最近の完成車(ロード・レーサー

自転車屋「中嶋」では、様々なお客様が遠路はるばるご来店して頂き、オーダー自転車をご発注して下さいます。百人いれば百通りの自転車が存在します。自分だけの、こだわりの1台をここではご披露させて頂きます。
泥除け付き、細いタイヤ、大きなサイズなど、走る所が違えば自転車も違います、あなたにピッタリの自転車はどんなタイプでしょう。
 
特価完成車も有りますので御覧下さい

トップ アイコン

写真 コメント
Wilier GT-R TEAM
60歳になり、新たな目標を“トライアスロン”挑戦とする。
ランとスイムの経験は既にあり、残る自転車のトライが始まる。
自転車の爽快感と深みに触れ、毎週の「朝練」も欠かせない。
初回のレースも申し込み、通勤前後を利用しての練習も加える。
まだまだビンディングに不慣れですが、楽しく遊んで下さいね。
MONTSON Cr-Mo ロード
2013年に開業した新鋭ビルダー「山音製輪所」のクロモリロード。
特殊な形状のコロンバス製(伊)パイプをラグレス仕様にて製作。
当初は配線を内蔵したシマノDi2(電動式)で組み上げた。
今回は、発売されたばかりのカンパPOTENZA(機械式)に変更。
リア11〜32TのスプロケやミドルゲージのRDなどが新鮮に映る。
WILIER Gran Turismo R
通勤メインに、さらに「朝練」参加などで使用頻度の高い
アルミロードをカーボンフレームにしたいとのご要望。
たまたま在庫にWilierがあり、この際ホイールも新調して
カンパのシャマルに。同時に各部の寸法を見直して
ステム長やペダル・サドルも変更し、大きく様変わりした。
FELT F1
カンパのコンポで乗っていたが、年齢的にも体力的にも
気になるコンポは今のうちに着けておかないと、と悩んだ末
フレーム・ホイールはそのままに、電動のDura-Aceに変更。
また、親しんできたSPDペダルも、この機会にLOOKに変更。
カーボンと電動の組み合わせで距離もスピードも若返った。
WILIER CENTO 1 SRU
カーボンロードは2台目になり、Di2・カーボン・チューブレスの
3つは“マストアイテム”になっている。さらにリア32Tスプロケ。
高校生の時から始めた自転車歴はもはや半世紀に近い。
情熱は冷るどころか逆に熱くなり、佐渡210km・琵琶湖160km
淡路島150km等の全てのイベントで制限時間内に完走する。
BMC SLR03(teammachine)
初めてのロードを検討したところ、BMCの美しさに一目惚れ!
10月初旬に来年モデルを発注し、届いたのが4月のあたま。
それまでの期間はレンタルロードで「朝練」に参加する。
ビンディングの練習も併せてしないと新車を傷付けます!
ホイールや部品のグレードアップが、これからの課題らしい。
Nakajima クロモリ・ロード
当店オリジナルのクロモリフレームにシマノ105(5800シリーズ)。
オーナーは細身のクロモリでホリゾンタル(トップが水平)が好み。
上村塗装が施したシートとヘッドの胴抜き塗装は秀逸。
サドルとバーテープの色はハニーで統一。ホイール・ブレーキ
は格上のULTEGRAを採用し、スプロケは14/27(BBB製)だ。
NAKAGAWA PROMINENCE
在庫のNAKAGAWAフレームにシマノ6800-ULTEGRAを装着。
往年のスレッド式1吋ヘッド小物+日東PEARLステムとハンドル。
最新の11速ULTEGRAは、リア11-32Tの超ワイドレシオにし、
フロントはコンパクトの50/34T。タイヤはCONTINENTAL-GP4000
ホイールはFULCRUM RACING ZEROと豪華な足回りを設定。
LOOKのペダル、フィジークのサドル、FSAのCarbonボトルケージ。
CINELLI  EXPERIENCE
ほとんど一日中オフィスでパソコン作業に従事していてる。
休日や夜にランニングをして運動不足を解消していた。
自転車に乗ってみたくなり探してみると、近くに当店があり
レンタルロードとサイクリングロードを毎週走る「朝練」に巡り合う。
レンタルロードを約2カ月のあいだ乗り、綺麗なチネリを購入。
ビンディングペダルにも慣れ、次は輪行ツーリングに出かけましょう。