交通事故にあったら

頚椎捻挫ムチウチは交通事故と切り離せないお話です。ムチウチ痛みの緩和と湿布の効用など。

ムチウチ:

頚椎捻挫のはなし
2005/08/08

事故と言えば、ムチウチ

ムチウチは暖める?冷やす?

さて、ムチウチと言えば、冷えると良くないですよね。何よりも温めます。
ケガした時は、冷やすのでは?と思った方
それも場合によっては 正解です。
それは、事故直後や筋肉疲労時なのです。
 発熱している時に限っては、めいっぱい冷やす
しかし、それ以外は身体は 基本的に温めます。
ご自身の手で触ってみて、火照っているか?で判断できます。
ムチウチの首の後ろ、古傷やからだの硬くなっている場合も 温めます。
血行が促進されると、良くなるのも早くなりそうです。

ただし、病院診察・治療の直前だけは、状態が分からなくなるので注意してください。


ムチウチの痛みを緩和するには

ムチウチには、温めるのが一番でしょう。
体がやわらかくなるにつれて(血行が良くなる?)痛みが小さくなります。

温泉などが いい湯でしょう

ババンバ、バンバンバン♪
ご家庭の庭に、温泉が湧いていない方は(私もそうですが、笑)
温泉の素を入れて、お風呂で温まるのが効果的です。
まぁ、温泉の素はなくても かまわないのですが(笑)
長時間入っていると、さすがに飽きてきますので
温泉の素や香りのアロマは、気分的にいい気分〜。
体がやわらかくなるにつれて、
(血行が良くなる?)痛みが小さくなります。

ムチウチに貼るカイロは簡単

手軽に暖められる物に、貼るカイロがあります。
私は、“箱買い”して一箱で50枚くらい?これを愛用しています。
ムチウチ用に簡単なのは、
下着シャツの内側に、ペタリと貼りつけて過ごしています。
背骨に沿って、首の所、Tシャツなら首のタグ(製造フダ)のところに
貼るカイロをしています(用法については責任は各自でどうぞ)。
ムチウチには、背骨を暖めるのが効果的です。
あとは、体調によって腰などに貼っても良いでしょうね。


ムチウチに湿布も大好き

ムチウチは、後遺症のなかでも比較的かるいほうなので
治療は、シップなどだけになるかと思います。
治療も電気をチリチリ流すだけで、
即効性が見られたわけでもありません。
効果のほどは?人によって電気の効果は違うのかも。

湿布薬は古くからありますが、なかなか軽く見たものでもない。
人間は骨の周り、全てに細胞が囲んでいます。
細胞の内へと、湿布薬は浸透して行きます。
痛みを鎮める。腫れをなだめるのが湿布の効果です。
皮膚から吸収されて、筋肉や体内に効果が入っていきます。

なんと湿布はムチウチだけでなく 内臓の疾患にも効果があるほどです。
つまり、胃が痛い時には、お腹に湿布。
腹が下ったら、下腹に湿布。などでも効果があるそうです。
肉は細胞が並んでいる状態なので、皮膚から入って内臓の壁へと
薬効が浸透していくそうです。

人によって好みが分かれるところですが
スースーする湿布は効き目が薄いものです。
薬効を期待した湿布は、匂いもスースーするものも入っていないことがあります。
筋肉が柔らかくなり、湿布していたことを忘れるものが良いものに感じます。
湿布もメーカーによってそれぞれですね。


交通事故にあったら >病院治療とお金 >ムチウチ



ワニのたまご だちょうのたまご 中国株 なみなみ投資日記