意志の勝利
Triumph des Willens
/Triumph of the Will
1935年ドイツ
120分


製作: レニ・リーフェンシュタール
監督: レニ・リーフェンシュタール
脚本: レニ・リーフェンシュタール
ワルター・ルットマン
撮影: ゼップ・アルガイヤー
カール・アテンベルゲル
ヴェルナー・ボーネ
編集: レニ・リーフェンシュタール
音楽: ヘルベルト・ヴィント
 
出演: ・・・



 世の中には「呪われた映画」というものが存在します。これは、普通、一般的ではない手法を用いて作られた映画、人々が目を背けたがる題材を扱った映画、異端の教義に則って作られた映画に対して使われる言葉です。例えば、ストローブ=ユイレ、フィリップ・ガレル、ジャン・ユスターシュ、ジャン・ヴィゴ、ジャン・リュック・ゴダールら「呪われた映画作家」の映画など。でも、ゴダールの映画などは結構人目に触れる機会も多く、この“呪われた”という形容詞は、売り文句の一環として用いられている感もありますね。「呪われた映画」とは、見る事さえかなわない映画に対してこそ相応しい敬称でしょう。

 『意志の勝利』は、紛れもなく呪われた映画です。それは監督であるレニ・リーフェンシュタールの人生を呪い続けました。しかし、この映画は、異端の映画手法によって生み出されたわけではありません。人々の理解を拒絶しているわけでもありません。むしろ、御手本となるような映画です。フランシス・フォード・コッポラ監督は本作に感銘を受け、わざわざリーフェンシュタールのもとを訪れて、「編集」について教授を請うたそうです。
 本作の呪われたる由縁は、その手法が呪われていたがためではなく、呪われた被写体を収めた事によるものです。皆さんも御存知の通り、『意志の勝利』は、ナチスの党大会を記録したプロパガンダ映画なのです・・・

<リーフェンシュタール略歴'02〜'35
 1902年、ベルリンに生まれたレニ・リーフェンシュタールは、若き時よりバレエのレッスンを受け、21歳の時にはリサイタルを成功させますが、膝の故障のためにダンサーの道を断念、山岳映画の巨匠アーノルド・ファンク監督に見い出され、24歳の時に『聖山』で映画女優としてのデビューを飾ります。芯の強さをうかがわせるその美貌はもちろん、危険な登山シーンも自らこなす積極性で、彼女は一躍人気者となります。本人はマレーネ・ディートリヒをライバル視していましたが、実際に、ドイツではかなりの人気を博していたようです。

 ファンクのもとで経験を積んだレニは、すぐに演出家としての才能を開花させ、30歳にして初監督した『青い光』ヴェネチア映画祭銀獅子賞を受賞します。このまま行けば、彼女は映画史に残る偉大な監督の一人となった事でしょう。しかし、時代は彼女に特異な運命を用意していました。
 1933年、首相に就任したアドルフ・ヒトラーの依頼を受けたレニは、予行演習とも言える『信念の勝利』を経て、1935年、遂にプロパガンダ映画史上の最高傑作と(悪)名高い『意志の勝利』を撮り上げたのです。

 レニは本作で、ヴェネチア映画祭の最高賞である金獅子賞を受賞しました。もちろん、当時、イタリアはムッソリーニ政権下、第二次世界大戦時にはドイツと同盟関係にあった事を忘れてはならないでしょう。しかし、彼女の強固な美意識が生み出した圧倒的な映像には、否定する事の出来ない力が宿っている事も確かです。戦後、レニ自身と同様に、一転して轟々たる非難に晒される事になる本作も、公開当時は世界中で高い評価を受けていたのです。数年後にはドイツに侵攻され、占領下に置かれる事となるフランスでさえも、パリ国際芸術博でグランプリを受賞するなど、高い評価を受けていた事は皮肉と言う他ないですね。

レビュー
 本作の映像の力は、「遠近法」と「ダイナミズムの技法」に集約されます。遥か上空に立ち込める雲、沿道に列を成す人だかり。カメラはその奥へ奥へと分け入っていきます。カメラが静止すると、今度は逆に、背景の方が、整列した兵士がカメラに向かって行進を始め、観客を積極的に映像の中に迎え入れます。この規則的な反復と没入の感覚が、この上もない陶酔を引き起こすのです。
 行進する隊列を横から捉えた映像も、その隊列の幅の広さが画面に奥行きを与え、手前と奥とで生じた動きのズレが、観客の視点を、映像に対して付かず離れず寄り添わせます。常に過ぎ去りながらも、残像を残す映像なのです。
 行進曲の反復的なリズムがこの陶酔に拍車をかけます。映像は音楽と同調し、観客の視覚と聴覚を共犯関係に巻き込み続けます。

