く事が無いです。
とにかく会社組織ではない大集団を作りたいとの事で、学生から社会人までメンバー大募集中らしいです。


●効率よく短期間でテキストアドベンチャーを作成する方法

以前にも出ていた、七転び八転がりの元気いっぱいな飯島多紀哉さんの話。
この人は話し方そのものが面白いのですがやたらオフレコ話が多いので何を書いていいのやら。
今回はどんな人ならメンバーとして使えるかみたいな話が多くて、
なんだかゲーム会社の採用面接の話みたいな一面も。
この人の話は確実に作品を作り上げるためのプロフェッショナルな面も強く、
「なるほどそうすればいいのか」的な部分と「それができればやってるわー!」みたいな部分が交互に飛び出します。

---

個人的に残念だったのは、
いつも楽しみにしているパネルディスカッションが時間の都合で無かったこと。
O-GAMESの人と七転び八転がりの人が隣り合った席だったので、
二人のやりあいに期待したのですが残念です。

あと前回、「そろそろインディーズに限らずなんでもありな感じ」と書きましたが、
SIG-INDIEの中の人曰く

  『SIG-INDIEの独自性というのはプロかアマかということじゃなくて、
  他のSIGが技術の一つに注目するのに対し、
  一本ゲームを作りきるための姿勢、態度、生活はどういうものかを明らかにすることではないか、と思う。
  そういうものは知識伝達型の講義では本当は伝わらない。
  だから(より近い位置で向き合って話せるという意味でも)懇親会は重要。』

との事でした。
確かに生活に基づいて作品を作り、その作品を頭から先まで手掛け、
語り尽くす事ができるのは個人製作ならではとも言えますね。

---

はてさて次回のSIG-INDIEはなんとなんとおまちかねの同人シューティング特集です!
以前からやるかもやるかもとは聞いていたのですが、ついに来ました!
これは楽しみです!期待しましょう!!
 

#341 2010.01/24
●SIG-Indie第五回

primitivの音楽担当のカワノさんが、この間ウチに来たときに携帯電話の充電器を忘れていったので、
それを郵送するついでに月刊ムーも送ってみました。
とても喜んでもらえたようでうれしいです。気が向いたらまた送りますね。

---

img498.jpg(24840 byte)

IGDA SIG-Indie第5回研究会「ノベルゲーム制作実践テクニック」に参加してきました。

SIG-Indieといえば商業同人寄りな印象が強いとかなんか色々書いてきましたが、
今回はスピーカーの方も同人、フリー、商業、プロ商業同人の方等、色々な方が集まって、
もうそろそろインディーズに限らずなんでもありの雰囲気が出てきました。
見てるほうもいい加減同人に視野を狭めず、あーそういうものなんだなーというつもりで見るようになってます。
同人的な少人数制作の話だけではなく、大人数制作、プロ兼同人も余裕、外注もやって当然。
色々な非商業ゲーム制作の形がある、という意味では良いのではないでしょうか。

今回は「同人でも儲けて食べて行ける!3ヶ月に2本作れる!」という七転び八転がりさんと、
「インディーズの形で人を集め、世界を驚かせるようなゲームを作りたい、あと世界征服する」
というO-GAMESさんの対比が面白かったです。

七転び八転がりの飯島多紀哉さんは、PC-8800時代からゲームを作り続ける大ベテランクリエイターさんで、
またO-GAMESの神江豊さんは、1991年よりナムコで有名な作品を多数手がけたこちらも大ベテランクリエイターさんです。
こういった方々があえてインディーズに活動の場を選んでいるのは興味深いですね。

さて、内容が濃すぎてまとめきれないので感想はまた次回へ続きます。
 

#340 2010.01/14
●怖い話

私はオカルティックホラーな話が大好きなので、たまには怖い話でも一つ。

ある夜、ふと目覚めると・・・か、体が動かない・・・金縛りだ!ぎゃー怖いよー!!

---

さて、久しぶりに色付きの絵を描きました。

よく考えてみたら去年描いた色付きの絵の枚数って5枚も行ってないような。
しかもトップ絵で使った新しい絵はゼロ枚・・・。
去年は一体何をしていたのだろう。とか考えつつも、
今年は去年よりはお絵描き沢山しようなどと心に誓うのでした。

img497.jpg(36663 byte)
 

#339 2010.01/03
●カールじいさんヤバイ

ノンフィクション空撮ホラー映画「カールじいさんVS空飛ぶ家」を見てきました!

ビックリしました!何にビックリしたかって、もうね、家が飛ぶんですよ!
ウソじゃないですよ?本当に家が飛ぶんです!

「ちょっと待て!!家は飛ばないだろう!!」
「家が飛ぶとか、それはいくらなんでも無理があるだろう!」
「これはちょっと冗談になってないわ・・・」

映画館にいた誰もが心の中でツッコミを入れていたと思います。
しかも風船で家が飛んでるんです!さすがにビックリせざるを得ませんよ、これは。
風船で?家が飛ぶ??これを驚かずして何を驚くというのでしょうか!

だって普通に考えて家は飛ばないし、家を飛ばそうだなんてまず考えません。
精々、家をトレーラーに乗せて移動とかならまだわかります。
でもこの映画では飛びます。しかも距離にして1000km以上は軽く飛びます。まじ、家飛びすぎ。
こんなのめちゃくちゃだし笑えない。まさかこんな家が飛ぶ映画だとは思わなかった。

まあ百歩譲って家が飛ぶ事を許したとしても、
飛ばしてるのはどう見ても70歳過たじいさんって所にまた驚きます。
70過ぎで家を飛ばそうとかまず考えないし、実際に飛ばしてしまうのがまたありえない。
こんな無茶苦茶な物語を子供に見せたら、間違いなく精神に悪影響を及ぼす。
ドグラマグラの裏表紙には「これを読む者は一度は精神に異常をきたすと伝えられる」と書いてあるらしいですが、
この映画もそれと同じ類の物語だと思います。

というわけで、カールじいさんVS空飛ぶ家はまじでやばい。
あと、開始10分で涙ぼろぼろ余裕でした。
 

#338 2010.01/03
●ハイモジィC77!!

冬コミおつかれさまでしたー!
今回はmarsboundの中嶋静六さんを招いてのキャッキャウフフなとっても楽しい冬コミでした。

img495.jpg(38178 byte)
実はハイモジィの発祥は中嶋さんなのである!!

スペース作りはこんな感じ。
img487.jpg(70775 byte)
ときのあくま、ディアドラエンプティ、クラウドフォビア、そしてS.C.Fieldさんの小説。
青パッケージが並ぶ中、ときのあくまだけが色違い!

これまで持ち込み荷物はリュック+ヨドバシのでっかい手さげ袋で当日持ち込んでいたのですが、
回を重ねるごとに段々と荷物が増えてきて、前回とうとう痛い目にあってしまったので、
今回は遂に耐えかねて段ボール箱郵送+キャリーを導入。ああ、これは便利で楽ですな。
今まであまり数を持ち込んでいなかったのは手で持ち込んでいたせいというのもあったのですが、
次回からはダンボール郵送を使って(せめて売り切れない程度には)持ち込もうと心に誓うのでした。
ていうか郵送もっと早くから使えばよかった・・・。

img491.jpg(63231 byte)
うわーい

他のサークルの方も感じておられたようですが、今回は午前中の人の量がいつもより多かったようで、
いくつかの配布物が予定していたよりもかなり早い時間に品切れになりました。
持込量は前回とほぼ同じだったはずなのですが。正直予想外。

今回はサークルとして新作は無かったにも拘らず、
わざわざご挨拶に来てくれた方々ありがとうございました!
あと、おみやげを持ってきてくれた方もありがとうございました!

