肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 肩こりは筋肉のコリだと思われがちですが、筋肉だけで起きている肩こりは少ないようです、肩こりは歪みから起きていることが多くありますから。
肩こりを改善するなら

肩こり

 

30代の女性
デスクワークでいつもパソコンで入力作業をしているので肩こりが、つらくて肩こりを整体やカイロプラクティック、マッサージにも行きましたが、その時は良い感じがしますがまた、繰り返します。友人に ここを聞いてきてみました。

※この方の肩こりはデスクワークが長いせいかわかりませんが、肩の筋肉が硬くなっていました。そして筋肉だけではなく背骨の歪みがありました。
まず筋肉からほぐしていきましたが、あまり実感的に筋肉が柔らかくなりません。

歪みから筋肉の硬さが起きている場合もありますので、歪みから解消していくようにしましたが、なんか硬いという感じでした。

そして、体の中から見ていくと内臓が弱っていることに気が付きました。内臓が弱ると内臓疲労になって肩こりも起きりやすくなります。
内臓といっても病気ではありません。内臓疲労ですから内臓の弱いですね。多くの症状は内臓疲労から起きています。
歪みも何も原因がないのに歪みが起きるわけありませんので、湯がんが起きている原因が内臓疲労にあります。

まず、初めは筋肉をできるだけほぐして歪みが起きた部分を解消して内臓に蓄積した疲労を改善するようにしていくと、やっと筋肉が柔らかくなっていきました。

この状態を起こした原因は体質にも関係しています。ですから体質改善の施術で筋肉や疲労した内臓を強くしていくことをしました。

ご本人にも確認しましたが、やっと肩こりが楽になって繰り返しにくくなったということです。
50代の女性
肩こりというよりも肩がダルイ、重いという感じで悩んでします。肩こりがよくなるという薬も飲みましたが、胃が弱ってしまって、マッサージにはよく行きますが、肩のだるさは取れません。

※この方の肩こり(肩がダルイ)は、体調と歪みから起きていました。体調を上げて歪みを矯正することで肩のだるさは解消していきました。

肩こりには、色々な原因があります。肩の使い過ぎで肩こりになる方と、関係なく肩こりになる方が合います。

肩や腕をいつも使っているから肩こりになる場合と、そんなに肩を使っていないでも肩こりになる方もいます。

肩こりが強いと首の痛み、首のコリも起こります。逆に首の痛みと首のコリから肩こりになる方もいます。

仕事で肩こり、ストレスで肩こり、生活で肩こり、肩を使いすぎたり、姿勢や重いものを持つ、片側にバックを持つ、スマホの扱いすぎ、肩こりは筋肉の疲労から乳酸がたまって筋肉が緊張して「コリ」になっています。

 

肩こり

 

当院の施術では保険が効きません。しかし保険が効かない分だけ以上の肩こり解消をしています。

保険が効かないのに、どうして整体カイロプラクティックの施術があるのかと言う事があります。

保険が効けば安くて済むと思いますが、保険が効く所は肩こりの原因は関係ありません。
この事を対症療法と言いますが、当院は対症療法と違って原因から解消していくので根本療法と言います。

保険が効く所の多くは電機が中心の場合が多くあります。詳しくは対症療法のページで説明しています。

しかし、電気だけでは肩こりは楽になりません。肩こりが起きている原因があります。当院の施術は原因から改善していくことで肩こりを楽にしています。

電器で肩こりも楽になることができるかも知れませんが原因は残ります。肩こりを起こした原因がありますから原因から解消していくことを考えましょう。


 

施術は

●一段階:肩こりになっている筋肉を柔らかくしていきます。肩こりになっている主には僧帽筋と言う筋肉があります。この筋肉は首から肩まである筋肉なので、肩こりに関係している僧帽筋を揉んでいきます。
そしてリンパの流れも停滞していますのでリンパの流れを良くして老廃物の滞留を解消していきます。

肩こりが楽になれば良いと言う方は、ここまででOKです。

●二段階:筋肉が柔らかくなってリンパの流れ、老廃物、循環が良くなってきたら、歪みのチェックをしていきます。
場合によっては歪みから椎間板ヘルニアが起きている方もいます。
そして肩こりが長いために背骨が炎症を起こしたり、背骨が腫れている方もいましたので、その確認もしていきます。

