CURE キュア
Cure 1997年 日本
スタッフ/キャスト
製作: 加藤博之
プロデューサー: 土川勉
下田淳行
監督: 黒沢清
脚本: 黒沢清
撮影: 喜久村徳章
美術: 丸尾知行
編集: 鈴木歓
音楽: ゲイリー芦屋
 
出演: 役所広司
萩原聖人
うじきつよし
中川安奈
螢雪次朗
洞口依子
111分
ストーリー
 それまで何の問題も起こしたことのない良識的な市民が、家族や恋人、仕事の同僚など、身近な人を突発的に殺すという不可解な事件が相次ぐ。一見何の関わりもないこれらの事件には、被害者の体に「×」印の傷が刻印されているという奇妙な共通点があった。事件を担当した刑事の高部は、捜査を進める内に、ある事実に行き着く。全ての事件の加害者が、事件を起こす前に、“ある男”に会っていたというのだ。
 その男・・・、「間宮」は、病院に収容されていた。記憶喪失だというこの男が、大学で催眠術の研究をしていたということを知った高部は、間宮が催眠術を使って加害者たちを操ったのではないかと睨み、間宮を厳しく尋問するが、それはあまりにも危険な行為だった・・・・・
レビュー
 『叫』、『回路』の黒沢清監督の97年度作品。日本映画には珍しいサイコ・サスペンスながら、稀に見る高い完成度を誇る傑作です。横文字タイトルのキドった感じに抵抗を覚えて敬遠してたら損をしますよ。

 催眠術をネタにしたサイコもので、お話自体は割とよくある風なんですが、画面から伝わってくる緊張感が尋常じゃない。特に尋問シーンの迫力は鳥肌もの。刑事だから犯人を尋問しなきゃいけないわけなんだけど、相手が催眠術の名手なので、ただ話をするだけでもオッカナイ。いついかなる瞬間に、自分も催眠術をかけられてしまうか分からない。そんな刑事と犯人の間に漂う緊張感を、黒沢清監督は、緻密な画面設計をもって、完璧に視覚化しています。ホント、飛び散る火花が見えるよう。ピリピリとした空気が伝染して、見ている方も息を詰まらされてしまいます。「視覚化」という言葉からすると逆説的ですが、目に見えない部分、「闇」の使い方がまた上手い。ほとんど何も見えないような闇の中に、まるで何かが見えるように感じられる。それは精神か、観念か、はたまた亡霊か? 面白く、それでいて怖いです。ホラー映画マニアとして知られる黒沢監督の面目躍如ですね。

 というわけで、いちサイコ・サスペンスとして見ても充分面白い『CURE』ですが、この映画の真の面白さは、『めまい』的な二重構造にこそあります。「『めまい』的構造」というだけで、勘のいい人ならピンと来たと思いますが、一応説明させてもらいましょう。
 この映画、明瞭な物語を明瞭な演出で描いている前半と比べて、後半の“訳の分からなさ”が際立っています。曖昧で、ボワワ〜ンとした感じ。具体的に言うと、空間や時間の処理が曖昧になって、今どこにいるのか、今がいつなのかといった情報が、不明瞭になっているということです。今まで何の説明もされていない、訳の分からない場所に、突然行っていたりします。
 この変化は、ある時点を境にして訪れます。それはバスでの移動シーン・・・、車窓をスクリーン投影するという古典的な手法を用いて撮影された映画的なカットなのですが、窓の外に映し出されるのが、いかにもそこにありそうな街の風景などではなく、まるで雲の上を飛んでいるかのような、「空」の映像なのです。なんなんだ、これは!?

 サスペンスを楽しみながらも、ずっと違和感を抱えたままだったのですが、同時に既視感も覚えました。「この感覚は覚えがあるぞ そう、ヒッチコックの『めまい』を見た時に覚えたのと同じ違和感だ!」。私が下手クソな文章で書いた『めまい』のレビューを参照してほしいのですが、『めまい』の後半部の展開が、まるまる全て、主人公の見ている夢だとする説があるのです。そう、『CURE』の後半部に漂っている、あの“ボワワ〜ンとした感じ”もまた、まさしく夢の感覚なのです!
 さて、そこで問題になるのは、『CURE』の主人公が、どうして夢の世界に入り込んでしまったかという点です。『めまい』の主人公の場合は、愛する人の死という辛い現実を受け入れられなくて、夢の中で「彼女はまだ生きている」という幻想を抱いていると解釈できるわけですが、『CURE』の場合はなぜ?
 ・・・「なぜ?」なんてもったいぶってしまいましたが、実は、これは疑問でもなんでもないのです。解釈の余地さえ残さない決定的な映像が、先述した「バスでの移動シーン」の直前に、挿入されているのです。これ以上はネタばれになってしまうので自粛しますが、結論だけ言うと、暗い・・・、とにかく暗いです。この映像と、その後に続く、ボワワ〜ンとした「お空の上の映像」との落差の内に、何かがプツンとふっ切れてしまったかのような、絶望的な感覚を見て取れるはずです。この映画は、ジャンル的には「サイコ・サスペンス」と呼ばれるものですが、普通の映画のように、事件を客観的に描くものではなく、サイコな人物の心象をそのまま映像化してしまったかのような、本当にサイコな映画だったのです。

 映画は、世界の破滅さえ予感させるような、世紀末的なムードを湛えたまま終わります。悪意に満ち、破壊的ですが、どこか快楽的でもある破滅の感覚・・・。う〜む、これが、悪の主人公「間宮」の言う、癒し=CUREの感覚なのか? 根が暗いので、好き嫌いが分かれるとは思いますが、一見の価値のある映画です。
映画の印象
/
降水確率0%
勝手に総評
1 5 10
私が愛している度
私が評価している度
一般人気度
マニア人気度
オススメ度
ソフト
 DVDは、2001年に角川より発売されました。「PULSE」という商品名のDVD−BOXも発売されていて、そちらには、他に『ニンゲン合格』、『修羅の狼 蜘蛛の瞳』、『修羅の極道 蛇の道』及び『回路』のメイキング・ディスクが収録されています。単品の方は、2007年7月に少し安くなったものが再発売されているので、今買うならそちらがオススメです。映像特典は、オリジナル劇場予告編。画質もまあまあ良好です。

(2007/11/30)

関連作をチェック!

関連作品


トップページを表示