以下いただいたものとか他サークルさんの作品とか

img489.jpg(58766 byte)
リラック魔+クリオネのおみやげだと・・・!隣のは・・・!
リラック魔クリオネに喰われろ!

img496.jpg(40410 byte)
素敵なイラストポストカードありがとう!この組み合わせは・・・(じわっ

img488.jpg(64166 byte)
同じ島だったホワイト・シルエットさんの「Erst Kerf」。
これシステムがすごいよく出来ててかなり面白いです!今回オススメの一品!
ショップ委託もされるようなので見つけた際には是非!

img492.jpg(73678 byte)
冬コミとは別で頂いたものですが、POP先生グッズ!!!!
ひゃっほうすげぇええぼあああああ
ランドセルに下敷き、豆本まで、す、すげぇ!

img485.jpg(58756 byte)
大雪戦さんのリーサルクライシス。
2D横アクション!ムキャー!

img494.jpg(57767 byte)
これは永久る~ぷのheppokoさんからの差し入れです。

img493.jpg(51980 byte)
・・・。

img486.jpg(64857 byte)
heppokoさんはこんなですが、永久る~ぷさん新作の「Alternative Sphere」はちゃんと面白いのでオススメ。
サポートバリアのおかげで弾幕STGが苦手な方でも楽しめる感じになってます。
TWAINは難しくて苦手でしたが、こちらは無理に弾避けしなくてもいいので超楽しませていただいてます!

heppokoさんといえば、以前のサークルアンケートの結果を出せ出せと言われたので、
そのうち出せる所だけでも公開してみようかと思います。
ちなみに「雑記No330のスケブの中ではどれが一番好みですか?」の問いでは、
ダントツ超超ぶっちぎりでheppokoさんが1位でした。さすがとしかいいようがありません。
ちなみに一番人気は「永久る~ぷのheppokoさんのスケブ(9)」でした。

あとは、ディアドラ設定本を一緒に作ったexarrowのrrwさんと久しぶりに会えたり、
スペース前を通りかかったABAさんを捕まえて一人で大喜びしてみたり!!

とまあ、今回は新作も無しという事でいつもより穏やかに過ごせたコミケでした。
しかし、新作が無いと挨拶回りとかしにくいんですね。
他サークルさんに一方的に新作もらったりするとさすがに心苦しい・・・!
ということで今年はがんばろう!!

今回委託させて頂いたmarsboundさん、素敵なDE小説を作っていただいたS.C.Fieldさん、
そしてスペースに来てくれた方々、ありがとうございました!
また今年もよろしくお願いします!

img490.jpg(51502 byte)

---

打上げではアストロポートさんとかからC76で出した新作ACTについて聞かれてうにょうにょ。
また、Artesneitの戸黒巻雲行さんに対して大変失礼な発言をしてしまった事をこの場を借りて謝罪致します。
名前の読み方を間違っちゃいけませんよね!!
 

#337 2009.12/29
●冬コミですね

どうもこんにちは、icewindです。

世間は合いも変わらずクリスマス等という世迷い毎で精々騒いでいたようですが、
我々「クリスマス中止の会.UNDER COVER」は、科学の最先端を駆使し、
全く新しい発想によって生み出された新たなクリスマス中止兵器「クリスマスキャンセラー」を使用し、
クリスマスという行事を完全に無かった事へと変化させました。

img484.jpg(73752 byte)
クリスマスキャンセラー(イメージ図)

クリスマスキャンセラーの威力は凄まじく、代償は余りにも大きすぎました。
町では大渋滞が起き、ビルは崩壊し、株価は大暴落、ダライアスバーストが発売され、
各サークルは新刊を次々と落とし、液晶テレビがお買い得になり、
また、コミックマーケットの会場がビッグサイトから群馬県県庁へと急遽変更されてしまいました。
(今回当サークルが新刊を落としたのももちろんクリスマスキャンセラーの影響です)

果たして我々はクリスマスキャンセラーを来年も使ってもよいものなのでしょうか。
どうやら我々の戦いはまだ終わってはいないようです・・・。

img482.jpg(43664 byte)
クリスマスキャンセラーによって影響を受けたコミックマーケットの会場(群馬県)

---

さて、突然ですがこれは今回のウチのサークルカットです。

img483.jpg(65352 byte)
「あそびにきてね!」

そしてこれはゲルショッカーの掟です。
hyousi086.jpg(88815 byte)
「冬コミ2日目水曜日東地区X10-bに来る者は、殺す。」

「遊びに来てね!」と言っておきながら「来る者は殺す」!
なんてことだ!ゲルショッカー恐るべし!!
まあそれはともかく、サークル新刊はありませんがどうぞお気軽に遊びに来てくださいな。
というわけで、冬コミ行く方はお気を付けて!ではでは!
 

#336 2009.12/18
●よくわかるFF13用語集のような何か!

これを全部覚えれば、明日学校で自慢出来るぞ!

「ファルシ」
人知を超えた存在。特定の人物を選び、使命を与える。人類をパルスの脅威から守るためにコクーンを築いた。
クリスタルを内包しており、機械を作り人間に提供したり、生き物を生み育てたりと、あらゆるものを生み出している。
コクーンのファルシは何処にでもあり、生活に溶け込んでいる。

「ルシ」 ファルシによって選ばれ、烙印と共に運命を与えられた者。呪われた存在とされている。
ルシに選ばれた者は体の何処かにルシの証を烙印される。
ルシが果たすべき使命は、ファルシからビジョンによって伝えられる。
ルシの力のベースはクリスタルで、魔法を使えるのはルシのみ。
使命を果たしたルシは「クリスタル」となり、果たせなかったルシは「シ骸」となり、やがて「冥碑」に。

「ライトニング」
光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士。
剣術、射撃、格闘、魔法すべてを使いこなす戦闘のエキスパート。
自分のことをまったく語らず、唯一みずからを「ライトニング」と呼称する。
だが、これが本名かは不明。もともと、とある組織で階級のある立場にいた。
が、それが一転。現在は追われる立場になっている。
性格は高貴と言えるが、決して高飛車なわけではなく、誰もいないところで、ふとやわらかい表情を見せる一面もあるようだ。

ライトニングは機神の戦士。
天上界と下界界に複数存在する機神は機神の神が生み出した神に近い存在でクリスタルを内包する。
機神に選ばれた戦士は幻視により使命を認識すると共に烙印を刻まれる。
天上界と下界それぞれに機神は複数存在するが、基本的に界を跨ぐ事は無かった。
しかし、下界の機神が天上界で発見された事により、下界関係者を下界に追放する政策が実施された。
天上界の下には下界が広がっている。

●コクーン:天上界、隔離世界 ”理想郷”
●パルス:下界(地上界) ”禁忌の魔境”
●聖府:天上界政府
●サイコム:公安情報警備局(パージ実行部隊)
●外なる異物:下界に関係した物
●ファルシ:機神
●クリスタル:機神の核
●ルシ:機神の戦士(奴隷・生贄)
●ビジョン:幻視
●シ骸:怪物(元はルシ)
●冥碑:石板(元はシ骸)
●異跡:遺跡
●パージ(パージ政策):機神の戦士を下界に追放(消去)する
●ノラ:反政府愚連隊
●今回は特別にオーディンを召喚します:世界的に特別にオーディンを召喚する。
●この場所もなんとコクーン!:とてもびっくりします。
●魔導院ペリティシリウム朱雀:ファイナルファンタジー アギトXIIIに期待!
 

#335 2009.12/01
●冬コミ

どうもこんにちは、icewindです。
今日は冬コミ情報です!

---

・冬コミ情報その1!

トップページにも出ているように、
今回はなんとmarsboundさんの「クラウドフォビア」を委託配布させて頂きます!うひょー!!
以前にも一度ご紹介させていただいた事があるのですが、
作りこまれた演出・グラフィック、物凄いスピード感等どの点を取っても大変素晴らしい作品です!
個人的には演出系が大好きで、何度見ても感動します!
(スクリーンショットを見ただけでもこのクオリティは十分に伝わるのではと思います。)
ウチなんかで委託させて頂いてほんとにいいんだろうか?とか思っったりしちゃったりしちゃったり!
まだ持ってない方はこの機会に是非是非!!
当日にはなんと作者の方も来るかも?来ないかも?
マジおすすめです!!

img481.jpg(118312 byte)

・冬コミ情報その2!