ここまで進んで肩こりが楽ンなる方もいます。筋肉と歪みを解消して肩こりが楽になれば良いと思う方は、ここで終了です。しかし、先には先の施術があります。→三段階へ

●三段階:体質改善の施術をしていける方は、筋肉が固ければ体質改善で若返りをさせていきます。筋肉を体質改善で若返りさせると、一時的ではなく柔らかさが維持できます。しかし一度にできる部分は限られています。そのため、数回はかかります。
肩こりの原因は色々ありますが

一つは筋肉が老化して固くなっている事です。→体質改善で変わる事が出来ます。
もう一つの原因は、歪みから起きています。→歪みは原因があります。

原因にたまっている疲れやストレスを減らしていく、ほとんどの方は楽になるのですが、楽になったら肩こり解消と言う感じですが、根本的な原因が残っています。
この根本的な原因こそ、肩こりを起こしている原因なんです。

この原因は内臓の弱さです。内臓の弱い所が関係して肩こりになっています。内臓と言っても病気ではありません。
内臓の弱い所に疲れやストレスはたまります。弱い内臓は、弱いから疲れやストレスが多く長くたまると、老化していきます。この老化して言っている途中で肩こりを起こしています。

 

 

肩こり

 

筋肉疲労から乳酸が

筋肉疲労から肩こりに関係する筋肉を使いすぎると筋肉疲労を起こして肩こりになります。
肩こりに関係する筋肉が疲れてしまって筋肉疲労が起きる事があります。この筋肉疲労が起きると筋肉周辺は炎症やハレも起きる事があります。そして疲労が起きてば循環が悪くなって乳酸がたまっていきます。

この乳酸がたまると、さらに筋肉は疲労していきます。筋肉が疲労して乳酸が多くたまって肩こりになることが多くなっています。

僧帽筋のこりが肩こりになる

 

リンパの流れが停滞して

肩こりが起きるとリンパの流れが悪くなってしまいます。
肩こりが起きているときには、リンパの流れも悪くなっています。リンパの流れの流れとは動脈と静脈の間にある老廃物を流すものです。老廃物はゴミなので流れていかないとゴミ屋敷状態になります。
ゴミ屋敷状態になると、体も悪くしてしまいます。この事が肩こりに関係する僧帽筋と言う筋肉で起きています。

この僧帽筋の中に老廃物が多くたまって流れない事です。これがリンパの流れが停滞すると言う事です。リンパの流れが停滞して流れが悪くなるとゴミだらけになって筋肉の緊張や弛緩、炎症、ハレが起きて肩こりになっている場合があります。

リンパの流れから肩こり

リンパの流れから肩こり

 

骨盤の歪みから

肩こりは骨盤の歪みから起きる肩こりもあります。
骨盤の歪みが起きると骨盤が土台ですから土台が歪むと、体全体の歪みになってしまいます。この歪みが背骨のバランスも崩してしまって筋肉のバランスやじん帯のバランスも悪くして筋肉のコリや弛緩、炎症、ハレなどが起こることもあります。

骨盤の歪みは全身に及んでしまいます。骨盤は体の中心にあるので上肢と下肢をつなぐ所なので重要です。この骨盤の歪みから肩こりが起きる筋肉に影響して乳酸がたまったり、リンパの流れも悪くなったりすることも多いようです。
骨盤の歪みから肩こりが起きています

骨盤の歪みが肩こりになる

 

 

背骨の歪みからも

背骨の歪みから肩こりになることも、最近多くなっています。
背骨が歪みやズレを起こしていくと、背骨に筋肉やじん帯がついているので、歪みやズレを起こすことで引っ張られたり、緊張したり、硬縮したりすることが起こります。筋肉だけではなく、背骨の中の椎間板に体の疲れやストレスがたまると気泡が出来ていきます。この気泡が多くなって、また、大きくなって背骨の歪みやズレを大きくしてしまいます。この背骨のズレが肩こりになります。かた、肩が重くなったり、肩がダルクなることも出てしまいます。
背骨の歪みから肩こりになっています

首の骨から肩こりになる

 