 「行進」、「兵士」、「反復」といったキーワードから、映像に塗り込められた啓蒙的な思想を読み取る事も可能でしょうが、これはただ純粋に視覚的な快楽の機械です。例えばCGなどを使って、ここに映っている兵士を、円や四角を複合した抽象的な形状の物体に置換えてとしてみて下さい。それでもこれらの映像は力を保ち続けるはずです。
 究極的に、この映画はトリップ・ムービーなのです。現代の映像作家たちが、CGによるフラクタル幾何学模様やアニメーションで作り出そうとしているものを、実写で表現しているに過ぎないのです。ちなみに、トリップ・ムービーで好まれて使用される反復的なミニマルのミュージックが、スティーブ・ライヒやフィリップ・グラスの曲などを聴けば分かる様に、時として露骨なほどに“マーチ調”に変容するという事も注目に値します。特に打楽器が加わった場合が顕著です。

 これは、私たちの感覚が、先天的にこうした「リズム」を嗜好している事の顕れだと思います。卵が先か、鶏が先かの議論になってしまいそうですが、私たちが軍隊の中にある整頓されたイメージ、規則的なリズムに感応しているのではなく、軍隊の方が、その隊列の中にこれらのイメージとリズムを取り入れているという事なのでしょう。(私たち日本人は、敗戦と戦後教育によって、一種のアレルギーに陥っているので、必ずしもこの限りにはありませんが・・・)


 もちろん、強力な効果を生み出すためには、これだけでは不十分です。規則的な映像の中に、時として逸脱した映像を挿入して、緊張に対する弛緩を用意する事も忘れてはなりません。
 歓迎式典が明けた大会初日の早朝には、兵士たちが半裸になってふざけ合う様子が映し出され、行進と整列に終始する大会の映像と好対照をなしています。もちろん、これは、普段は精悍ながらもいかめしい表情をしている兵士たちに対して観客の親近感を誘うための・・・、延いてはナチスという集団そのものに対する警戒感を弛緩させるための計算された演出でもあるのですが・・・

 音楽にことごとく同期するように編集された陶酔的な花火のシーンにも、その導入部に、一瞬、違和感を抱かせる「逆回しのカット」が挿入されていました。場面転換の時に画面一杯に写し出されたラッパの映像も、その唐突さでもって感覚に刺激を与えます。観客は、ある意味でムチ打たれながら、興奮の中、鼓舞され続けるのです。

<ステージの上のスター・・・>
 本作を見て、ライブやコンサートの記録映画みたいだと感想を漏らした人がいましたが、それはたぶん正解です。これは感覚の映画です。『意志の勝利』はナチス版『ウッドストック』なのです。直接的にも系譜の源流に位置する映画である事は明らかですが、そう考えた場合、気にかかるのは、『意志の勝利』には『ウッドストック』に存在するようなスターの輝きが乏しい事でしょうか・・・。行進する兵士や熱狂する市民の映像と比べて、演説の場面は遥かに退屈なのです。

 ステージに上がるのは、チビに、デブに、狐のような狡猾さを備えた痩せぎすの男・・・。居並んだ兵士たちの端整な顔立ちと、均整のとれた体躯とは対照を為しています。どこぞやの国の政治家とかを見ていても感じる事ですが、いつの時代も支配者というのは、被支配者よりも醜いものなんですね。
 ・・・まあ、一応言っておきましたが、こんなのは戦後的なモラルを発揮した二十一世紀的な解釈に過ぎません。事実、観衆たちは壇上の人間の一挙手一投足に歓声を上げて熱狂しています。中でも、ヒトラーの存在感は抜群です。あの大仰な身振り手振りを滑稽だと言って笑うのは簡単ですが、それは歴史の悲劇を笑う事に等しいのです。

 ヒトラーは紛れもなく群集のアイドルです。もちろん、悪の偶像には違いないですが、彼の事を「愚かな小男」呼ばわりして全否定するだけでは、歴史に対して充分な責任を果たしているとは言えないでしょう。寧ろ、刮目して向かい合わなければなりません。
 しかし、現在では彼に関するまとまった量の映像を目にする機会はとんと失われています。私たちはヒトラーをのイメージを思い浮かべる事が出来ますが、それは実のところ、チャップリンの残像のように思えてなりません。私たちはチャップリンの『独裁者』を通して、ヒトラーを見知っているのです。いや、これでさえも、既に希望的観測に過ぎないのかも知れません。もはや観客たちは、チャップリンの意図したところも理解する事が困難になってきていると思います。是非とも『意志の勝利』と『独裁者』を同時上映してもらいたい! ヒトラーの演技を解体するという偉大な試みは、チャップリン以外は誰も成し得る事が出来なかったのですから・・・