更にもう一つ委託です!
当HPからリンクを張らせて頂いているS.C.Fieldさんのディアドラエンプティ二次創作小説本を委託配布させて頂きます!うひょひょー!
タイトルは「絆と思い出の物語」で、内容はS.C.FieldさんのHPにて公開されているDEの小説を文庫化したものとなります。
こちらはご縁があって、表紙デザインとあとがきを少し書かせていただきました!
S.C.Fieldさんは2日目東S-11bでサークル参加されているので、そちらでも同作品が配布されます。
是非是非お手に取って頂ければ私もうれしいです!

・冬コミ情報その3!

えっ、その3?
あーえーとなんでしたっけ。ああ、ウチのサークルの出し物ですね。

えーとですね、新作は無しです。体験版の配布も今回は無しです。ごめんなさい。
(でも一応作ってはいますからね!)
今回の出し物は、「ディアドラエンプティ」と「ときのあくま」のゲームニ作品のみとなります。DE本は無しです。
上記ニ品はショップよりもお得なコミケ価格になります。

---

というわけで、「クラウドフォビア」と「絆と思い出の物語」を是非よろしくお願いします!!
 

#334 2009.11/12
●冬コm

ゲルショッカー万歳!!
 

#333 2009.10/19
●月刊ムー30周年!

月刊ムーファン倶楽部の皆さんこんにちは!
私は今、とても興奮しています!なぜかって?
ハハハ、月刊ムーを年間購読している皆さんなら言わなくても分っているますよね?

img477.jpg(161908 byte)

そうです、月刊ムー11月号のふろくがすごいんです!!!!!!!!!!

なななななんとふろくとして、「プレ創刊冊子復刻版」が付いてくるんです!!
すすすすすすすすすすす
      すすすすすすすすすすす
   すすすすすすすすすすす
              すげーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!


img478.jpg(163331 byte)

これはもはやふろくの域を超えた奇跡!!
ハッキリ言って2010年最大の出来事ではないでしょうか!?
こんなのがおまけで付いてきたら、そりゃ仏陀も再誕しますよね!!!!

ここまで価値の高いふろくは今まで見た事がありません!!
もはやこれは一生モノ一大イベントとさえ言えるのではないでしょうか!?
もしあなたがまだ購入していないとしたらそれはもはやハルマゲドンです!必ず買いましょう!!

内容のレビューについては、皆さん年間購読されてすでに読書済みかと思うので必要ありませんよね。
私もこれからじっくり読んでみようと思います。
宇宙時代のヤングに送るスーパー雑誌とは一体何だったのか。確かめてみようと思います。

また、当ページは今後も壮大な夢とロマンを乗せたスーパーミステリーマガジンを、
微力ながらも熱く静かに応援していきたいと思っています。
さあ、まだ年間購読していない皆さんも今すぐ年間購読を!!

img480.jpg(40913 byte)

サイババポスターって。
 

#332 2009.09/14
●SIG-Indie第3回研究会&DeskTopLive.xna

SIG-Indie第3回研究会「シナリオ作成技法とメイキング」とDeskTopLive.xnaに参加してきました!

---

・SIG-Indie第3回研究会

img474.jpg(96667 byte)

SIG-Indieは今回はノベル系シナリオ関連の話だったので行くかどうか迷ったけど、とりあえず行ってみる事に。
なんと今回は東大のある方じゃなくて秋葉原だったので、道に迷う事もなかったし遅刻もしなかったんですよ!
凄い!偉い!自分を褒めてあげたい!

とりあえずまともにレポート書くと大変なので、他のまとめサイトを読んでください!
http://d.hatena.ne.jp/ccsws2k/20090913/1252798708

どんなだったのかを簡単に言うと、今までとは明らかに違う感触で、
見所・ポイントは今の所は以下だと感じています。


●IGDA側がこの研究会の受け取り方についてハッキリと言っていた事。
 (上記写真です。講演者の方と考え方が違っても落ち込むな!人それぞれの意見であって解釈は自分なりに!
 つまり講演者の方々と考えが違っていてもガッカリ落ち込んで制作を止め、酒浸りの日々に陥り、
 生活は荒れ放題、生きる気力を失いつつ毎日を空虚のように過ごし、
 半ば世捨て人のような体になりつつもモンハンとラブプラスとドリームクラブだけはしっかり遊ぶ・・・。
 けっしてそんな事の無い様に、というIGDAからメッセージなのでしょう)

●物語の構成、作り方についての話が多かった事。
 (これは当然ですね)
 
●物語の作り方に関しては多くの人が近い内容(プロット立てとキャラ作りの重要性)を話していた事。

●18禁要素が比較的高かった事(笑 

●「作品を売る事」に対して、これまでで最も正面から向き合った会であった事。
 (この点に関して、今回講演者にフリーゲーム作家の方がいなくて良かったとも思ったり)

●これまでは個人・チームでいかに作るかという話が多かったのに対し、
 今回は「外注は使って当然」というスタンス感が大小あった事。
 (別に外注を使う事に文句があるわけではないですよ)

●なぜかSVN(サブバージョン・バージョン管理システム)の話がよく出てきた事。
 
●本来動的ゲームの側で出てもおかしくなかったはずの「プレイ動画」関連についての話が出た事。
 
●SIG-Indie第2回研究会で出ていたオリジナリティについての話が今回も出ていた事。
 (今回は押しの強い意見もあったせいか、非常にハッキリとした答えが出ていました。
  前回の神奈川電子さんの話等とも合わせるとオリジナリティの答えが見えたように思います)


正直な所、今回はSIG-「Indie」だったのか怪しい部分もなきにしもあらずで、
ノベル・ADV側の空気を感じずにはいられませんでした。
(中には趣味ではなく仕事の一つと捕らえて作っているという方も)

それでも、内容については非常に楽しくて、十二分に「行ってよかった」と思える会でした。
今回は文章ではとても伝えきれない部分が非常に多かった為、
(特に資料を使わずに口頭で全てを話した飯島多紀哉さんと樹原新さんの講演)
文で読むと誤解を招くかもしれないという部分もあるかもなーとか思いました。
ハッキリ言えるのは、上記のお二人の講演は本当に良いものであったということです。
個人的には特に樹原新さんの講演が素晴らしく、話を聞けて本当によかったとすら思えるものでした。

---

・DeskTopLive.xna

img475.jpg(40132 byte)

2時間のライブプログラミングイベント。
大尊敬するABAさんが目の前でプログラム書いてるのを見て大感動。写真に取らせていただきました。
自分がゲーム作るきっかけの一つでもあるABAさんが!目の前で!プログラム書いてる!
私は盛り上がる会場の中、一人静かに深い感動に包まれて涙するのでした・・・。

ニコ動に出たりSIG-Indieの方でも名前が出たりで大活躍な
こびとスタジオの方ともお話が出来たりでとても楽しいイベントでした。
あとVJが鉄機コントローラ使ってたのが面白かったですw
でもお酒は飲み足りなかったし荷物置く場所もなくてそういう面ではしんどかった。

img476.jpg(66474 byte)

XNA、XBOXインディーズゲームはこれからどうなって行くんでしょうねぇ。
頑張ってもっともっと盛り上がってほしいです。
 

#331 2009.09/09
●再販とかアンケートとか

こないだどうこう言ったばっかりなのに、とらのあなでディアドラエンプティを再販中です。
アンソロ本も委託したかったのですがダメでした。うわーん。

それと他サークルさんがたまにアンケートやってるのを見てうらやましくなったので、
ウチもサークルに関するアンケートを作ってみました。
今後のサークル活動の参考にさせていただこうと思っていますので、是非ご協力お願いします。

---

・新作の話とか
というわけで、新作はアクションゲームです。
完成度は現在10%程度で、一応制作は進めてはいるのですが大分迷走しています&なかなか思うように進んでいません。
思い切ってやっちゃった方がいいんでしょうね、こういうのは。
まじアクション難しいです。まあなんとかがんばって進めて行きたいです。
 

#330 2009.08/31
●「スケブおねがいします!」

C76番外編!
今回の夏コミの密かな企みとして、「他サークルさんにスケブを書いてもらおう大作戦」を実行してきました!
しかも「icewindさんへ」なんて書いてもらっちゃったりして!ウヒョー!
これでウチのサークルにも箔が付くってもんですよ!!(?)

