便秘

  • はてなブックマークに追加
  • 便秘

便秘の解消する

北九州市小倉南区・小倉北区のカイロプラクティック徳力整体は30周年です。
30周年を記念して初回5000円が期間限定で3000円になります。
カイロプラクティック徳力整体院の便秘を体質改善で変える施術法を知ってもらう為です。

 


 

便秘

便秘

腸の働きが良ければ便秘にはなりません。t業の働きが悪いから便秘になります。つまり、腸の働きを改善する事が出来れば便通が良くなって便秘ではなくなる訳です。

腸が良く働くように

体調が落ちて悪くなると、腸の弱い方が便秘になります。
必ず、体に疲れやストレスが関係して便秘になります。
中には、体調が悪くないと言う方もいるかもしれませんが、感じていないだけです。疲れやストレスがたまる事で体調が落ちていきます。体調が落ちているのに、内臓は原因を言う事はありません。

疲れやストレスがいっぱいたまっているのに、腸は元気と言う事もありません。体の働きから考えると、そんなことはありません。しかも、疲れやストレスは、内臓にたまります。

内臓にたまると言う事は、胃にもたまるし、腸にもたまります。腸に疲れやストレスが、たまると、働きが悪くなります。働きが悪くなると、腸は便を送り出すぜん動運動ができなくなります。
これで、便が出にくくなります。又は、水分がなくなって固くなります。

便秘になる原因は腸にあります。腸の働きが悪いから、便秘になります。
腸の働きが良ければ便秘にはなりません。
しっかりと便を送ることができるし、便が食事に関係なく固くなりません。便通が良い方は、特別良い食事をしている訳ではありません。
便秘がちの方と同じ食事をしています。
特別、野菜ばかり食べているかと言うと、そういう訳ではありません。なのに、便通が良い方と、悪い方がいます。
その理由が、腸自体の問題にあります。腸の働きが悪い状態の何かがあるわけです。だから、腸の働きが悪い状態ですから、便を送るぜん動運動と言う便を送り出す動きが悪くなります。
     

又、便が手前まで来ていても出口付近の状態が固いと、便は出ません。

これは、動きではなく、出口付近の固さです。
例えば、出口付近に影響する骨盤が開いていたりすると、筋肉や靭帯は固く張ります。
便が腸を通るときには、自律神経で出口付近を開かせて便が出てきます。
骨盤が開いていたり、ネジレがあると出口付近で、うまく開きません。
便秘は骨盤から 

そして、神経の支配状態も関係します。

腸を動かす神経です。
腸は、神経が腸に伝わって、うまく動きます。
神経の伝わり方が悪いと、腸は、便を送るぜん動運動ができません。
自律神経で便秘

腸の働きが悪いから便通が悪くなって便秘になります。

もし、腸の働きが良ければ、便が滞ったりして、便秘になることや、腹痛でお腹が張ることもありません。      

腸の働きが悪いから便秘になります。
腸の働きが悪い原因を見つけて変えていけば便秘は改善できます。

便通は薬を飲めば良いと思っていませんか。

① 便秘になるのは、まずは体調が関係します。
体調が落ちていると、腸を支配している自律神経の働きも低下しています。
自律神経の働きが低下していることが体調が悪いと言う事になります。
自律神経が内臓を動かして、腸を支配しています。腸への神経の流れが、届きにくくなります。
腸への神経の流れが届きにくいと、便を送り出す動きができません。腸自体も弱くて、神経の流れが来ないと、働きが悪くなって腸の動きが低下します。
体調が良いのか、悪いのかと言う事も関係します。と言うのも体調が悪いと、腸が弱い方は、便秘になります。腸の働きが悪くない方は、便秘にはなりません。

② 腸自体が、内臓から圧迫されていないか。内臓が弱っていて内臓下垂している場合が多くいます。腸が圧迫されていると、腸の働きが悪くなるのは、当たり前です。腸を圧迫している内臓を元気にして腸の働きを良くしていきます。

③ 脳や自律神経に原因があると、脳神経から命令が送られてくるので、腸が良くても、うまく働けません。脳や自律神経に関係する方は、眠りが浅い方です。
案外、眠りが浅いことが自分では気が付きにくいかもしれません。朝まで目が覚めないと、寝ていると思う方が、多いからです。
眠りが浅いと、脳は疲労をためていきます。脳が弱いと、脳から支配されている内臓は弱ります。
内臓が弱ると、腸も影響を受けていきます。腸の働きが弱ると、便秘になります。
脳神経の働きを良くしていかないと、腸の働きも良くなりません。