<有罪の証>
 ちなみに、この一連の演説の場面のせいで、リーフェンシュタールはとりわけ批判を受ける事になりました。それは、これらの演説が、“短縮されて”、“収録されて”いた事によるものです。
 戦後、リーフェンシュタールは、自分はあくまでも「芸術家」としての立場で映画の制作に携わっていたのであって、「ナチスの共犯者」ではなかったのだと主張しましたが、彼女はアドバイザーや助手を置かずにたった一人で編集を行っていたのです。それでは、彼女は一体どのようにして、演説の中の重要な部分とそうではない部分とを区別したというのでしょうか? これは、彼女がナチスの教義に心酔し、深く理解していた事の証拠なのではないでしょうか?
 リーフェンシュタールは答えます。「そんなのは簡単よ。観衆の歓声が大きかったところを残しただけ」。こんな答えで納得が出来ますか? もちろん彼女の主張を100%否定できるわけではありませんが、彼女はナチスに、そしてヒトラーに大いに心酔していたのだと思います。しかし、その事で彼女を有罪に出来るかと問われれば、難しいとも思います。彼女は当時のドイツ国民の九割と同様に熱狂していたに過ぎないのですから・・・。リーフェンシュタールの罪は、彼女が偉大な映画監督であった事に他なりません。彼女が裁かれるのは、悪しき映画を作ったせいではなく、この上もなく素晴らしい映画を作ってしまったせいなのです。

 リーフェンシュタールを描いた伝記映画『レニ』の中に印象的な部分がありました。真っ向からナチス協力者であった事を否定する彼女が、いざ本作の上映が始まると、その映像と音について、目を輝かせながら熱弁を振るうのです。行進の場面を解説しながら、「タンタンタカタン♪」とマーチを口ずさむほどに没入しています。その姿には戦慄を覚えずにはいられません・・・。彼女は良きにつけ悪きにつけ、「美」に対する無私の奉仕者だったのだという事なのでしょう。


 私たちは『意志の勝利』に熱狂しなければなりません。そしてその上で、自戒しなければなりません。チャップリンの『独裁者』を、アラン・レネの『夜と霧』を見なければならないのです。
 私たち日本人は歴史を無かった事にする名人です。未だに本作は上映される事さえありません。しかし、覆い隠すよりも、全てを見せてしまう事の方がずっと健全なのです。さもなければ、全ての有罪者は、贖罪の機会を逸してしまう事になるでしょう。全てを見ようとする意志だけが、私たちに残された最後の良識だと思います。
1 5 10
私が愛している度
私が評価している度
一般人気
マニア人気
オススメ度
ソフト
 本作は日本では公開もソフト化もされていません。まるで、見る事自体が既に罪悪だと言わんばかりですね。私は高校時代に、恩師とも言える先生から輸入ビデオを借りて見る事が出来ました。アメリカのIHF(International Historic Films Inc.)発売のVHSです。字幕無しなので、英語の訳文が記されたライナーノーツが付いていました。フィルムの状態はかなり悪かったのですが、すっかり魅了されてしまったので、先生に教わって、渋谷にある軍事ものマニアの店までわざわざ出向いてみました。そこで購入したのはイギリスのB.B.F.C.発売のビデオ。IHFのものより若干良好な画質で、英語字幕が収録されていました。元がPALだったという事なのでしょうが、売られていたのはダビングテープで、パッケージはカラーコピーしたが・・・(^^;

 時代は良くなったもので、現在ではインターネットなどを利用して、海外で販売されているDVDを購入する事が出来ます。Synapse発売のTriumph Of The Will: Special Edition」は、以前のビデオとは比べ物にならないほどマスターの状態が良く、英語字幕もON/OFF可な上、特典として、短編の『Day Of Freedom(自由の日)』まで収録されています。リュージョンALLなので国内向けプレーヤーでも問題なく再生できますし、これは全映画ファン必買の名盤と言えるのではないでしょうか。

<  〜'54>
 戦前に
『意志の勝利』を評価していた批評家たちは、戦後になって、この映画の力は、党大会の会場を設計した建築家アルベルト・シュペーアの功績にあったのだと、揃って訂正し始めました。確かにシュペーアの功績が少なからざるものであった事は了解できますが、しかし、それならば、偉大な建築物を撮影した映画は、皆、偉大な映画になるとでも言うつもりなのでしょうか? これは戦後ヨーロッパを席巻した“レニ・パッシング”の一つに過ぎないと思います。

 ヨーロッパ、特にはドイツにおいてですが、ナチスの協力者、無意識的な共犯者であった者たちは、自分たちのスケープゴートにするために、レニを“負の偶像”として祭り上げる事に心血を注いでいたように思います。レニの芸術的な感性は、イコール「ナチス的美意識」として断罪され、彼女の経歴、人生からは、あらゆる功績が削ぎ落とされたのです。

 戦争裁判で無罪となったのにもかかわらず、彼女の戦後の活動は困難を極め、度重なる妨害の中、やっとの思いで完成に漕ぎつけた『低地(1954年)』も、絶賛したジャン・コクトーらの擁護も虚しく、まともな興行は行えないまま終わりました・・・


 以後、レニは映画を撮る事が出来なくなりました。偉大な“映画監督レニ・リーフェンシュタール”は、歴史から姿を消す事になるのです・・・
 彼女の後半生についてはまたの機会に書かせてもらう事にしましょう。


トップページを表示