というわけで、今回はまじ貴重!豪華秘蔵スケブを大公開しちゃいます!

img470.jpg(67312 byte)
まずはprimitivさんの音楽担当のカワノマサキさんのスケブ!
なんという立方体!なんという立方体なんだ!exceptionの音楽ファンにはたまらないぜ!

img463.jpg(65731 byte)
お次は五月雨、RefRainのRebRankのまとめ役・ひねり揚げ隊長ことYOKOさんのスケブだ!
RefRain完成楽しみにしてますよ!ひねり揚げの同人誌まだですか!?

img464.jpg(68837 byte)
ニコ動で"怒首領鷲"の動画を公開していたEagle966さんのスケブです!
なんだと!?許さん!!はやくオリジナルのSTG作ってください!

img461.jpg(72552 byte)
左はあるふぁー秘密基地のD.K.さん、右はおめがの( ゚ワ゚)ノさんより頂きました!
なんと今回、念願叶ってついにゲームヘルさんの「ゲームの箱詰め」を手に入れる事が出来ました!
コミケに来るようになって4回目、やっと手に入れる事が出来ました!
いつもいつも売り切れててなかなか手に入らなかった!長かったなー!
アクションゲームですって!?大変なの知ってるくせにこのこのー!

img465.jpg(65624 byte)
SITER SKAINのじるるんさんのスケブ!すごい!ハートマーク付きだよ!
これがあのALLTYNEXを作った人のイラストだなんて!興奮で鼻血出ます!

img466.jpg(62771 byte)
エーテルヴェイパーや極悪花咲地獄妖精フリージアでお馴染みの、えーでるわいすのなるさんのスケブ!
おお!おおお!?あれれ!どういうこと!?
なるさんのページにある「すいかわり」マジオススメ。

img467.jpg(30889 byte)
PlatineDispositifの紫雨さんのスケブだ!!す、すげーー!!ってあれーーーー!?
しかもリーフ星人化しているという。一体なぜこんなことに・・・!

img472.jpg(54111 byte)
この夏の最大の失敗は、永久る~ぷのheppokoさんにスケブを描いてもらった事!!!!
しかも下モザイク部分が密かに紫雨さんとの合作になってると来たもんです!
豪華だけどなんか色々間違ってる!絶対間違ってる!

img468.jpg(67612 byte)
グラナエンブレイス等のClassic思考回路、蔵敷さんのサインだイエイ!ハートマーク付きだよ!
蔵敷さんのサインも貴重な気がする!ありがとう!ありがとう!

img473.jpg(32280 byte)
夜光蛾やみっくすまるちぷらいのArtesneitの坂葉さんのサインだすげー!!!!
初対面だったのに突然押しかけて&サイン頂いてありがとうございました!!

img469.jpg(28749 byte)
井戸から落ちてニャーンと鳴いて死ぬネコミミフィールドを作っているねこみみのかけらのDouglas.Dourg.さんのサインです!
プログラマーさんのサインとかマジ貴重だ!

img460.jpg(69622 byte)
今回お手伝いしてもらったWindForceさんのお知り合いの、ねこでんわの倉崎さんのスケブ!
そうそう、こういうのをスケブっていうんですよ皆さん!ノベルゲー作ってるらしいので完成版に期待しましょう!

img471.jpg(67808 byte)
見てください!なななんと橙汁のJunpyonさんにスケブ描いてもらっちゃいました!!
うひょおおおお!!これはやばい!多分もう二度と書いてもらえない気がするので大事にします!

img459.jpg(80147 byte)
そして最後は改めてPlatineDispositifの紫雨さんのスケブ!!!!
そうだよこれだよふおおおおマジうれしくて涙出ます!

---

というわけで、思っていた以上の素晴らしいスケブになってしまいました!
描いてくださった方々、お忙しい中ありがとうございました!宝物にします!!まじありがとうございました!
うひょー!
 

#329 2009.08/22
●C76に行ってきました!

去る8月15日にコミックマーケット76に参加してきました!
参加された方はお疲れ様でした!スペースに来てくれた方、ありがとうございました!

今回、同人ゲームは東館でしたね。
なんか凄い列が会場内に出来てて色々酷かったりしたそうですが、ウチは至って平和でした。

そうそう、今回はなんと初めての島端だったんです!わーい!
primitivさんとの合体サークル効果もあったのだと思いますが、まあとにかく初めての端っこ体験。
端っこは島中よりもちょっと広くていいですね。荷物が少し多く置けるような気がするし、島中よりも出入りが楽だし。
(とはいえ島中で左右知らないサークルさんと楽しくお話して1日過ごすのもとても好きなのですけどね。)

img448.jpg(87167 byte)

スペースはこんな感じでした。
実は今回、コミケにサークル参加して以来初めての「どこにも委託してない・どこからも委託されてない」だったのです!
初めての自分だけの場所!わーい!ということで、今回はB5ノート、ネットブック、PSPを使って
「ときのあくま」「ディアドラエンプティ」「新作ACT」と、三つの動画を流してみました!わお!
となりにDE本を置けば、なんとサークルの歴史大集合です!うん、ちょっと感動!涙がほろり!

img451.jpg(95077 byte)

隣は立方体ゲーのprimitivさん。
残念ながら新作は落としていましたが、それでも旧作exceptionはアーケード化したこともあってかとても人気があり、
既刊は早いうちに品切れになっていました。
今回はexceptionの音楽を作曲されたカワノマサキさんも参戦されていました。
でもカワノさんは残念な事に大のリラック魔好きという事なので、
モフィ側の私はカワノさんガン無視&徹底的な交戦的姿勢をとり、確固たる攻撃的意思を示してきました。
モフィのみなさん、私はまだ戦い続けています。どうかみなさんも諦めずに戦いを続けてください!

img452.jpg(103957 byte)
リラック魔の食生活の図

島角なので今回は左のお隣はいません。ちょっと寂しいです。
ちなみに背中後ろはMysteriousProductsさん。こちらも残念ながら新作を落とされていました。
MysteriousProductsさんの更に向こうはCrimzon Cloverの四ツ羽根さん。
今回はCrimzon Cloverは体験版Ver0.1でしたが凄い出来でした!完成版が楽しみです!

img453.jpg(175932 byte)

---

はてさて、今回は知人??のWindForceさん、Eagle966さんに買い出し等を少し手伝ってもらいました。
ありがとうござました。

朝7:30に国際展示場でお2人と待ち合わせの約束をしていたものの、誰かさんがなんと40分も遅刻してしまい朝からあたふた。
おかげで密かに計画していたあいさつ回り大作戦が水の泡になってしまいました!くやちい!!
まったくもー、困るなぁ遅刻なんて。誰だよ遅刻とか。え、私が遅刻した?あ、そうですね。ごめんなさいまじごめんなさい。

というわけであたふたしながらスペース準備&ご挨拶に来てくれた方とお話しているうちに、あっという間に開場。
超絶あたふたあたふた。

今回は売り子お手伝いさんは頼んでいなかったので開場後も一人であたふたあたふた。
暇を見つけてはリラック魔好きのカワノさんに悪口を投げつけて、またあたふた。

あ、差し入れを下さった方、ありがとうございました!
朝あたふたしたせいでごはん食べずに出発していたのでとても助かりました!
食べ物も飲み物も大助かりです!まじで!