首の骨からも

首の骨の歪みやズレから肩こりになる場合もあります。
首の骨が歪むやズレを起こしていると肩こりになります。

内臓からも起こります

内臓から起こる肩こりも多くなっています。内臓から起きる肩こりが最大で最悪な肩こりになります。
内臓と言っても病気ではなく内臓に疲れやストレスがたまると肩こりになります。実は、本当にこの肩こりが多くなっています。
ほとんどは内臓に最終的に疲れやストレスはたまって起こります。内臓にたまる肩こりは、背骨のズレも起こして、首の骨の歪みも起こすし、骨盤の歪みも起こしていきます。リンパの流れも悪くなって筋肉疲労から乳酸が多くたまります。

今まで説明した肩こりのものすべて該当するのが内臓による肩こりです。最大で最悪なのが、内臓で起きる肩こりです。内臓から起きる肩こりは、体の中が、どうなっているのか、と言う事を検査で判断して施術していく必要があります。ただ、押したり揉んだりするものではなく意味があって施術しないと内臓からは変えられません。


 


筋肉のコリから肩こり

筋肉の連続使用によるものや、長年の筋肉の疲労で乳酸がたまると筋肉は疲労して緊張を高めていきます。
気がつかないうちに筋肉疲労は大きくなって蓄積しているものです。筋肉疲労が起きているときには、リンパの流れも悪くなって循環や代謝が停滞します。そうすると老廃物も多く蓄積して余計に「コリ」を起こします。
つまり、
①筋肉疲労が起きる
②筋肉疲労が多くなってたまっていく
③筋肉疲労がリンパの流れ、乳酸を多く作り出す、老廃物が多くなる
④そうすると「肩こり」になります。背骨の歪みから起きる肩こり になります

僧帽筋のコリが肩こりになる

 

背骨にもストレスがたまると

背骨にもストレスはたまります。背骨にストレスがたまると気泡が出来て数が多くなって歪みが起きて肩こりになる場合もあります
背骨にストレスがたまると背骨の中の椎間板に気泡ができて数が増えて、また、大きくなっていきます。気泡と言うのは、アワです。空気の層が大きくなることで背骨の中の椎間板に歪みが生じていきます。この歪みが起きると筋肉の引っ張られて、肩こりになる場合もあります。下のイラストを参考にしてください。

歪みが肩こりに


内臓からも肩こり

内臓にストレスがたまって内臓が疲れると体も骨盤も背骨も歪みを起こしていきます。
内臓にストレスがたまることが最大のストレスです。体は内臓にたまるストレスがあると体の中から崩れてしまいます。内臓にストレスがたまると体も歪みを起こして、骨盤も歪みを起こして背骨も歪んでしまいます。

この時には内臓もストレスをためてしまって働きが弱っていきます。内臓にストレスがたまって弱ってくると、全体のバランスが悪くなるので筋肉にストレスがたまって筋肉のコリが起きて、背骨のストレスもたまって気泡が出来て、内臓も弱って余計に歪みやズレを起こして、最終的に肩こりになります

内臓疲労から肩こりになる

 

内臓から起きる肩こり

ほとんどの場合、3番目の疲労から起きる肩こりが多くなっています。内臓に疲れやストレスがたまると一番歪みが大きくなります。この歪みは体の中から崩れていく事になります。内臓に疲れやストレスがたまると体の歪み、骨盤の歪み、背骨のずれ、歪みが起きたことにより筋肉のコリ、歪みから起きたリンパの流れの停滞、老廃物の蓄積、血流が悪くなる、内臓の疲労、内臓の弱り、内臓のハレ、内臓の炎症などが起きます。つまり、上記の事がすべて起きるのが内臓にストレスがたまることで起きています。

ほとんどの場合、この3種類の肩こりがあります。

 


肩こりには原因が

肩こりには原因があって起きています。
肩こりが起きているときには、体調と良い時には、肩こりも軽くなっています。
肩こりが起きているときには、強いときとそうでもない時があると思います。
そうでもない時には、忘れているときもあるかもしれません。
これが起きるのは、体調の差で起きています。
体調が良い時には、肩こりは軽く難じます。
一度、体調が落ちだすと、肩こりは強くなって首の凝りや首の痛み、気分まで悪くなったり体調を崩してしまいます。

