日曜日朝練習会参加者募集!!(通称:朝レン
 突然ですが、3つ質問をします。

1、サッカーを始めようとサッカーシューズを買った。翌日からリフティングが50回できるか?
2、ジョギングを始めようとジョギングシューズを買った。翌日から10kmのジョギングができるか?
3、水泳を始めようとスイムウエアを買った。翌日から25mバタフライが泳げるか?

いずれも普通の人が普通にするスポーツに例えてみました。
自転車も日常的に乗るもので、ごくありふれた乗り物です。その延長でサイクリング車を購入したら翌日から楽しくできるものと勘違いしている人が多く見受けられます。特に一般車と比べサイクリング車は、性能的に「より遠く」「より早く」「より長時間」走れるように設計されています。そのためにサドルの位置が高く、ハンドルが遠くて低く、細いタイヤになっています。
もしサイクリングを楽しみたいのであれば、一般車の乗り方とは違う専門的な知識の有る人のアドバイスが必要です。
レースではなく走る事を楽しみたい人やツーリングの為の基礎体力作りに役立つ“朝練習会”に参加してみませんか?
無料」です。他店で自転車を購入された方でも全く構いません。特別なルールが有る訳でもありません。集合時間に来るだけです。ただ、スポーツと考えておりますので「汗をかき」「息が上がる」ことをお忘れなく、またスキルが上がるには期間(距離&時間)が必要でしょう。
自転車ですのでスピードが出ますと危険が伴う事もありますし、道路事情や天候によりトラブル・事故・アクシデント・故障・・等に巻き込まれる可能性も有ります。ヘルメットやグローブの着用や全ての事に対して自己責任で行動できる人に限らせて頂きます。当店は一切の責任を負いません

トップに戻る

荒川サイクリングロードを河口まで行き、帰って来るだけです。
(誰でもチョッと練習すれば出来る距離とスピードです、でも効果がでるのです)
当店より往復で約
60km 巡航速度25km/h位 約時間30
期間 毎週曜日  4月の第1週〜11月の最終週
集合(合流)場所 当店前AM 6:00→荒川サイクリングロード戸田橋下AM 6:15→岩淵水門AM 6:30(随時合流OK)
ルート→(往路) 当店前→荒川サイクリングロード戸田橋(東京側)→岩淵水門→扇大橋→堀切橋→葛西橋
(復路) 対岸に移動→葛西橋→江戸川競艇→小菅→レストランさくら→対岸に移動→戸田橋
休憩 往路の終点(葛西橋たもと)で10分位  復路最後の戸田橋から1番近いコンビニで15〜20分位
雨天中止 当日のAM 5:30に雨が降っていた時点で中止
中止の連絡 当日の連絡は早朝の為いたしません。イベントや突然の中止はHP(又はメール)にて御案内します。
連絡 出欠の連絡は必要ありません。都合のよい時のみ御参加ください。
時間厳守 けっして待ちません。集合(合流)場所にいない時は通り過ぎます。
初めて参加する方は御連絡のうえ、事前に必ず一度当店へ御来店下さい。簡単な御説明をします。
初心者の女性用にレンタル・ロードを用意しております。