---

さて、あたふたしているうちに午前中が終了してマッタリモードへ。

そうだ、今回謝らなければならない事がありまして、
以前の雑記で「新作ACTは沢山作ったのでゆっくり来られても大丈夫でしょう」と書いたのに、
午前~お昼にかかった辺りで新作ACTが売り切れてしまいました。うれしいんですけれども、ごめんなさいです。

予定では14時くらいまでは持つ予定だったのですが。この辺ちょっと考えが甘かったというか、反省すべきだなと思っています。
100円とはいえ少なくとも材料費だけで見れば赤字にはなっていないのだから、もっと多く作っても良かったんだろうなと思います。
数に関してはなかなか難しいですね。

あと、CDRの品質を変にケチって安い物にしてしまったせいで、ドライブ相性か何かでデータ読めないケースがあるかもしれません。
一応R焼く時にデータちゃんと書き込まれてるかチェックはしていたのですが、うーん。
すでに何件か読めないという報告を頂いているので、読めない方がかなり多いんじゃないかと心配してたり・・・。

---

午後は、13時頃にめでたく全ての配布物が無くなったので、その後は楽しい探索タイム!

img449.jpg(102490 byte)

img456.jpg(52596 byte)
お隣も品切れ御免!

以前パインアメアタックを喰らった仕返しに、Classic思考回路さんに辻パインアメしてみたり、
ずっとお話してみたかったArtesneitさんに作品持っていってみたり。
ウチのスペースで流していた新作ACTのムービーを眺めていたえーでるわいすのお2人を後ろから眺めて楽しんでみたり。
あとは定期的に自スペースに戻ってカワノさんと戦ったりしていました。

個人的に気になっていたリーサルクライシスの大雪戦さんとマリオネットアンティーク2のRootsさん、
その他幾つかのサークルさんにご挨拶に行こうと思っていたのですが、
忙しそうだったり場所をメモ忘れしたりでご挨拶に行けませんでした。残念。

印象的だったのは、PlatineDispositifの紫雨さんと永久る~ぷのheppokoさん、橙汁のJunpyonさんがウチのスペースに来られて、
なぜか年齢と体重の関係について真剣に話していた事でしょうか。
いや、あえてこの場でそんな話しなくても!もっと別な話しましょうよ!ぐああ!!

そうこうしているうちに、いつの間にかお隣のprimitivさんが撤退されていたので、ウチもつられてあたふたと撤退。
帰り際にもいくつかお話したい所があったのにあたふたしてしまって失敗失敗。

そんなこんなで楽しいコミケは終わり。帰路に着いたのでした。

---

というわけで、今回の夏コミはひたすらあたふたしてばっかりでした。

朝からぐちゃぐちゃで挨拶周り大計画も失敗しましたし、慌ててたせいで写真を撮るのを忘れていたり、
売り子さん無しで自分でお会計から何からやったせいで、来てくれた方とロクにお話も出来ませんでしたし、
体験版や既刊は明らかにもっと持ってくるべきでしたし、飾りつけとかももっと遊べたかなぁとか、
体験版のCDR品質とかその他もろもろ・・・。

とにかく今回は反省することだらけ。
コミケ参加は今回で4回目だったので大分慣れたつもりだったのですが、うーん、油断しましたね。
次回参加するときはリラック魔好きに出会ったらすぐに直接攻撃を加えるくらいのつもりで、油断しないようにしましょう。

コミケ後に恒例の飲み会があったのですが、
そちらはsectionSさんが色々書いてくれているのでそちらを読むといいかもしれませんよ。

---

はてさて、今回の夏コミはアクションゲームがいい感じのが多かったなーという印象。
上記のマリオネットアンティーク2、リーサルクライシスはもちろんの事、
LION HEARTさんのMystical Chainや、ももかん遊撃隊さんのねこみこブースター等もかなり面白そうです。

STG周りでは前述の四ツ羽根さんのクリムゾンクローバー、KIT-Stationさんの大魔砲少女、
Artesneitさんのみっくすまるちぷらい、瞬殺サレ道?さんのSUPERまてまてレーザー等が気になるところ。
(まてまてレーザーは先日、WEB体験版が公開されたようです)
まだ買った作品全部遊んでいないのでいい作品はまだまだあるのかもです。

もし今回の注目作あげれって言われたら、私はこれを上げます。
サークル暫定企画さんのAxis Posesでしょう!

img457.jpg(42769 byte)
どうやらシューティングゲームのようです。
魔法少女?とかいるみたいです。

img458.jpg(39383 byte)
ええっ?

img455.jpg(45951 byte)
どういうこと?

img454.jpg(51192 byte)
なんなんでしょうねこれ。どうしましょう。

WEB体験版があるようなので、是非一度プレイしてみてください。
WEB体験版はC76版よりも攻撃パターンが少なかったり英語表記だったりでC76版よりも魅力に欠けるのが残念ですが、
これはかなりオススメです。まじでまじで。超おすすめ。

---

というわけでC76特集でした。
ご挨拶に来てくれた方、作品の感想をくれた方、ありがとうございました!とても楽しかったです!

C76話、次回に続く?
 

#328 2009.08/09
●真夏の残念お知らせ

・残念お知らせその1

新作ACT体験版で、見事にチェック抜けをやらかしてしまいました。
ごめんなさい超ごめんなさい。

症状としては、セッティングデータ無しの状態でゲーム本編を起動すると、
ディスプレイ表示が正常に行われない、音楽・効果音の音量がゼロ、キー設定が正しくならない、
等の不具合が出てしまいます。

対処法としては、ゲーム本編を起動する前に「Setting.exe」を起動し、以下の設定を行ってください。

・Window ModeをWindowに変更
・Display Sizeを適切なサイズに変更
・各KeySettingをそれぞれ重複しないように設定
・BGM Volumeを好みの音量に設定
・SE Volumeを好みの音量に設定

よろしくお願いします。

また、Ver0.11では、VSync、Softwear 60FPS、Vibration、KeySettingのEXTRAボタン、POSEボタン、
その他未実装の機能がいくつかあります。

---

・残念お知らせその2

DE本を40部ほど夏コミに持っていく予定でしたが、先のメロン委託で在庫がほぼカラになっていたのを完全に忘れていました。
慌ててなんとかしようとしたのですが、気付くのが遅すぎてなんとも出来なさそうです。
ごめんなさい超ごめんなさい。

家を漁ってなんとか10部だけ発見したので、当日はそれを持っていきます。(全て第二版です)

---

あと、今回も取り置きメールを頂ければ取り置きしておきますので、
欲しいものがあるという方はどうぞ遠慮なさらずにメールください。

なんだか色々残念でごめんなさい。何故こんな事に・・・!?
ではでは。

img447.jpg(31439 byte)
 

#327 2009.08/04
● 近況とか夏コミ配布物とか

どうもこんにちは、icewindです。しばらくぶりの更新です。
夏は暑いですね。


・近況

色々あってここしばらく新しい仕事を探していたのですが、最近やっと決まりました。
就職活動は決して楽ではなかったけれど、おかげさまで良い所に行くことが出来ました。

個人でのゲーム製作を始めてから、これまでは思いもよらなかった沢山の制作を通しての影響を受けてきましたが、
今回の就職活動でもまた予想もしなかった影響を受けてしまいました。
人生何がきっかけでどう変わっていくのか分からないものだなとつくづく感じています。
(そしてそれによって失ったものがあることもまた忘れられませんが)


・新作

それを言い訳にしていいのかわかりませんが、
良い仕事に出会えた代わりに制作に全く身が入らない数ヶ月でもありました。

夏コミ新作は、それはそれは驚くほどの低い完成度になります。
バージョンで言えば「Ver0.11-マダココマデシカデキテナイヨ版」になります。
前作初公開の「動作確認版」がVer0.71くらいだった事を考えれば、Ver0.11がいかに低い完成度なのかがもらえると思います。
正直言ってこれを人前に出すのは恥ずかしいくらいなのですが、まあ仕方が無いので出します。
あくまで「ただ動かせるだけのバージョン」として受け取ってもらえればと思います。


・夏コミ

というわけで、夏コミラインナップは以下の通りになります。

  ときのあくま:20部くらい 500円
  ディアドラエンプティ:50部くらい 1200円
  DE本:50部くらい 500円
  新作アクション:たくさん 100円

それぞれ委託より若干お得なコミケ価格になってます。
ディアドラとDE本はこれが最後の手持ち在庫になります。
本にしろゲームにしろ現実的に考えてショップ再委託は難しいので、プレス、再製本は今のところ全く考えていません。

新作ACTに関しては、完成度が低いにも関わらず、つい手が滑って沢山作ってしまいました。
「どう考えても余るな」という数なので、「新作ACTだけ欲しい」という方はゆっくり来られても大丈夫でしょう。多分。


という感じです。
新作については、うーん・・・期待しないでね!
それでは、夏コミでお会いしましょう!
 

