A2 立専寺−展望台コース 戻る
所要時間:登山口から40分 展望台コース登山口 (15分) 展望台 (10分) 横手道 (10分) 観音堂 (5分) 武田山
展望台コース登山口まで 立専寺(りゅうせんじ)〜展望台コース登山口までは、A 立専寺−水越峠コース を参照して下さい。
登山口(撮影日14/12/31)
【展望台コース登山口】
立専寺から鹿ヶ谷に入っていき、右に武田山鹿ヶ谷コース、左に火山堀切コースを見て、最奥民家を過ぎると、右手に「展望台入口」の大きな標柱があります。立専寺から約30分です。ここから入ればショートカットできます。
鹿ヶ谷ふれあい広場から(撮影日14/12/31) 【鹿ヶ谷ふれあい広場】
舗装路を上っていくと鹿ヶ谷ふれあい広場があります。大きな案内板の右手から石段を上がり舞台広場の裏手から山に入ります。
山道に入る(撮影日14/12/31)
【山道に入る】
山道に入り、少しバックするように進んでいきます。登山道は鹿ヶ谷ふれあい広場を管理しているボランティアグループによつて切り拓かれました。
上高間(撮影日14/12/31) 【登山道が合わさる】
鹿ヶ谷ふれあい広場から7分で登山道が合わさります。ここで尾根に乗るので左折して高い方を目指します。下の方から上ってくる道は展望台コース登山口からの道です。
展望台(撮影日14/12/31)
【展望台】
手造り階段の続く尾根道を登っていくと展望台があります。板敷きのベンチからは広島市街地が一望の下です。右の写真は宗箇山と春日野造成地。
横手道(撮影日14/12/31)
【横手道に出合う】
展望台を後にして雑木林の尾根道を登っていくと、水越峠−馬場跡を繋ぐ横手道に出合う。道は自然と右に振れて横手道に合わさるので気がつかないかも?逆方向の場合は注意!
ジグザグ道へ(撮影日14/12/31) 【横手道から左の斜面へ】
横手道を馬場跡の方に50mほど歩くと左手の斜面に上がる道があるので、左折してその道に入りジグザグに登っていく。分岐には案内標識は無いが明瞭な道なので判る筈。
観音堂(撮影日14/12/31) 【観音堂】
傾斜が緩やかになると左手から巻き道(弓場跡と観音堂の間の道)が合わさる。そのすぐ先に観音堂跡がある。観音堂には七曲りコースも上ってきている。観音堂を見学して高い方へと歩いていくと稜線に出る。
稜線〜武田山山頂 これより先の山頂までのルートは、A 立専寺−水越峠ルート を参照して下さい。