サイクリングロードのスタート直後にある新荒川大橋の桜並木。
川沿いですので草木は絶えず生い茂っています。季節の移り変わりが感じられるのも自転車ならではないでしょうか。
春のお花見から夏の最盛期を向かえ、ススキや紅葉で秋を感じ、殺風景な冬になります。風も冬から春先は北風で、だんだん暖かくなると南風に変わります。1年を通して同じコースを走っている為によく分かります。
朝レンのオフシーズンである12月から3月は、朝6時に出発すると暗くて寒いので中止にしています。この4ヶ月で体力が落ち、シーズン始めの4月は結構しんどかったりします。(初心者の気持ちがよく分かります)私自身は3月から始動し、体力作りの準備をします。
AM 6:25頃通過
サイクリングロードを10分も走れば岩淵水門に着きます。
旧岩淵水門と新岩淵水門の2つがあり、コースがクランクに曲がりますが景色が良いために気になりません。
水門を過ぎたところ左手がゴルフ場になり朝早くからゴルフを楽しんでいる人達を見かけます。
「朝早くからよくやるよ!おっさんが!!」と自転車を漕ぎながら眺めていますが「自分達もおっさんでしょう!」と言われ、その通りだと実感しています。
台風が来ると、このゴルフコースは水浸しになり数週間お休みになります。しかし自転車乗りは台風でも走っている人がいます。(それを見たという事は台風が来ても走っているということ・・・?)
AM 6:30頃通過
50才前後のおっちゃんと30才代の女性が楽しげに一緒に走っています。
朝レンコースは基本的に完全舗装路で車も入らず、平坦路ですのでロードが使いやすいと思います。もちろんどんな自転車で参加されてもOKです。参加メンバーは男女問わず、20代から60代の人が入れ替わり参加しています。ほぼ毎週参加している人もいます。
ここなら初心者にアドバイスも出来ますし、遅れても決まっているコースなので、はぐれる事はありません。(女性用のレンタル・ロードを用意しております)
堀切橋たもとの菜の花畑。
ここまで来ると体も温まってきて、早起きした体も目覚めてきます。
毎週1回・60kmですが「継続は力」の言葉通り、体力がついてきます。脚にも筋肉と持久力がつきます。
たとえば、この朝レンを5回連続で参加されていたら、突然前日に誘われた100kmサイクリングでも問題なく走れ、逆に余裕のある楽しい1日が過ごせるでしょう。
小さなサドルに1日中座り、遠いハンドルバーで腰が痛くなり、足の筋肉痛が翌日おそう事は無いでしょう。それが朝レンの効果であり、楽しいサイクリングをする秘訣とも言えます。どんなベテランでも3ヶ月自転車に乗ってなければ筋肉は衰え、呼吸も乱れると思います。
AM 7:00頃通過
首都高速中央環状線に掛かるかつしかハープ橋です。
往路のサイクリングロード左側にはいつも首都高速があり荒川が流れています。土手ですので野球場・サッカー場・ゲートボール場・公園・ゴルフ場・水上バスの船着場もあります。東京下町の人は知っていると思いますが激安の「あらかわ遊園」も川のすぐそばにあります。
対岸は有名な小菅の「東京拘置所」があります。聞いた事のある政治家や団体の幹部・殺人事件・巨額脱税事件の犯人が収監されています。
ここら辺は多摩川と違いまして川遊びはもっと上流に行かないと無理で、モーターボートやジェットスキーを楽しんでいる人はいますが、やはり釣りが一番でしょうか。
AM 7:05頃通過
ざっと写真付きでコースを御案内
旧中川と荒川を結ぶ「荒川ロックゲート」です。
ロックゲートとは、パナマ運河にあるのと同じ閘門と呼ばれるもの。水位の異なる二つの水域をつなぐもので、水門を開閉して水位を調節し、通過する船を昇降させる。ここのゲートは仕切り板が上下するタイプ。船が閘室と呼ばれる写真のゾーンに入ると、数分で水位が上下して通過することができるそうです。
「荒川サイクリングロード」は、ほんらい水害対策用の道で、自転車専用道路ではありません。犬を連れて散歩をしている人やジョギングを楽しんでいる人たちとトラブルが無いように細心の注意をはらって下さい。多摩川のサイクリングロードでは歩行者と事故が多発し、自転車通行が制限されるなんて噂もある位です。気をつけましょう、ココが使えなくなると困るサイクリストがたくさんいます。
AM 7:15頃通過
前半終了して折り返し地点の葛西橋に到着です。
すぐ先は東京湾で海になり、左手には葛西臨海公園、もうちょっと先には東京ディズニーランドがあり、右手には羽田空港があります。
150mも行けば海ですので潮の香りがします。東京は大きい都市ですので、それほど海に接する機会が多い人はいないと思います。平日は満員電車でギュウギュウに押し込まれて通勤していても、朝レンに参加すれば毎週のように海が見れますよ!!
橋のたもとか、夏場なら橋の下で10分位の休憩をとります。即効性のあるエネルギー飲料を補給したり、ストレッチをしたり、前半の風向きや、すれ違ったサイクリストの話をしながら休みます。
往路で来た道を帰るのも芸が無いので、対岸に渡り周回コースをとる様にしますが、路面状況により同じコースを戻る時もあり、その時によって若干変わります。
AM 7:20頃
後半に続きます