#326 2009.07/15
● IGDA SIG-Indie第2回研究会に参加してきましだいだらぼっち

こんにちは、icewindです。得意技は道に迷う事、苦手な事は地図を読む事です。
去る7/11に、同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)第2回研究会「ゲームデザインとメイキング」に参加してきました!

img439.jpg(74694 byte)

会場は前回と同じく東大正門付近、文京学院大学・本郷キャンパスなのですが、
私は東大付近に行くと何故か高い確率で道に迷うというジンクスをかかえていまして、
実に今回も余裕で迷子になりました。今回は特に盛大に迷ったのでせっかくなので迷ったルートを地図に書いてみました。

img438.jpg(453732 byte)

それにしてもなぜこんなに遠くまで・・・。 開演が13:30だったので、実に50分ほど遅刻してしまいました。
ちなみに現在東大付近に行った回数は今回含めて計5回。その内、道に迷った回数は4回です。
はてさて、次回も迷うでしょうか。東京の道は難しいです。

---

迷子はともかく研究会ですが、
内容についてはこちらに他サイト様のレポートへのリンクがあるので参照してみてください。

CCSWS別館 IGDA SIG-Indie 第2回研究会「ゲームデザインとメイキング」感想まとめ

私からは要所要所について適当に感想とか写真とかを。

---

●第1部について
遅刻したので全部はわかりません。うわぁぁん。
IGDAのこれからの予定として、

  9/ 2 第3回研究会ノベル系をテーマに行う
   10/10 第4回研究会 XNAでやりたい旨をMSから提案されている
   10/24 同人・インディゲームプレゼンジャム(仮)
   
  らしいです。
 
  同人・インディゲームプレゼンジャムってなんじゃらほい?
秋葉原UDXを借りる予定
センスオブワンダーナイトのようにゲームを開発した人がセルフプレゼンする予定
詳細はこれから詰める
へー。

・プロが趣味的に作っているケースが多い、プロによる同人活動が多い
私がお会いした中でも「実はあのサークルの人はプロだった」というのは確かに多かったです。
(別にあえて隠しているわけではない・隠さなければ活動できない、これは人それぞれ)
実際、IGDA・SIG-Indieでこれまで壇上に上がってきた方々にもプロの方が多かったはず。
大手と言われるサークルほどプロ関連の人は多いという印象を持っています。
ただ、そういう話は多分海外でも同じですよね。

・商業から見てインディーズは自由でうらやましく見える
自由にやりたければやればいいじゃないですか。とか責任無く言ってみる。

・制作が大規模 → 時間がかかる → 次世代が育たない
・10年で何本経験できるだろうか。下手したら3本?
この手の話をよく聞きますが、実際にはプロの方はインディーズに対して、
個人での製作経験を経験としては見ていない、という印象があるのですがいかがですか?
(なんかこの辺言ってる事がどうにもちぐはぐなんですよねー)

第一部は前回と同じく、商業から見るとインディーズは楽しそうだねー&おいしそうだねー(ジュルリ
の話だったような印象。

---

●画面作りから見るゲームメイキング(Easy Game Station)

エフェクトツール、イベントツール、3Dポリゴンビュ-アー等各種ツールを制作、
企画からイメージ作りまで何もかもが本格的。

神奈川電子研究所さん曰く
「Easy Game Stationさんは名前がイージーだけど作ってる内容はイージーじゃない!」


Q:初めての人はどういうものから作り始めるのがよいか。
A:やはりまずは2Dのゲームから作ってみるといいと思う。最初から3Dはお勧めできない。

私もそう思います。いや、私は2Dしか出来ませんが。
2Dといっても素材は出来るだけ少なく済むようなデザインにするのが重要だと思います。
プログラム的には3Dより2Dの方が簡単なはずですが、グラフィッカにとっては必ずしもそうではありません。
一作目はとにかく無理しない事が大事なのでは、と思っています。

Q:開発規模は?
A:PG2人グラフィック1人でほぼ1年/1作。音楽は外注している。
は、早い・・・。

Q.まず絵を用意するとのことだが、内容的に夢が広がりすぎてゲームのアイデアが膨大化しないか?
A.プログラマの能力が高いから割と何とかなる。一応できる/できないの確認を企画段階で行う。
多分チームとしての統率と経験から、全員がどんなものが作れるのかよく理解してるなーと予測。

Easy Game Stationさんの作品レベルの高さは、
チームレベルの高さと各人の総合的なレベルの高さから来ていると分りました!
ガッテンガッテン!って参考になりません!!

---

●あかんゲームとええゲーム(神奈川電子技術研究所)



驚いたのは何といっても企画ペースのスピード。

・ゲーム製作の流れ
1,2週目:企画人員決定
3週目:ゲームの骨格完成
4~8週目:製作中盤(ゆっくり)
9,10週目:製作終盤(ラッシュ)

約3ヶ月で1本作るペースで、年に2,3本くらい作ってるそうです。
早すぎ!!

・没にならないゲーム製作の特徴とコツ
プログラマが中心となって製作の指揮をとる
納期を決めてそれに向かって作成する
納期に間に合わせつつギリギリまで製作したいので、作っても作らなくてもいい部分を決めておく

短期間で作るための計画性に対する意識が非常に高いことが伺えます。
プログラマが中心となって製作の指揮をとる、という部分は、
多分グラフィッカでもなんでもいいと思うのですが、
大事なのは全体を見通せる人が決定権を持って製作の指揮を取る、という事だと思います。
作っても作らなくてもいい部分を決めておく、というやり方があるのですか。
なるほどなるほど。そういうやり方考えたことも無かった。



・ゲームの動きをパクる
・実物をパクる
・理論や学問をパクる

パクるというと聞こえは悪いですが、それは
アイデアは「思いつく」のではなく「自分の経験から思い出す」
という裏づけあっての考えだそうです。
また、アイディアは蓄積によって生まれるものとも。ふむふむ。
ただし、加えてこうも。
「パクりすぎには注意してね!!」

Q:その制作スピードは経験から来るもの?
A:昔から早かった。でも最初はボリュームが少なかったが、
経験を積む事で昔より多く早く作る事が出来るようになった。

高い計画性と発想の論理が早さの秘密でした。
あと、それをまとめられるリーダーシップが強力なのだろうなと感じました。

---

●メンバーの個性を生かすゲーム作り(チームグリグリ)



メンバー同士が家庭内別居のような状態だった!
(別に仲が悪かったわけじゃない)

そんな状況を解決したのがミドルウェアだ!

経験的にいいゲーム、練りこまれたゲームを作る会社は、
総じてミドルウェアが優秀だったのでミドルウェアを作った!

ミドルウェアを見れば各メンバーの進行状況、作る必要がある物が一目瞭然だから、
連絡を取り合わなくても制作がスムーズに行えるぞ!

