Home  Album(1960's)  Album(1970's)  Album(1980's)  Album(1990’s)  Album(2000's)

Compilations&Others  Column


                    

Mr.D.'s Collection#3

Mr.D's Collection

【Released:1994】

このアルバムは、1993年から1994年にかけて実施された"DylanがRock"と題されたCBSソニーのキャンペーンの特典として製作されたものである。タイトルどおり、ディラン関連のキャンペーンとしては3作目のものだが、日本では廃盤となってしまったシングル曲やレアなトラックが収録されている。何枚プレスされたかは定かでないが、中古レコード店でも見かけた覚えはないので、ある種の貴重盤と言っていいのだろう。

1.Just Like Tom Thumb's Blues

これはレアなトラック。なんと1966年5月14日にリヴァプールのオデオンでライヴ・レコーディングされたもの。もともとは1966年6月にアメリカで発売されたシングル〈I Want You〉のB面として発表されたものだが、日本では入手困難なテイク。ただし、1978年にディランの初来日を記念して発売された3枚組のアルバム《Masterpieces》にはこのテイクが収録されている。いまや伝説のヨーロッパ・ツアーだが、公式に発表されたマンチェスターでの演奏と比べると、こちらのほうがよりハードでワイルドな演奏をしている。

2.I Ain't Got No Home

この曲は1968年1月20日にニューヨークのカーネギー・ホ−ルで開催されたウディ・ガスリー追悼コンサートでのライヴ。バックを務めるのはザ・バンド。敬愛したウディの曲だが、かなりハードなロックにアレンジしている。このライヴは日本でもレコードが発売されたが、とっくの昔に廃盤になってしまっている。

3.The Grand Coulee Dam

この曲も前曲と同じコンサートからのライヴ。

4.George Jackson(Big Band Versio)

この曲は1971年にシングルとして発売されたもの。バックはレオン・ラッセル(ベース)、ケニー・バトレー(ドラムス)、ダン・キース(スティール・ギター)らが務めている。カントリー・テイストにアレンジされている。これも前出のアルバム《Masterpieces》に収録されていた。

5.George Jackson(Accoustic Versio)

この曲は前曲のB面に収録されたアコースティック・バージョン。ディランのボーカルが際立っている。

6.Rita May

この曲は1976年にシングルとして発表されたもの。《Desire》のレコーディング・セッションでのアウト・テイクだが、これも 《Masterpieces》に収録されていた。

7.People Get Ready

これはかなりレアなトラック。1975年10月下旬に行われたローリング・サンダー・レヴュー・ツアーのリハーサルの模様を収録したもの。どう聴いてもディランが弾いていると思われるピアノ。録音状態はあまりよくないが、聴き応えがある。ディランが製作した映画『レナルド&クララ』の一場面でバックに流されている。

8.It Ain't Me,Babe

この曲は1975年11月20日、マサチューセッツでのライヴ。この曲も『レナルド&クララ』で一部演奏場面が登場する。かなり原曲を崩したアレンジだが、納得できる。最後に聴かれるディランのハーモニカがすばらしい。

9.Never Let Me Go

この曲は1975年12月4日、モントリオールでのライブ。ジョーン・バエズとのデュエットを聴かせてくれる。ディランの声はかなり枯れているが、味わいがある。

10.Dead Man,Dead Man

この曲は1989年に発売されたシングル〈Everything Is Broken〉のB面に収録されていた。日本では未発売。しかもレコーディングは1981年11月10日のニューオリンズでのライヴ。演奏自体はうまくまとまっているが、楽しくない。

11.The Usual

この曲はディランが主演した映画『ハート・オブ・ファイア』のサウンドトラックからの選曲。残念ながら日本では廃盤となってしまっている。かなり溜めの効いたハードな演奏を聴かせてくれる。

12.Pretty Boy Floyd

この曲は1988年に発売されたアルバム《Folkways:AVision Shared/A Tribute To Woody Guthrie And Leadbelly》からの選曲。日本盤が発売されたかどうかは定かでない。ディランのアコースティック・ギターの弾き語り。

執筆:2001.2.11