お知らせ 長い間ご利用いただき有難うございました。本年10月31日をもって このホームページを終了させていただきます。
   尚、
リニューアルして引き続きアップしますので宜しくお願いします。 引っ越し先https://www.dansyu.jp/ 渡辺和宜・順子 拝 

家の周りの害虫                                          戻る
植木・人に害を与えるもの

   2010年4月22日更新


チャドクガ


 桜の花が終わり葉桜になる頃と、お盆の頃2回発生する。
 成虫(ガ)になるまでに脱皮を繰り返し、この抜け殻が残っている間は、この下へ行っただけでも痒くなり皮膚の弱い人は、湿疹が出来てなかなか痒みが取れません。

 この抜け殻は、毒針を持っており、目に見えない粉になって知らない間に衣服の繊維を通って入り込みます。
 気温の高い間、皮膚の毛穴が開いている為特に注意



椿・サザンカ
お茶の木
対処方法
 湿疹のひどい時は、お医者さんへ行くのが一番。
入浴して石鹸でよく洗い、ムヒやキンカンなど売薬でも、大抵は1週間ほどで痒みが止まり湿疹も消えます。
 小さい子供さんを近ずけないように。

駆除方法
@新芽を食べ始めたごろは、近くの葉の裏に群れになっていますから、虫のいる葉を取るか、花木の殺虫剤を使って駆除出来ます(1,000倍液)。
A幼虫は、葉肉を食べますので葉が白くなっているので、葉の上から見付けて切り取るのも方法です。
B黄色いが飛んでいるのを見つけたら捕殺します。
C葉の裏に黄色い綿のような卵を産み付けるので葉ごとちぎって駆除します。
;脱皮を始めたら殺虫剤を使うと安全です。
 庭掃除する時、木の下の土ぼこりにも長い間残っているので、水を撒くなどするとよいでしょう。

イラガ


 梅雨に入った頃に発生し、夏の終わりごろまで繰り返し発生する。
 緑色をしていて、葉の裏に隠れて大きくなるため人目につきにくい。
 体が葉に触れた時に刺される。
感電したような痛みが走り,腫れ上がり痒くなります。

柿木・楠の木・カシ・カナメ・モチノキ・もみじ類・サクラ・ナンキンハゼ・フウ・その他
対処方法
 湿疹のひどい時は、お医者さんへ行くのが一番。
ムヒやキンカンなど売薬でも、大抵は1週間ほどで痒みが止まり湿疹も消えます。
 剪定作業は、手袋・厚めの長袖と帽子、首を保護すると刺されません。

駆除方法

@新しい葉を食べ始めたごろは、近くの葉の裏に群れになっています。その葉を取り除くか、花木の殺虫剤を使って駆除出来ます(1,000倍液)。
A幼虫は、葉肉を食べますので葉が白くなっているの見付けて切り取るのも方法です。
B秋に卵型のさなぎになり越冬します。枝の節の下側、幹の土際や窪んだ所、庭石やブロックの目地等、雨のかかりにくい所に居ます。これを探して潰して下さい。

スズメバチ
アシナガバチ


梅雨に入った頃から巣作りを始める。
巣が大きくなり蜂の数が増えてくる秋に被害が多くなる。


ミツバチ
 通常飛んでいる時は特に害はありませんが、巣に触ると攻撃してきます。
 分蜂して大きな蜂の塊を時々見かけますが、支障のない時はそのままにしておけばどこかえ行ってしまいます。


繁っている庭木
カイヅカイブキ
ウバメガシの生垣
家の軒下
石垣の隙間など
対処方法
 刺された時は、直ぐにお医者さんへ行くのが一番です。
庭仕事や山へ行く時は、白い帽子をかぶると良い(黒いものを攻撃する習性があるようです)
 突然、羽音が聞こえた時は、直ぐに身をかがめ低くなってやり過ごしてから避難する。
 竹ざおなどの長い棒で蜂の巣を落とすのは禁物です。蜂は棒を伝わって攻撃してきます。特に目を狙ってきますので注意


駆除方法
 スズメバチは、住宅地の場合保健所にお願いすると駆除してくれます。
 アシナガバチは、動力噴霧器で遠くからスミチオン等
(1,000倍液)を散布すれば安全に駆除できます。
市販の二口の窓用殺虫スプレーでも出来ますが、逃げる用意をして作業すると安心です

やぶ蚊

 主に庭の植え込みや草むら。

対処方法
 
虫除けスプレーも良いですが、携帯用の蚊取り線香が効果あり。

駆除方法
 あまり効果的な方法はありませんが、蚊の発生源である水溜りを作らない。
家の周囲の溝の水を流れを良くしておく。
かいしょ(集水枡)の蓋が格子状の場合は、網戸用の網を蓋の下に敷くのも良い。

シロアリ
ありの巣
ありの行列


切り株(松ノ木の株)
芝生
庭石の下
植木鉢・

駆除方法
 シロアリは、枯れ木や切り株、特に松の切り株をそのままにしておくと大量のシロアリが住み着いて、家の床下をいくら駆除しても切り株から次々出てきます。

 ありの巣には、市販されている「ありの巣コロリ」等がありますが、雨が降ると効果がなくなります。
 ありの巣には、石灰硫黄合剤の10〜20倍液を巣穴や周りに流し込むと良い。
 硫黄の粉を撒くとありの行列は消えますが、草花や植木のそばでは薬害を起こします。
アブラムシ(ゴキブリ)
腐りにくい落ち葉(タイサンボク・カシ等)の中

対処方法

 植木の肥料になるからと落ち葉を積んでいるお家がありますが、腐らないまま残っている落ち葉は、雨水が通らないためアリや、アブラムシの住処になります。早めの撤去を。
 春に落ちる常緑樹の葉は、硬くて腐りにくいものがあり、ある家へ植木の手入れに行った時、落ち葉を取り除くと数え切れないほどのゴキブリが出て来て、手におえなかった事がありました。

                                         戻る