トップのページへ前のページへ次のページへ

お寺の供養の姿勢

當山江戸時代からある古い歴史をもつお寺です檀信徒という人々によって支えられているお寺です。
建物は近代的ですが、……。

しかしその中にあって、一般の人々に応える窓口を多くもったお寺でもあります。

その中の1つに赤ちゃんの供養があり、そのお墓、水子供養塔があります。

こうしたことを活動として行っているのは、
反省をするところ、「ごめんなさい」と謝るところを提供するためなのです。
今、私達が素直に頭を下げたり、反省をしたり、謝ったり、できるところは案外あるようでないものです。
時代は自分を押し通したり、自分の主張をすることが正しいという時代になりました。しかし、ほんとうは、
反省をしたり、自分の弱さを認めることが、自分を強くすることなのです。
実はこうした場所を皆さんに提供することが、清徳寺の目的でもあります。