そもそもコープスパーティブラッドカバーは
ミドルウェアを作るために作ったようなものだったんだ。
へー。

---

●ゲームルールをデザインするね(OMEGA)



そもそもゲームとは何か
うまくできたら誉め、やって欲しい事に誘導するんだ。
面白いとは刺激だ→刺激ばかりでは飽きるのでリズムを与えよう

バリエーションとリズムが大事。まじで。
30秒・3分・30分の3の法則オススメ。超オススメ。



初心者のフォローと上級者への目的
上級者に対しては、自分(製作者)自分が楽しめるように調整すると自然と上級者向けになる
でも初心者のプレイは自分では想定出来ないのでテストプレイヤーさんに遊んでもらおう
テストの際にはコンセプトが伝わっているか、足りない・多すぎる部分、仕様抜けなんかを確かめるんだ
テストの人と相談して修正。悪い部分は壊してしまえ!
テスト。修正。テスト。修正。

うん、テストは大事ですね。
ウチのディアドラの時もテストプレイヤーさんのおかげで完成度が段違いに上がったと思ってます。
作る側としては、テストプレイヤーさんにどんな意見が欲しいのかを
ある程度決めておくと良いのではないでしょうか。

Q:どのようにしてテストプレイヤーを確保するか、
A:こっちこそ教えてほしい

せっかくなので私にも教えてください。

あと、こないだおめがさんの家に遊びに行く機会があったのですが、
武装神姫が沢山飾ってありました。

---

●HPSプログラムコンテストの紹介と取り組みについて(オニオンソフトウェア)
2D物理エンジンOBAQ(読み方はオバック。オバキューじゃないよ!)とかも増えてHSP盛り上がってるよ!
HSPTVに今すぐアクセス!
---

●ディスカッション

一番楽しみにしていたディスカッション。
今回もなかなか面白い内容でした。



・少人数でも作れることの周知
「ゲームが少人数で作れることを知らない人が多いのでは?
「技術的に難しそうに見えるが、実は簡単に作れるライブラリやツール等があり、
それを知っているかどうかという部分は重要なのではないか。

私の場合プログラムはさっぱりだけどDXライブラリのおかげで作れました。
DXライブラリでなければ多分HSPで作っていたと思います。
確かに決して難しくはないですし、自分のレベルに合わせて使う道具を選ぶ事が大事なのではないかと思います。

「プレイステーションからゲームに入ったような人はゲーム=大規模という意識があり、
ある程度のものでないと納得行かないのかもしれない

小規模なものでも見せ方を工夫すれば結構なんとかなったりするので、
工夫したりしなかったりしてみると良いのではないでしょうか。
最初は身の丈にあったものを作るのが大事だと思うので、最初から無理しないようにしてください。
無理はサークル崩壊の始まりです。

「超一流だけが残ってそうでない人たちが削られてしまうのが辛い。
「頓挫というより自分から引っ込めてしまうケースはかなり多いのではないか。
今は超一流の二次創作とかあるので大丈夫じゃないでしょうか。
超一流じゃなくて一次創作だと色々苦労することうけあい。まじでまじで。



・どこからがオリジナリティなのか。
「完全にまねるのは逆に難しいくて、自然に癖が出る。その癖もオリジナリティと言えるのではないか
「完全オリジナルで全然知らないものは面白くないとも言える。(知っているからこそ楽しめる)
「ゼロからのオリジナリティはやはり難しい。
「パクリを複数を組み合わせればオリジナルになる。
「特にオリジナリティについては考慮していない。思うように作ればいいのではないか。

「オリジナルで作ってもアレと似てるねっと言われるのはどうしてもある
「これは○○だ、と言われるようなものは作らない。
「ウチのゲームにオリジナリティを感じるのなら、それは自然ににじみ出いているもの。

オリジナリティとは一体何でしょう?
ゼロからの創作でなければオリジナルではないのでしょうか。
>これは○○だ、と言われるようなものは作らない。
私のディアドラエンプティはファンタジーゾーンですが、
果たしてこれをオリジナリティがあると呼べるでしょうか?
また、もし私がFZについて一切触れていない、
あるいは、この作品はFZからインスパイアされた物ではないとハッキリ断っていたらどう感じられたでしょうか。

アイディアの発展をオリジナリティと考えているかどうか、
また個々人のオリジナリティの許容範囲に差があるのだなと感じました。

・昔は雑誌等に乗っている既存のゲームのコピー、改造から始めていた。
今の人はそういった事はあまりしないのだろうか?
「模倣するにしてもゼロから作る。
「ゼロから自分で組み立てる事に重要さを感じる
「跡形もないくらい徹底的に改造して使う。お勧め。
「HSPのプライグインという形で既存のものを大量に使用している。
「基本部分は既にあるものを使い、そこから自分の作品向けに応用部分を自分で加える。

この部分は、それぞれが作る行程においてどの部分を大事にしているかがポイントなのかと感じました。
ゼロから組み立てる経験を大事にする人もいれば、組み立てよりもアイディアの実装に重点を置く人もいます。
また、ゼロから作りたくても作業量的にそれは難しいという場合もあります。
その場合ですら、作品の完成は目的ではないのでゼロから作る、という人もいますし、
作り上げる事に重点を置き、手っ取り早く作る為に既存の物をどんどん使うという人もいます。
結局の所、何を目指すのかという事になるのでしょう。

Q:一日どのくらいの時間作っていますか? 
A:洗濯機を回している間

・インディゲーム市場が今より大きくなったら?
「仕事に出来れば嬉しいが、障害となっているのは収入的なリスク。
「商業と比べた市場の小ささを考えるとなかなか難しい。
「会社では企画立ち消えがあるけど、同人では自分が望めば必ず出せるので
ある意味同人のほうが安定してるかも?
「そもそも自分のゲームを売っていいのか?というものがある
「同人ゲーム一本では収入が途絶える危険を常に感じるだろう

売れてる人は超売れてるみたいですが、
普通の人にとってはインディーズゲームの市場は
それで生活していけるほどのものでは無いと考えています。
あえて偏見を含めて言えば、一般ゲーム作りつつ平行して18禁CG集とかも作ったり、
普通にアルバイトも平行したりすれば生活は出来るかもしれませんね。
とにかく同人ゲーム一本での生活は大分難しいかと思います。
でも二次創作分野ならどうなんだろう。

---

今回も色々な話が聞けて楽しかったです。
今回はHSPが出たので、今後もっと作るという考えに対するハードルを下げるという意味で、
ツクール関係の方やSTGビルダー関連の方の話なんかがあると楽しいかなと思いました。
んーでもインディーズの話を商業の方に対して行う、という趣旨が強い感もあるので、
そういうのは違うのかな?

それでは最後に今回のピックアップポイントまとめ

・東京のバスはどこまで乗っても先払いの定額制。
・途中でプロジェクターが映らなくなって大変大変。
・来ているはずのi-saintさんが会場に居ないなーと思ったら、実は盛大に寝坊していた。
・初めてネットブックを外に持ち出して使った。楽しいけど重い。
・上野周辺ではよく人に道を訪ねられる。自分も訪ねる。
・道に迷ったら早めに人に訪ねよう。東京に来てから何度もそれで助けられた。(今回は油断した!

次回の目標
「遅刻しない。道に迷わないで会場に着く。寝坊しない。」

 

#325 2009.07/10
● 久しぶりに絵を描きました。

img436.jpg(38009 byte)

img437.jpg(48178 byte)

img435.jpg(70890 byte)

久しぶりに絵を描きました。なかなか上手く描けたので満足です。

それはともかく、アーケード版exceptionのロケテが
新宿南口ワールドで7/9~15、秋葉原のHEYで7/17~26、辺りに行われるそうです。(確定情報なのかは不明)
なかなか気になる所。近くの方は覗いてみてはいかがでしょうか。
 

#324 2009.07/09
● 今日の日記

私の住んでいる所では猫をよく見かけます。
外を5分散歩すれば少なくとも一匹は見かけます。

今日は道端でつぶらな瞳の人なつっこくて細身の大変可愛らしい黒猫に遭遇したので、
十分に油断させながら慎重に接近して、思いっきり脅かしてやりました。
猫ちゃんは大変驚いたようで、全力で逃げていきました。

皆さんは動物を苛めないようにしてください。
 

#323 2009.07/06
● 4人目のプリキュア

img432.jpg(90724 byte)

キュアパインファンの皆さんこんにちわ。
あ、いえいえ、そんなに否定しなくてもいいですよ。
このページを見ているという時点で、もうあなたがキュアパインの大ファンだと言っているようなもんじゃないですか。
大丈夫ですよ、もっと胸をはってキュアパインが好きだとアピールしていいと思いますよ!

