アルコール依存症に関する誤解と真実
(解説)

1.アルコール依存症者は、意志が弱いので酒がやめられない?

 ちがいます。飲酒をコントロールできないのは、意志が弱いからで
はなく病気の症状なのです。一口のアルコールが体内に入ると、
これが呼び水になり、いくら節酒をしようとしても止まらなくなり
ます。結果、以前の様になるまで飲んでしまうのです。
また、酒が切れると離脱症状(禁断症状)が出てくるので、それが
つらくて飲んでしまうのです

 

2.だらしない性格の人が依存症になるのでは?

 いいえ。医学的に「依存症になりやすい性格」はありません。ただ
し「依存症になりやすい体質」はあります。糖尿病になりやすい体質
の人がいるのと同じ事。
 依存症になりやすいのは、以下のような人です。
☆飲んでも赤くならず二日酔いしにくい人
 (アセトアルデヒドの分解能力が高い)
☆気持ちよい酔いが味わえる
 (脳の「アルコールヘの感受性」が高い)
注;この体質は遺伝するので、家系に「大酒飲み」と言われる人がいる
  場合は、飲酒の習慣をつけないことで依存症の予防ができます

3.女性はアルコール依存症になりにくい?

 病気と性別とは関係ありません。むしろ女性ホルモンなどの関係で、
女性の方が酒の害を受けやすく、依存症になりやすいのです。
酒を習慣的に飲み始めてから依存症になるまでの平均年数が、男性は
20年なのに比べて女性は10年未満と約半分という統計もあります

 
4.チューハイや梅酒、ビールだけしか飲んでいないから、
 依存症にはならない
?


 アルコール飲料の主成分は、エチルアルコールという依存性薬物。
これによって起こるのがアルコール依存症です。
問題なのは酒の種類ではなく、飲んだものの中に含まれているエチル
アルコールの総量
。アルコール度数が弱くてもたくさん飲めば同じです。
ビール大瓶1本・日本酒1合・ウィスキーのダブル1杯に含まれる純アルコ
ール分量はほぼ同じです。

注;若年層には、果実酒などをジュース感覚で飲んで止まらなくなる人
 もあります

5.酒を飲んでも顔が赤くならない人は、依存症にならない?

 顔が赤くなるのは、体内に入ったアルコールが分解される過程で
できる有害物質、アセトアルデヒドの作用です。
 一般に「酒に強い」と言われる人は、このアセトアルデヒドを分解する
酵素の働きが正常で、分解がスムーズなので、飲んでも顔に出ないの
です。
反対に「弱い」と言われる人は、酵素の働きが弱い、もしくは全く働かな
い人で、アセトアルデヒドが長時間体内に留まり、顔が赤くなるのです。
 つまり、顔色が変わらない人は、たくさん飲んでも体調に異変がない
ため、気づかないうちに大量のアルコールを摂取してしまうことになり、
かえって依存症になる危険性が大なのです。

6.仕事をしているから、まだ依存症ではない?

 アルコール依存症は進行性の病気です。飲み始め→精神依存に移行
する初期→病的行動が始まる依存症中期→人生が破綻し始める依存症
後期へと徐々に進行します。
依存症中期からは軽い離脱症状が出て、飲酒のことで嘘をついたり家庭
内で問題が起き始めますが、たいていの人は必死に問題を隠して仕事を
こなしています。
仕事に明らかな支障が出て、家庭崩壊に至ったりするのは依存症後期
です。
早く治療を受ければ受けるほど、失うものは少なくてすみ、回復と社会
復帰も容易です。
ぜひ早期治療を!

 

7.肝臓が悪くなければ、まだ依存症ではない?

 たしかに、肝障害を併発しているアルコール依存症者は多いし、専
門病棟の入院患者の80%に肝障害があったという報告もあるくらい。
でも、障害の出方には個人差があります。肝臓は悪くならずに、脳神
経系に障害が出るタイプの人もいますので、いちがいには言えません。

8.アルコール依存症になったら、死ぬまで酒をやめられない?

 コントロ一ルを失う病気ですから、自己流でやめるのは無理です。
けれど、治療・援助を受ければお酒をやめられます。
専門の治療の場、回復を続けるための自助グループは、全国各地にあ
ります。実際にたくさんの人が、回復し社会復帰しているのです。

あきらめないで
!

9.悩みを解決すれば飲まなくなる?

