花木の選定・管理                                    目次へ
お知らせ 長い間ご利用いただき有難うございました。本年10月31日をもって このホームページを終了させていただきます。
   尚、
リニューアルして引き続きアップしますので宜しくお願いします。 引っ越し先https://www.dansyu.jp/ 渡辺和宜・順子 拝                                                                                2008年4月28日アップ 2017年10月2日更新

  花木の施肥は新芽が動き始めるまでに。

 紫陽花(あじさい)
 

 植木の中でも花を咲かせるのが一番難しい花木です。
アジサイは、小枝の先端に近い一番大きな芽が花芽になりますので、花の後、花がらを取る程度にするのが、毎年花を咲かせるコツです。
植木鉢で育てる時は、水切れに注意(乾燥期は、鉢受けを置くとよい)

 大きな花を咲かせるには、枯れ枝や、花柄を取る程度で木を大きくする。根元から出ている太い新芽も残す(翌年花が咲きます)。
 樹形を小さくしたい時
 @根元から全部切ったときは、翌年花は咲きませんがそのままにしておくと次の年に咲きます。
 Aまず株の半分を切り詰め、翌年残り半分を切り詰める。


  挿し木は容易=鹿沼土
 うめ
 梅の木の剪定は、何処から切ってもかまいませんが9月から翌年5月末までに。これを過ぎてから切り込むと、出来始めた花芽が葉の芽に変わり花が付きません。
 エニシダ
 切り込むと枯れます。
 キンモクセイ
 ギンモクセイ

 春に出た新枝の葉の付けねに花芽をつけます。
剪定は10月に花が終わってから3月中に。元気な木は、強剪定しても大丈夫です。
 さくら
 「桜切る馬鹿」と言われるのは、桜の木は切り口が腐りやすく、幹に腐りが入ると空洞化になるからです。
やむを得ず枝を切る時は、枝の途中からでなく、幹際から切ると樹皮が巻いて腐りにくくなります。切り口には、防腐剤や消し炭を塗っておくと良いです。
 最近聞いた話ですが、ワサビを切り口に塗ると殺菌効果が上がるそうです。

 桜の根は、浅く横に張るのが特徴です。根の周りを人が踏まないように、出来れば枝先の下ぐらいに柵を設けるのが理想です。根の周りにこぶし大の石を並べて、直接地面を踏まないようにして根を保護している桜の名所があります。
 桜の木は害虫の種類も多く葉の状態をよく観察し、早いめに殺虫剤(1000倍液)で駆除して下さい。
 天狗巣病・宿り木が、枝に出やすく見つけたら切除する。

 
 繁殖は、接ぎ木法
 ざくろ

 元気な小枝の先端に花芽をつける。
幹から出たヤゴ、絡み枝や立ち枝を切り取る。トゲに注意。
 サルスベリ
 新芽の先端に花芽をつけるので、
剪定は花が終わってから3月までに。
 ジンチョウゲ
 剪定は花の直後。樹齢短い。
移植困難、移植は根を切らないようにさぐり掘りをする。

 挿し木は容易=鹿沼土。
 椿類・サザンカ

 乾燥に注意。剪定は、枝先の三ツ枝を切りとる。
強く切り詰める時には、必ず受け枝を残しておくこと。
挿し木は、夏の土用にだんご挿し。根をもらって根挿しもよく芽が出ます。
 植木鉢の藤

 5月〜9月、腰水に浸ける。葉が落ちてからツルを切り取る。
 ライラック

 切り込み過ぎると枯死しますので、地際のヤゴや枯れ枝を切るぐらいにするのが無難。
 花は、先端の芽に咲きます。
 水切れ注意。
 
 この木は、イボタノキを台木にして接ぎ木しています。台木から出た芽は、早めに切り取って下さい。そうしないと台木に負けてしまいます。
 ツツジ類

 夏の土用に花芽を付けますので、剪定は花が咲き終わってからすぐ。5〜6月
 ヤマブキ

 枝の先端に花芽をつけるので枯れ枝を取る程度。