NPO法人AIKI−NET
トップページ 道場案内 活動内容 ブログ 掲示板 リンク

合気術試合1 合気術試合2 合気術試合3

『合気術(鉄扇の部)』

■試合
  • 競技場は8m×8mから10m×10m四方の畳の上とする。
  • 指定された道着・面・手袋を着用し、模擬鉄扇を使用すること。
  • 競技時間は2分とし主審の「はじめ」の宣言で開始し「やめ」の宣言で中断する。中断した場合はその間時計を止める。
  • 勝敗は一本制及びポイント制の併用とし有効打が決まった場合は一時中断し、開始線より「はじめ」の宣言で再開する。
  • 競技時間内に1本技が決まった場合、降参した場合または5ポイント差がついた場合はその時点で終了し勝者を宣言する。
  • 競技時間終了後はポイント差により勝者を宣言し、ポイントに差が無かった場合には1分間の延長戦を決着がつくまで行う。
    また、この延長戦は先にポイントを取ったものを勝者とする。
■ポイント
  • 対戦相手の有効打撃部位を模擬鉄扇で正確に打撃した場合、1ポイントとする。
  • 対戦相手の身体部位全てを有効打撃部位とする。
  • 軽い打撃、及び打った後に模擬鉄扇を放してしまった場合は有効打撃とはならない。
  • 一方的に2本以上の連続攻撃が決まった場合は2ポイントとする。
  • 投げ技・絞め技及び関節技の使用を認めるが単独ではポイントとならない。
■一本
  • 倒れている又は地面に膝を付いている等完全に体勢が崩れている相手に打ち込んだ場合は1本とする。
  • 関節技や絞め技で相手が降参した場合は1本とする。
■組み技
  • 押さえ込みや、つかみ合い等の組み技になった場合は主審の「組み技」の宣言から15秒間とし「やめ」の宣言で離れ、、開始線より「はじめ」の宣言で再開する。
■反則/禁止技
  • 相手の使用する模擬鉄扇をつかむ行為は反則とし1回目は1ポイント2回目は2ポイントと随時ポイントを増加し相手に加算する。
  • 場外の場合は1回目は警告のみ2回目1ポイント、3回目は2ポイントと模擬鉄扇をつかむ反則と同じく増加し相手に加算する。
  • 模擬鉄扇を持っていない手でのつかみ等は可能だが模擬鉄扇以外の当身等、審判が危険と見なした行為は即失格とする。
  • 年少者の場合は関節技・投技・絞め技等の組み技は使用禁止とする。

トップページ |  道場案内 |  活動内容 |  ブログ |  掲示板 |  リンク |  サイトマップ 

copyright © 2003 NPO法人AIKI-NET all rights reserved.