Home  Album(1960's)  Album(1970's)  Album(1980's)  Album(1990’s)  Album(2000's)

Compilations&Others  Column


                    

Hearts of Fire

Hearts of Fire

【Released:1987.10.20】

 このアルバムは、ディラン初の本格的主演映画のサウンドトラック。映画自体は1987年の10月にヨーロッパとアメリカで上映されたが、かなり不評だったらしくロードショーとはならなかったようだ。もちろん日本では未公開。アメリカではビデオが市販されているが、残念ながら日本の規格には合わないので見ることができない。ぼくは、しかたなくブートレッグを入手した。
 さて、アルバムはディランのほか、共演者のフィオナ、ルパート・エベレットの3人による楽曲が収録されているが、このうちディランの曲は3曲だけである。聴き所は以外にもバックをつとめるエリック・クラプトンとロン・ウッドのギターか?

1.Hearts of Fire/Performed by Fiona

2.The Usual/Performed by Bob Dylan
 この曲はディランのオリジナルではなく、ジョン・ハイアットの作品。なかなか重厚でファンキーなロックン・ロールに仕上がっている。ディランのボーカルも結構ノリノリといった感じ。めずらしくホーン・セクションも入っている。

3.I'm In It For  Love/Performed by Fiona

4.Tainted Love/Performed by Rupert Everett

5.Hair Of The Dog/Performed by Fiona

6.Night After Night/Performed by Bob Dylan
 この曲はディランのオリジナル。タイトで陽気なロックン・ロール。ここでも全編にわたってホーン・セクションがフューチャーされている。曲自体もポップでなじみやすい曲。

7.In My Heart/Performed by Rupert Everett

8.The Night We Spent On Earth/Performed by Fiona

9.Had A Dream About You,Baby/Performed by Bob Dylan
 この曲もディランのオリジナル。なかなか乗りの良いロックン・ロール。リハーサルの最中に軽く作ったような感じ。

10.Let The Good Times Roll/Performed by Fiona

執筆:2001.10.28