体調は波があります。良いときもあれば悪いときもある、という事です。
体調が落ちている時には、肩こりが強く感じます。体調の低下と言うのは、体にたまる疲れやストレスの多さです。

体に多くの疲れやストレスがたまると、体調は低下して歪みやズレが大きく、又、多くなります。
疲れやストレスの蓄積が肩こりになります
体調が悪くなっいると、筋肉のコリも強くなります。そして、リンパの働きも低下します。
リンパの働きが低下すると老廃物の流れも悪くなります。
体調が悪いという事は、疲れも多くたまっているし、ストレスも多く蓄積しています。この時には、筋肉の状態も良くないし、内臓の働きも低下しているのが、当然で起きています。

そして背骨の歪みやズレも数多く、大きく起こります。全体のバランスも崩れています。
場合によっては、顔や体の浮腫みが多くなっているかも知れません。体調が落ちただけで、これほどのダメージになっています。
体調と言うのは、当院では、簡単に検査できますが、普通は、簡単どころか検査もできません。当院の院長は、30年の経験と実績で、すぐに体調の検査ができます。

他人の体調と言うのは、本人が気がつかないとわかりませんが、当院では体調を段階で測る検査法があります。しかし、今まで来院した方の中でも、見てみると初回の方は、下の方だと思います。ですから、まず、体調を上げる施術をして肩こりの解消をしていきます。

体調を上げる事で肩のこりが楽になる

体調を上げると肩こりは楽になる場合が多くあります。
肩こりが起きる最初の問題は、体調の低下ですから、体調を上げて元気にしていくと、肩こりは楽になります。
マッサージでもなく、低周波などでもなく、ボキボキでもなく体を元気にしていく事が出来ます。体が元気になると、色々な働きが良くなります。働きが良くなるのは、リンパの働き、内臓の働きなど、色々に及びます。


体調を良くするとは、

①筋肉のコリを解消
②リンパの働きを改善
③背骨の歪みやズレを解消
④内臓の働きを良くする
などです。
これをすると、ほとんどの肩こりは楽になります。

ただ、肩を電器や揉んでいても頑固な肩こりには、効果はありません。頑固な肩こりには、原因から探っていく事を考えましょう。

 

 

電器で肩こりは

肩こりには2通りの原因があります。
① 筋肉のコリで起きる肩こり
② 筋肉以外で起きる肩こり
があります。

電器で肩こり

 

筋肉で起きる肩こりは、いつも、肩や腕を使う仕事をしていて、筋肉疲労が起こりやすい方が肩こりになります。
キーボードを使う方、肩に力が入る仕事をしている方、細かい仕事をしている方、重いものを良く持つ方、カバンをいつも同じ肩にかけて持つ方、目を使う方、車の運転が長い方、などなど、色々な原因があります。

肩を使う事をしたら、早めに解消することをしていかないと、筋肉の疲労は残るばかりです。
筋肉の疲労が残ってしまうと、筋肉も固くなっていきます。
筋肉が固くなると言う事は、一時的な筋肉が固くなるのではありません。
なにをしても、柔らかくならない筋肉もあります。
電器をしても、筋肉は、一時的な和らぎをえますが、そばらくすると、また、もとに戻ります。

この場合は、体質改善で筋肉を若返らせていく事をしています。
そうすることで、少しずつやわらいでいきます。

肩の筋肉も、使いすぎてれば、コリを起こしていきます。筋肉のコリが解消されないうちに、また、使う事をすると、連続使用により、筋肉は固くなっていきます。

筋肉が固くなると、リンパの流れも低下して循環が悪くなります。そうすると、もっと循環が悪くなって老廃物がたまっていきます。

これが長引かせる筋肉のコリを起こす場合が多くあります。

肩の筋肉も休ませることをしないと、コリを起こしやすくなります。

 


肩こりの症状

肩のコリの原因は色々あります。
             
① 筋肉のコリで起きる肩こり
② 体の歪みから起きる肩こり
③ 背骨のズレから起きる肩こり
④ 筋肉が固くなって起きる肩こり
⑤ 体の中から起きる肩こり

          

