仏像の修復
仏像文化財修復工房

このサイトは、一般の人にも『仏像の修復』についてもっと知ってもらう為に一修復家が作る
 『仏像を大切に思う人』と『修復家』を直接結ぶぺーじ
です。
                   ○
                   ○
仏像は我々の祖先が信仰し、守り、手渡されてきた大切なものです。
人々の思いがたくさん詰まっています。
 
その寺院の歴史、地域の歴史の語り部となり、現代の我々に語りかけます。
この大切なものを我々は次の世代に手渡さなければなりません。

この「手渡し」の助けをするのが「仏像の修復家」です。

仏像文化財保存サポート
地域歴史文化財保存支援
地域の仏像・神像の保存を支援する活動を行っております。
震災応急修復・レスキューボランティア活動中

◇文化庁主催「文化財修理技術者講習会」 
修了技術者


   
ぶつぶつ日記(ブログ) :仏像の修復の事や日々感じた事。読んだ本の感想などぶつぶつとつぶやいています。更新履歴としてもご利用下さい。
保存修復まめ知識 :仏像、文化財の保存修復についての様々なことをまとめています。

仏像の修復とは修復行程修復を依頼する時の注意点より永く保存するために損傷の種類修復の程度基準作例年表仏師系図年号あいうえお索引十干・十二支 年号対応表旧国名自治体文化財担当部署のページのリンク集木彫仏像の構造・技法玉眼の構造運慶について仏の三十二相仏像の手と足蓮の花と仏像の台座修復に使う道具文化財の分析方法仏像に使用されている接着剤
修復例・実績 :当工房で修復させていただいた御仏像の修復例と実績です。
修復家の本棚 :修復家である私のお勧めする本を紹介しています。
 
仏像文化財修復工房とは :当工房と管理人の紹介。
リンク集 :仏像や文化財に関する様々なリンク集。
お役立ちリンク :様々に役立つサイトのリンク集です。
無料メールマガジン :工房が発行する無料メールマガジン。かなり不定期に発行。
 
過去のぶつぶつ日記 :2003.10から2006.5までのぶつぶつ日記。

 仏像の修復の世界では、いまだに、像の表面を全て塗り直す修復方法が横行しています。これは、お仏像のこれまで生きて来た歴史を否定するばかりか、文化財的な価値をも損ねてしまう行為です。
 このような修復方法が横行して来た原因は、これまで修復者側が、きちんとした宣伝啓蒙活動をしてこなかった弊害です。寺院の方は、我々のような文化財としての修復という選択肢を知らずに、良くない業者に任せるしか無かったのが現状です。

 こうした塗り直し修理に一つの仏像を出して、おもちゃのようになって帰って来、それからは怖くて修復に出せないという寺院の方もいらっしゃいます。塗り直し修理が、仏像の価値を損なう行為だという事を感じてらっしゃる方もおられます。
 私はこの『仏像の修復』ホームページを通じて、広く一般の方にも仏像の修復について知ってもらえればと考えています。
 
 もしかすると、仏像を一体一体直すよりも、文化財修復の概念を広めていく事の方が、結果的に多くの仏像を、塗り直し修理という『損傷』から助けられるのではないかと考えます。
 また、仏像拝観の情報を発信し、きちんとした修復が行われた仏像をより多くの方に拝観して頂き、価値観を変えて行くのも第一歩かとも思っています。

工房:新潟県田上町原ヶ崎新田1678−4 п@0256−57−6163
対応拠点 : 東京都千代田区神田錦町3−11 松岡ビル
対応拠点 : 山形県山形市今塚

  山形県山形市今塚にも拠点がございますのでお近くの方は、どうぞお気軽にお声をおかけ下さい。

定休日は基本的に日曜日です。



このサイトを御覧になって仏像修復について興味を持たれた方、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
メール: butsuzou.bunkazai★r4.dion.ne.jp
       (★を@に変えて送信下さい)


本ホームページの内容を無断で複写・掲載することは、著作権の侵害となります。
このホームページは基本的にリンクフリーですがリンクされる場合は御連絡頂けると励みになります。

 
HOME:http://www.h7.dion.ne.jp/~butsuzou/