交通事故にあったら

交通事故にあった自分の体験ら、これがなにか生かせるものはないかと探ったものです。

事故だ!急げ!

交通事故証明書:

2004-03-07

交通事故証明書

これは、交通事故があったことを警察が証明するものです。
保険金請求などのさいに、事故があった事実証明に。
保険会社・農協・共済・などへそれぞれ提出なさるかと思います。


事故現場

事故現場にパトカーが来て、あるいは軽度な事故では、
そのまま交番に行って調書を書いたりして その日は帰されます。
この場では、事故証明というものはくれません。
あとで必要な分だけ、請求することになります。

軽度な事故(?)で、そのまま現場検証した場合などには、
事件番号 ・担当警察署 ・取り扱ってくださった刑事さんのお名前なども聞いておきましょう。

もし後で分からなくなっていたら、
事故管轄の警察署の交通課に 問い合わせて聞きましょう。
日付と事故の場所から探し出してくださいます。
でも、担当した警察官が、夜勤とかだと なかなか連絡がとりずらいので
余計な手間をはぶく意味でも、記録しておくとよさそうですよ。


交通事故証明書の請求

請求方法は、近所の交番にいけば 丁寧に教えてくれますよ。
この事故証明書の申し込み用紙は
事故現場の警察でなくても構わないのです。
請求する人は、被害者・加害者・損害賠償請求権のある親族
・雇い主・保険金の受取人などでも構わないとされています。
保険会社・農協・共済・などへそれぞれ提出なさるかと思います。
何通でも、また後からでも請求は出来るので
時間の余裕をみて請求しておくとよさそうです。

申し込み用紙に記載して、
郵便局で、証明書1通につき600円を申請枚数分。
これに郵便振替 手数料を支払います。
後日、交通事故証明書が、2週間ほどで郵送されてきます。


交通事故証明書の内容

交通事故の時間・場所・当事者の住所・事故の種類ていどしか書かれていません。
これはたんに、事故が発生した という警察の証明になります。
過失割合などは、この交通事故証明書には書かれていません。
また保険会社はこの交通事故証明書を要求してきます。

交通事故証明書については、小額の損害ですむ場合にかぎり、その『入手不能理由書』を添付することもあります・・・これは各保険会社にお尋ねください。
交通事故証明書を、保険会社のほうで取るように話を進めれば、600円が浮く(笑)
示談の中では経費として請求します。
ですが示談の最終段階では、もっと大きな金額を扱うので
うやむやに含まれた形(全部でイクラ)になって終わる。


交通事故にあったら >警察と交通事故 >交通事故証明書



ワニのたまご だちょうのたまご 中国株 なみなみ投資日記