 はじめはストレス解消のために飲んでいたかもしれませんが、いっ
たんアルコール依存症になってしまうと、つらいから飲んでいるので
はなく、
一口のアルコールが体内に入ると止まらなくなる病気
から飲んでいるのです。
悩みを解決するより先に、病気としてしかるべき対応を。
ただ飲酒を責めたり、「酒をやめる」と誓わせても効果は上がりません。

10.病気が治れば、また飲めるようになる?

 アルコール依存症は、糖尿病と同じような慢性病です。回復はあっ
ても完全に治ることはなく、病気と上手につき合っていくことが大切。
飲酒のコントロ一ルを失っているので、二度と普通の酒飲みには戻れ
ず、少しでも飲んでしまえば逆戻りです。
節酒は不可能、断酒が必要
なのです。
         NPO法人兵庫県断酒会  ページ先頭へ戻る  トップへ




  
お知らせ 長い間有難うございました。本年10月31日をもって このホームページを終了させていただきます。
尚、
リニューアルして引き続きアップしますので宜しくお願いします。 引っ越し先https://www.dansyu.jp/
                                           2017/8/15


例会のあり方と心構えについて
(断酒会で語り継がれていること)

例会では 
 会の運営は、縦わりの機構になっていますが、例会では断酒歴に関係なく平等です。
各人各様に生活も環境も違いますから、ああしなさい、こうしなさい等、指導したり、
自分の体験を押し付けないようにしましょう。

断酒歴の長い人も
 自分の体験談を語ることに終始しましょう。

例会では私語は止めましょう。
 話しをしている方に失礼ですし、聴いている方の迷感にもなります。新しい方の話こそ
真剣に聴きましょう。

例会は参加した全員の2時間です。
 一人で長く時間を取らないように注意しましよう。
多人数(15名位以上)の時は、長くても10分以内でまとめましょう。
古い人も、今日から酒を止める人も平等に時間を分け合いましょう。
むしろ、新しい方が熱心に話しをしている時は、少々長くても聴いてあげましょう。

司会をする時に 
 7時〜9時(2時間)の時間を厳守しましょう。帰りの乗り物の時間や、
明日の仕事の早い方もいるでしょうから。

例会は体験発表の言いっぱなしでいいのです。
 
注釈をつけたり、司会者がしゃべり過ぎると、例会の雰囲気を壊すことがあります。
一人一人、物の考え方や物の見方も違います。
適切なアドバイスは、非常に難しいものです。
下手をすると逆効果になる場合もあります。
司会者は 例会の進行役に徹して下さい。 

家族の方々にも
 お茶くみばかりでなく、会員と同じように体験発表をして頂きましょう。

新入会の方にたいして 
 心から暖かく迎えましょう。

個人の力はしれています
 誘い合って他の支部例会や記念大会・研修会等に参加しましょう。

 新入会者の定着が悪ければ、その原因を考えて見ましょう。来ない人に原因があるの
ではなく、支部の中や例会に問題があるかも知れません。

奉仕の心で断酒の喜びを 断酒継続を5年以上していて、断酒会から離れて行く人が
います。自分が助かればそれで良いのでは、飲酒時代の心と何も変わっていません。ま
だ酒害に苦しんでいる方々への奉仕の心を養いましょう。それが自分自身の断酒の糧と
もなり、断酒の喜び、励みとなります。会や支部の役も、進んで引き受けましょう。

 どんな事があってもこの会から離れないようにしましょう。

支部を増やしまよう 1人(支部長)の人がお世話出来るのは、10人位迄です。
20名を越えるような例会が続くようなら、新しい支部を作りましょう。
近くに例会場があれば誰でも出やすいと思います。

その他一般的に 
 会員の間では、金銭の貸借はやめましょう。貸しても、借りても問題が起きた時に
気まずい思いをし、会を離れる原因にもなります。

 宗教や思想の話は、しないほうがいいようです。

 うまの合う人同士が、グループにならないようにしましょう。あくまでも断酒が第一の会
ですから、お互いを認め合って仲良くしましょう。

 仕事の世話もしないほうがいいようです。

 賭け事もあまりしないほうがいいようです。

 会の批判や、個人の批判もしないほうがいいようです。誤解の元になります。生涯お付き
合いするのですから、お互い仲よくするよう心掛けましょう。

 皆が努力し、頑張っているのだから謙虚になりましょう。

 一般的な社会人としても、節度ある行動が出来るよう心掛けましよう。   

                   ページ先頭へ戻る    トップへ


  お知らせ 長い間ご来場いただき有難うございました。本年10月31日をもって このホームページを終了させていただきます。
 尚、
リニューアルして引き続きアップしますので宜しくお願いします。 引っ越し先https://www.dansyu.jp/ 渡辺和宜・順子 拝
                                                                 2017/8/15 更新