それにしても、フレッシュプリキュアを毎週欠かさず見ている皆さんも感じている事だろうとは思いますが、
最近のブッキー(キュアパイン)の空気っぷりといったら・・・心が躍りますね!
もしかしたらあのクソ小動物どもよりも存在感が無いのではないでしょうか?
もう敵の殴られ役、吹っ飛ばされ役としては大分定着した感すら漂っていますしね。
このままだと、噂の4人目のプリキュアが登場した後は今以上の空気になってしまいそうですね。今から楽しみです!

img434.jpg(43886 byte)

それにしても4人目のプリキュアって一体誰なんでしょうねー?
やっぱりカオルちゃんでしょうかね。それとも4人目のプリキュアもブッキー?それも悪くないですね!
え、イース?いやいやそんなわけないでしょう。だってイースはイースですよ?

img433.jpg(84825 byte)

来週のプリキュアが今から待ち遠しいですね!

#322 2009.06/30
● スクリーンショット

これが次の作品のスクリーンショットです!!!!

img431.jpg(81169 byte)

これは一体何ゲーなんですか!?
誰か教えてください!!

#321 2009.06/26
● あ、ぽこたんインしたお!

こんにちわ、ぽこたんです。
最近とても暑いですね。



最近はよくリアル人生オフラインにログインしているのですが、大分しんどいです。
自分は無力だなぁとつくづく思い知らされて、ただただへこむ毎日が続いています。
きっと自分は間違ってたんだろうなと思わざるをえません。

こんなに下向きになったのは人生で多分2回目か3回目くらい。
これまではなんとかなったけど、今回は一体どうしたらいいんだろう。
何も出来る気がしません。


正直に言うと、ここ数週間くらいゲーム制作に殆ど手を付けていません。
とても身が入りません。

とはいえ、夏コミには"とりあえず触れる"だけの物は持って行ける予定です。
体験版的なものは正直な所余り出したくはないのですが、受かってしまったので仕方ないです。
期待しないでお待ち下さい。

---

しらゆきひめはどうしても見つからないので、結局Amazonで注文して購入しました。
大変素晴らしいです。レビューは後日にでも。

#320 2009.06/20
● しらゆきひめ その2



近所の本屋を回ってみましたが、しらゆきひめがなかなか見つかりません。
もう出てるはずなんだけどなー。

#319 2009.06/08
● しらゆきひめ



POP先生の絵本シリーズが完結するそうです・・・。


POP先生の絵本シリーズが完結してしまったら、
私はこれから一体どうやって生きていけばよいのでしょうか?
何を心の支えにして生きてゆけばよいのでしょうか?

しらゆきひめの配本予定日は6/19だそうです。
その日、私は喜びと共に大きな悲しみに包まれるでしょう。
未来への希望を失った時、人の心は一体どうなってしまうのでしょか?


私はもうダメです・・・。
しらゆきひめを手に入れて、そして私のサークル活動も終わりにすることにしましょう。
それがいいです。きっとそうするべきなのでしょう。

皆さん、この小さなサークルに今までお付き合いいただきありがとうございました。
短い間でしたがとても良い思い出になりました。

それでは、またいつかどこかでお会いしましょう。

#318 2009.06/05
● 夏コミ

夏コミの当落が出始めましたね。
ウチも一応応募はしてたのですが、はてさてその結果は・・・



「受け取る」にチェックを入れるのを忘れてたおかげで現在当落不明です!
まあよくある事ですよねハハハハハ。ハハ。
なので、当落結果はもうちょっと待ってネ!



と思ったら、メール設定してなくてもわかるという事を教えていただきました。
はやとちりですね。ハハハ。

というわけで受かりました!
土曜日 東地区 "R" ブロック 08b
だそうです。わーい。

・・・え、受かっちゃったの?
うっ、どうしよう・・・。

---

メロンブックス通販のDEアンソロジー本が売り切れたようです。
手に取ってくれた方、ありがとうございました!うれしい!

#317 2009.05/26
● HIMOJII YOU~

まずはイラストば見でしてけろだば。
一見するどこれは7歳が「ヒモジイ・ヨウ~」ど言ってきやしうサ見えんずや。
だばって、わんつかばし待ってしてけろだば!ほんまサこれは「ヒモジイ・ヨウ~」ど言ってきやのだべか?

わんどの考えはごぐ簡単サ一つの方向サ流れがちだ。
「HIMOJII YOU~」(ヒモジイ・ヨウ~)サついてもわんどは凝り固まった見解ば行い、
誤った捕きやえ方ばしちゅうハデねしだべか?
もしそうだどしたきや、これは由々しき事態だ。のんどがしねどのりね。

まず、ストーリーど状況がきや「HIMOJII YOU~」ば「ヒモジイ・ヨウ~」ど読んでしまいがちだばって、
その時点で大きの過ちば犯しちゅうごどサわは気付きたんずや。

"HIMOJII YOU"
冷静サ読んでみればこうは読めねだべか?
"ハイモジィ ユ~"

あっぱり、「お前ばハイモジィしてやるぞ!」つう意味サのるんずや。のんどおかネ事だべ!
この読み方ばするど、イラストが「ひもじぐてマッチで暖ば取ってきや7歳」がきや
「マッチば突き出しのがきや『お前ばハイモジィサしてやるぞ』ど脅しちゅう7歳」サ一転してすまうのだ!!

ゲーム中では何故ひもじい思いばしちゅう7歳がエンジェル達ど共サ戦おうどするのかしぐ分りねが、
こべこてみるど、7歳は「お前達ばハイモジィサするためサ戦う」つうまのご的が見えてきんずや!
どんだんず!人類は絶滅するはんで!!デススマイルズ2はたのしいのあ!

#316 2009.05/25
● HIMOJII YOU~

まずはこちらのイラストを見てください。
一見するとこれは7歳が「ヒモジイ・ヨウ~」と言っているように見えます。
ですが、ちょっと待ってください!本当にこれは「ヒモジイ・ヨウ~」と言っているのでしょうか?

我々の考えはごく簡単に一つの方向に流れがちです。
「HIMOJII YOU~」(ヒモジイ・ヨウ~)についても我々は凝り固まった見解を行い、
誤った捕らえ方をしているのではないでしょうか?
もしそうだとしたら、これは由々しき事態です。なんとかしなければなりません。

まず、ストーリーと状況から「HIMOJII YOU~」を「ヒモジイ・ヨウ~」と読んでしまいがちですが、
その時点で大きな過ちを犯していることに私は気付きました。

"HIMOJII YOU"
冷静に読んでみればこうは読めないでしょうか?
"ハイモジィ ユ~"

つまり、「お前をハイモジィしてやるぞ!」という意味になります。なんと恐ろしい事でしょう!
この読み方をすると、イラストが「ひもじくてマッチで暖を取っている7歳」から
「マッチを突き出しながら『お前をハイモジィにしてやるぞ』と脅している7歳」に一転してしまうのです!!

ゲーム中では何故ひもじい思いをしている7歳がエンジェル達と共に戦おうとするのかよく分りませんが、
こうしてみると、7歳は「お前達をハイモジィにするために戦う」という目的が見えてきます!
なんてことだ!人類は絶滅します!!デススマイルズ2はたのしいなあ!

#315 2009.05/19
● 新しい雑記帳

ざっきちょうを新しくしてみました!
って言っても別に何か大きく変わったわけでもクールでかっちょいい!デザインになったわけでもないですが。
FireFoxで以前の雑記を見ると文字が小さくなると聞いていたので、前々から新しくした方がいいとは思ってたんです。
FireFox使いの方々、今まで読み難くてごめんなさい。

しばらくはこれをちょこちょこいじりながら行こうと思います。
え、いい加減ブログ形式に移れって?うん、やっぱりそうですよね。
まあせっかくなので。

#314 2009.05/19

古い雑記帳へ
もっと古い雑記は色々からどうぞ