お寺が窓口になるお葬式

世間では

世間では、いざ家族にご不幸が生まれると、葬儀屋さんに連絡して、葬儀屋さんの指示に従い、お葬式を営むのが通例です。これはこれでよいのですが、信頼できる葬儀屋さんなら、まったく問題はありません。しかし、葬儀屋さんとお友達という方はそうそう多くはないでしょう。ですから世間の多くの方々は、初めての面識の葬儀屋さんに自分の家族のことを託すことになり、往々にしてここに問題が生じることが多くなります。

そこで

そこで、お寺が窓口となり、不幸が生じたら、お寺に連絡し、お寺から信頼できる葬儀屋さんを依頼してもらい、お葬式をしてもらうように、相談窓口がお寺にしてもよいのではないか。そうすれば、後々の仏事の依頼も出来るし、お墓の埋葬のこともスムースにいくのでは……。もちろん信頼できないお寺では、この話はおすすめできませんので。

どうしたら

トップのページへ 

トップのページへ 

166-0011  東京都杉並区梅里1−4−23
電話03−3311−5438番

清  徳  寺へ

こうしたことを訴える方々に対して

一度相談してみるのもよいでしょう。あくまで相談です。依頼ではありません。相談をしてみましょう。「相談をしたい」といって電話をしてみましょう。

では、お寺で考えてみようとしたのが、清徳寺です。信頼できるかできないか、相談だけでも参考になりましょう。

その前に

ちなみに、全部すべての費用予算として、お寺の費用40万円・葬儀社費用120万円の企画を只今検討中です。祭壇は生花の祭壇です。いずれ写真で公開します。