④ 腸が弱ってハレている場合があります。腸のハレを改善して、もとに戻していきます。

⑤ 腸が、固い場合です。腸が固いのは老化です。
腸の固いのを柔らかくする体質改善の施術があります。腸を柔らかくしていくと、便を送り出すぜん動運動がしやすくなります。


腸を体質改善で変える

腸自体が固い場合は、体質改善で若返えらせていく必要があります。
まず、体調を良くして体質改善に耐えられる体力ができたら、腸を若返らせることができます。
体質改善に耐えられる又は、変わるエネルギーができた時に、体質改善はできます。変わらないものを変える事ができるのが体質改善です。
一度で変ることはありません。腸を直せば直すほど、腸は元気になって、便を送り出せる力が出てきます。

腸の働き

体力が低下すると便を送り出す蠕動運動ができにくくなります

腸が固いと、働きが悪くなって便秘が起きます。
腸がうまく働かない方は、体調が悪いと、余計に働きが悪くなります。体調を上げて内臓の働きを良くすることも必要なので、体調から施術していきます。内臓の働ける条件は、まず、体調です。

体調を良くしても便秘が改善されないと、今度は体質を変えていかないと腸は働きません。腸が良く働くようにしていくのが体質改善です。

腸が蠕動運動ができるように良く働くように、又は 柔らかくなるようにしていく方法が体質改善です 

体質的に弱い腸が、体調が落ちてくると、余計に働きが悪くなります。だから、まず体調を上げる事をして、腸が今の体質で働けるようにしていきます。体調が良くなってくると、それ以上に働けるように腸を柔らかくしてぜん動運動ができるようにしていきます。

便秘になるのは、
①体調の低下
②体質的に腸が固く、動きが悪い、腸の弱さ、悪さ

便秘と言うのは病名です

便秘と言うのは、簡単に考えられていますが、病名の一つです。
便通が悪くなることを便秘と言いますが、なず、便通が悪くなって、便秘になるのか、どうして腸が働かないのか、腸が良く働けば便を送り出すぜん動う運動をしてくれているはずですが、どうして働きが悪いのか。原因が必ずあります。

腸の働き

腸の働きが良ければ、しっかりと便を送って先へ、先へ出してくれています。
便秘の方は、腸自体が固い方が多くなっています。腸自体が固いと腸の便を送る粘膜も固くなっています。このため、便を前へ送る力(ちから)が落ちています。これで便通が悪くなることが多くなります。しかも、そこに体調が関係しています。便が出る時には、腸が多くの便でいっぱいな時か、体調が落ちている時です。体調が落ちると内臓の働きも弱い所は余計に働きが落ちてしまいますから。

腸の働きを上げるには

腸の働きを上げる事をするには、まず、腸を柔らかくしていく事をしていきます。
体調が落ちても、腸の働きが維持できるようにしていく必要がありますが、この施術のことを当院では体質改善の施術といいます。体質改善の施術で腸を柔らかくしていくことと、腸の中の便を送る粘膜の再生をしていく必要があります。その為に、まず、体調を上げていく必要があります。体調は悪くないと言う方もいると思いますが、今まで30年間、初回の方は、体調が悪い方がほとんどです。体調が悪いと、体にストレスが多くたまっているし、ストレスがたまると歪みが起きています。そして骨盤の歪みも起きています。腸は骨盤の中にある内臓です。骨盤の歪みが起きているだけでも腸は正しく働くことはありません。

便秘は病名だと言いましたが

病気と言うのは、病気として完成される前に、痛みやコリを起こして体に知らせてくれています。
便秘の方は腸の弱さで便通が悪くなっています。この腸の弱さがゆくゆくは、腸の病気を起こすかも。
このサインを見逃さないで下さい。これが痛みやコリとして知らせてくれるサインです。

体質改善の施術の説明は、体質改善 アンチエイジング(若返り)の専門のページでしています。



北九州近郊で北九州市小倉北区、小倉南区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区や周辺の下関市、田川市、飯塚市、直方市、宮若市、遠賀郡、香春町、みやこ町、福岡市、福津市、田川からも来られています。