① 筋肉からの肩こりが起きるのは

筋肉だけで起きている肩こりの説明からしていきます。
筋肉は使うと疲労します。
疲労すると、炎症や筋肉の緊張や収縮が起きます。
炎症や緊張・収縮が筋肉に起きると、循環が悪くなります。
循環が悪くなると血流も悪くなります。血流が悪くなると、流れが停滞します。停滞すると、老廃物の量が増えて流れなくなります。リンパの吸収も悪くなります。
リンパは老廃物を運ぶものです。老廃物がたまると、疲労物質が増えてしまいます。
これが筋肉のコリになります。筋肉のコリになると、余計に肩こりが強くなります。

僧帽筋の緊張はコリ

筋肉で起きる肩こりの場合は、ほとんどこの絵のように僧帽筋と言う筋肉が影響して肩こりを起こします。僧帽筋は、首から肩、そして背中まである筋肉です。
僧帽筋は3つに分ける事が出来ます。肩甲骨から下ではなく上の所が、影響します。僧帽筋の首から腕の付け根の所まである上部僧帽筋が、深く肩こりに関係します。


※ 施術は、筋肉をほぐして、循環が良くなるように柔らかくなるようにしていきます。老廃物が流れるように、筋肉の炎症や緊張が軽くなるようにしていきます。循環ができてくると、肩こりが楽になってきます。

② 体の歪みから起きる肩のこり

体の歪みから起きる肩こりは、ほとんどの場合土台である骨盤の状態に関係しています。
骨盤の状態と言うと、ネジレや骨盤が開いていたりして肩こりになります。
骨盤からネジレや歪みが起きていると、家でいえば骨盤は土台ですから、土台から歪みが起きます。土台の上に載っている柱である、背骨も必然的に歪みを起こします。
このように、土台から崩れていく肩こりもあります。土台の上に乗っている背骨が歪むと全体の筋肉バランスや背骨のバランスが崩れてしまいます。
この崩れから起きる肩こりは起きやすくなります。この土台の崩れから起きる肩こりの方も、まず筋肉の状態から確認していきます。

※ 骨盤の歪みから起きている肩こりですから、骨盤の状態を整えていく必要があります。骨盤が整ってくると、生理痛や便秘、足腰の冷えなども改善していく場合があります。


③ 背骨のズレから起きる肩のこり

背骨のズレが起きる肩こりがあります。
首の骨や肩のあたりの骨がズレを起こすと肩こりになります。
骨のズレがひどくなると、椎間板ヘルニアまで進むと、コリを通り越して痛みになります。
時には姿勢などで骨んぽズレは起きます。いつの間にか、少しずつ骨がズレていって、大きくなると、痛みを感じるようになります。
もっと悪化させると、肘や手や指のしびれや痛みになります。腕の付け根付近の痛みになる方もいます。
椎間板ヘルニアにも程度があります。軽いものから、ひどく悪いものまで、色々あります。

全体のバランスが悪くなって首の骨は普通は前にカーブしていますが、ストレートネックになっている方もいます。
首の骨が真っ直ぐになると、不自然な状態なので色々所に影響が出ます。
この場合も肩こりになりやすく、首の痛みにもなります。

※ ヘルニアが起きた原因を探って改善して楽にしていきます。
  そうすると、骨のズレが減って楽になっていきます。

        

④ 筋肉が固くなって起きる肩のコリ

筋肉が固いと言うのは、一時的ではありません。
いつも固いし、何をしても固いままです。
揉んでも、電気をしても、固いままですが、一時的にほぐれるよう感じですが、本当に柔らかくなった訳ではありません。

あくまでも一時的な処置です。何をしても変わらないものを固くなっていると言います。
つまり長年、肩こりで苦しんだ方が筋肉が固くなっている場合が多いようです。長年肩こりを感じていると、もう何をしても、筋肉は固いままです。これが筋肉の老化です。

筋肉が老化したものは、揉んでも、本当の意味で柔らかくなりません。電器やマッサージを受ければ受けるほど、筋肉は固くなります。
一時状態を作れば作るほど、筋肉は固くなります。電器などで筋肉が柔らかくなれば、まだ老化は完成していません。

