浜寺教会について

 太平洋戦争が終わり、まだ間もないころ、浜寺教会は誕生しました。 初代牧師の田中先生は、進駐軍の大阪軍政部で教育関係の仕事をしておられ、浜寺の地に住まれるようになりました。 まもなく請われて開いた、英語の研究会が発展し、有志の青年のためにバイブルクラスとなり、 やがて福音同志会という名称で最初の礼拝をもつことになりました。出席者12名。 以下、下記沿革のごとく歩みを進め、現在現住倍餐会員106名、礼拝出席人数70名前後です。
 設立当時の社会情勢はわざわざ記すまでもなく、教会の土地、会堂が与えられる経緯は、まるで一編の小説のごとくであります。 その後も、語り尽くせぬ歴史の末に、今日を迎えているわけですが、全く、すべては神様の御導きと、言う他ありません。
 今後も、改革長老教会の伝統に立ち、教会形成を進めて行きたいと、願っています。

 
浜寺教会の沿革
                          
1947年 2月11日 浜寺教会の前身、福音同志会初回礼拝(富民協会所有「農業博物館」にて)
1947年 4月 6日 福音同志会第1回聖日礼拝(泉北郡高石町羽衣891番地 浜寺幼稚園園舎にて)
1948年 6月27日 同所にて、日本基督教団濱寺教会設立式。田中理夫牧師・長老3人の就任式 
1949年 9月25日 泉北郡高石町羽衣936番地(現在地)の土地・建物を購入移転、感謝礼拝 
1952年 4月13日 土地・建物(会堂)購入負債を完済し、献堂式を挙行 
1953年11月 5日 宗教法人法による教会規則の認証を受け、設立登記を行い新宗教法人となる 
1957年 5月31日 鳳伝道所設立を教団が承認した(鳳教会設立認可1959年7月6日) 
1963年 8月 5日 初代・田中理夫牧師召天。9月、代務者・いずみ伝道所佐治良三牧師を招聘 
1964年 4月 1日 山岡善郎牧師を塚口教会から招聘、就任式5月31日 
1964年 9月   別棟牧師館竣工(1968年9月、山岡善郎牧師自費増築、教会に献ず) 
1966年11月 1日 高石市市制施工により、教会住所表示「高石市東羽衣1丁目5番地35号」となる 
1970年11月 1日 前庭に新礼拝堂を建築し移転、初回感謝礼拝。献堂式1971年1月17日 
1971年 3月31日 山岡善郎牧師辞任 
1971年 4月 1日 長谷川進一郎牧師を八幡浜教会から招聘、就任式5月16日 
1980年10月31日 旧会堂老朽化のため取り壊し、跡地に教育館を建築竣工、献堂式12月14日 
1983年 3月31日 長谷川進一郎牧師辞任。後任佐伯恒道牧師就任まで代務者・神田健次牧師を招聘 
1984年 4月 1日 佐伯恒道牧師を羽咋教会から招聘、就任式5月20日 
1994年 6月 5日 改革長老教会協議会関西地区会の同意表明文を長老会決議により浜寺教会として同意し、併せて日本基督教団改革長老教会協議会の運動に同意、これを承認す
2001年 3月25日 西部連合長老会に加盟 
2003年 3月   牧師館老朽化のため改築竣工 
2003年 3月31日 佐伯恒道牧師辞任 
2003年 4月 1日 松原望牧師を須磨月見山教会から招聘、就任式6月15日
2013年 3月31日 松原望牧師辞任
2014年 4月 1日 南澤望牧師を藤沢北教会から招聘、就任式5月18日

| 浜寺教会 ホーム | 集会案内 | 地図 | 牧師のページ |