ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
これまでに解決した主な事件

事件の種類 当時の年 事  件  内  容
民事 1987年 食品メーカーについて、和議(現在の民事再生手続)申立を行い、和議認可を得て、8年かけて会社を再建
(徳島地方裁判所阿南支部)
刑事 1990年 非現住建造物放火罪で起訴された男性の無罪判決を獲得
(徳島地方裁判所)
民事 1992年 歯科医師について、和議(現在の民事再生手続)申立を行い、和議認可を得て、8年かけて歯科医院を再建
(徳島地方裁判所)
民事 1996年 第一次徳島じん肺訴訟を和解により解決
(徳島地方裁判所)
民事 1996年 徳島刑務所に対する接見妨害を理由とする国家賠償請求訴訟について勝訴判決獲得(徳島地方裁判所)
民事 1996年 鳴門教育大学セクハラ訴訟について、大学院生の勝訴判決を獲得
(徳島地方裁判所)
民事 1996年 出産に伴い脳性麻痺となった新生児について、医療法人に対し、医療過誤訴訟を提起し、和解による判決をはかる
(徳島地方裁判所)
民事 1996年 医療法人の院長が不当に解雇された事案について、解任無効とともに名誉毀損による損害賠償請求を提起し、いずれも勝訴判決を獲得
(徳島地方裁判所、高松高等裁判所、最高裁判所)
民事 1999年 県立高校の野球部員がピッチングマシーンを操作中、頭部に打球を受けて負傷し、後遺障害が発生した事案について、徳島県に対し、国家賠償請求訴訟を提起し、勝訴判決を獲得
(徳島地方裁判所、高松高等裁判所)
民事 2000年 ちくのう症手術を受けた患者の右目が失明した事案について、医療法人に対し、医療過誤訴訟を提起し、勝訴判決を獲得
(徳島地方裁判所)
民事 2002年 第二次徳島じん肺訴訟を和解により解決
(徳島地方裁判所)
民事 2002年 歯科医院の女子労働組合が団体交渉を拒否されたため、院長を相手方として地方労働委員会に対し、不当労働行為救済申立てを行った事案について、救済命令を獲得
(徳島県地方労働委員会)
民事 2003年 商工会議所の職員が不当に解雇された事案につき、解雇無効とともに名誉毀損による損害賠償請求訴訟を提起し、和解による解決をはかる
(徳島地方裁判所)
刑事 2003年 傷害罪で起訴された男性の無罪判決を獲得
(徳島地方裁判所)
刑事 2004年 上記傷害事件の男性の無罪判決確定
(高松高等裁判所)
民事 2004年 家具卸・小売会社について、民事再生手続申立を行い、認可決定を得て会社を再建
(徳島地方裁判所)
民事 2006年 破産者の退職手当の中から公務員共済組合が受けた弁済は無効であるとの最高裁判決を得て、不当利得返還請求が認められる
(判例時報1923号37頁)
民事 2008年 食品加工メーカーの民事再生申立手続を行い、認可決定を得て会社を再建
(徳島地方裁判所)
民事 2012年 仏壇製造メーカーの民事再生申立手続を行い、認可決定を得て会社を再建
(徳島地方裁判所)
刑事 2012年 労働組合が検察審査会で不起訴不当の議決を獲得
(徳島検察審査会)








フッターイメージ