しかし、強い刺激を与えれば与えるほど筋肉は固くなります。例えば電機や低周波治療器とかで、筋肉に影響すると次第に固くなっていきます。 
筋肉自体が固くなっていきます。老化した筋肉は、当院でも簡単には柔らかくなりません。
しかし、唯一の方法があります。
それは、体質改善 アンチエイジング(若返り)と言う施術法です。この施術でのみ、筋肉を若返らせることができます。

しかし、いくつかの条件があります。体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術は、初回からはできません。
体調が良い時にのみ体質改善 アンチエイジング(若返り)は進めます。早い方で2回目から、進めます。普通は、3回目から、又は、もう少し先になります。

⑤ 体の中から起きる肩のこり

体の中から起きる肩こりがあります。
体の中と言うと抽象的ですが、体の中には何があるのか?
肩こりと関係するものがあるのか、気になると思いますが。
それは、内臓です。内臓と言っても病気と思わないでくださいね。
内臓にたまる疲れが原因で肩こりになります。実は、ほとんどの疲れは内臓にたまります。

内臓にたまると、働きが低下して内臓も弱っていきます。弱ると、体の中から崩れを起こしていきます。

例えば、骨盤も歪みを起こしたりします。背骨のズレも内臓から起こします。
筋肉のバランスも内臓に疲れがたまると悪くなります。一番の致命的なものが、内臓の疲れです。
内臓は体の中にあります。体の中から崩されるのが、一番大きい歪みやズレになり、肩こりになります。
※ 内臓の状態を元気にしていきます。

内臓を元気することで、色々なバランスがそろって筋肉の炎症や緊張、収縮が改善される場合が多くあります。
そして内臓から元気になると、骨盤から起きる歪みも改善していきます。背骨のズレも姿勢ではなく、内臓から起因して起きている場合が多くあります。
と言うのは背骨と内臓は密接に関係しているからです。胃の調子が悪いときには肩甲骨の真ん中で痛みが起きやすくなります。首の調子の悪さも、内臓に関係している場合があります。

体と言うものを考えて下さい。骨と筋肉と神経と水分と血管と内臓しかありません。
脳や脳幹、脊髄も内臓の一部です。背骨は脊髄を守っている柱です。
大事な役目がある柱も、中からのダメージ(崩れ)には、逆らえません。体調を落とすと、頭も歪みが起きます。

だから、内臓から施術して元気にしていく事で、肩こりなどは楽になります。

あとは、繰り返し起きないようにするには、内臓を若返らせる必要もでてきます。この施術の事を体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術と言います。
体質改善 アンチエイジング(若返り)の方法は、弱くなった内臓を強くしていく方法です。強くなった分だけ、良く働こうとしてくれます。
強くなった分だけ、体が元気になってきます。色々な痛みやコリなどの症状が、取れて働きが良くなるほど、体調も良くなります。

 


肩のこりと体質改善の関係

当院には、体質改善 アンチエイジング 若返りと言う特殊な施術法があります。
体質改善 アンチエイジング 若返りは、治らないものを少しずつ直していく方法です。
          
肩こりは筋肉の使いすぎでも起こります。
しかし、筋肉の使い過ぎで固くなると、筋肉は短くなって骨の位置も歪みやズレを起こしていきます。
肩の筋肉は、僧帽筋という名前の筋肉ですが。
僧帽筋は肩こりの原因になります。
この僧帽筋はイラストの右側ですが、ほとんどの場合、この筋肉が固くなると、肩こりになります。
僧帽筋の中でも、肩こりのコリを起こしやすいのは、上部僧帽筋です。
この上部僧帽筋が、緊張していくと、骨も引っ張られてしまいます。

これが、肩こりになるのが普通ですが、もっと悪化させている方もいらっしゃいます。

悪化させると、疲れやストレスは、内臓にたまっていきます。
内臓と言うのは、肩こりに関係する内臓です。
その内臓は肺、心臓、胃、肝臓などです。
これらの内臓が弱った時に、肩こりになる場合もあります。
体の筋肉だけではなく、体の中から起きる歪みやズレは、ダメージが大きくなります。
筋肉は体の表面にあります。
しかし、内臓の疲れやストレスは、体の中から起きています。
そうすると、歪みやズレがひどく起こります。

肺が疲れやストレスをためていくと、時々、セキが出やすくなります。
心臓が弱っていると、胸が時々痛くなったり、呼吸がしにくくなります。
肝臓が弱っていると、顔色が悪くなって顔の吹き出物が多くなります。
胃が弱っている方は、胃のモタレや食欲不振か、食欲が異常になります。

①肩こりは筋肉の緊張してコルことから肩こり
②肩の筋肉が固くなって肩こりになっている場合
③体の中から起きている肩こり(内臓の疲れやストレスの蓄積)
が肩こりにはあります。

当院では、人それぞれで違う肩こりを原因から見つけて改善していく事をしています。

そして、筋肉が固くなっている肩こりであれば、筋肉を体質改善で柔らかくしていきます。
筋肉をもんだりしても、柔らかくなりません。
電器で筋肉にしても、ほぐれません。
筋肉が固くなるのは、老化現象だからです。
老化している筋肉が揉めば柔らかくなるかというと、なりません。
唯一、筋肉を柔らかくほぐせるのは、体質改善だけです。
筋肉を体質改善で柔らかくしていく施術をしていきます。

そして、内臓から起きる肩こりであれば、内臓を若返らせる施術をしていきます。
内臓を若返らせることで、内臓が強くなって良く働くようになります。
内臓が良く働くようになると、内臓から起きる歪みやズレは改善させていきます。
そして、肩こりが楽になって肩こりが解消していきます。

肩こりが起きているのは、筋肉が起こしていると思いがちですが。

肩こりを起こしている方が肩こりが長い場合、筋肉が高くなっている場合があります。
この場合の筋肉は、老化して固くなっている場合です。
筋肉が固く老化したものは、いくら揉んでも、電気をしても、ボキボキしても柔らかくなりません。
その何をしても柔らかくならない筋肉を柔らかくしていくのが体質改善 アンチエイジング 若返りです。

色々な所で関係してくる老化。

肩こりも体や肩こりに関係する所の老化が影響しているかも知れません。
肩こりが長いと、筋肉も老化して固くなります。
筋肉が固くなったものは一時的に固くなっているのではなく、永久的に固くなります。
一時的ではありませんので電機や揉んでも、持ちません。
電器をしているときだけや、もんでいるときだけ良いような感じになるだけです。
根本的には、筋肉を柔らかくできるのは体質を改善する施術だけです。

又、肩こりに関係する骨のズレや歪みもあります。
疲れがたまると、体は補正の為にズレや歪みを起こします。
これが肩こりになります。
しかし、いくら疲れがたまっても、肩こりにならない方がいます。
人との違いですが、肩こりも弱い所に疲れがたまります。
弱い所が肩こりに関係する所であれば、肩こりになります。
これを改善していくのが体質改善 アンチエイジング 若返りと言う施術法です。

 

 

  

患者様の声
●(60代の女性の方)
肩こりがつらくて気分まで悪くて、寝込むこともありました。  肩こりではなく骨のズレが起きているとのことだったので、しかも骨が炎症を起こしていると言われてしまい、落ち込みました。 
でも、これは体調が悪いから起きていますから、体調を良くするとズレも消えて炎症もなくなるとの事でしたので見てもらいました。 
今までとは違い肩が、少し軽くなったような感じがします。  長く肩こりが悪かったので、数回かかりますよと先生に言われて、治りますかと言うと『大丈夫ですよ』と言っていただきました。 
振り返ってみると、具合が悪くて寝込むぐらいですから、体調が悪いのも当たり前ですね。
●(30代の女性の方)
肩こりで整体やマッサージに前は行っていました。 
ホームページでここを見て予約しました。 先生から、この、肩こりは、 筋肉から肩こりではなく、脳の弱りからくる肩こりだと言われて、初めは信じられませんでした。 
でも、先生が頭を触ってみて、やはり脳の弱りからくる肩こりです。と言われて頭を扱うと、肩こりが少しずつ楽になっていったんです。 
肩こりが起きている原因が脳からだなんて思いませんでした。 施術してもらった後、頭もスッキリした感じになりました。

 

 

 


北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、行橋市、若松区、下関市からも

カイロプラクティック徳力整体院は30周年です。30周年を記念して期間限定で初回5000円が3000円になります。

北九州近郊で北九州市小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区や周辺の下関市、田川市、飯塚市、直方市、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町、福岡市、福津市、田川からも来られています。