第1回 TOSS全国1000会場教え方セミナー
ホーム

実施会場一覧

後援団体
(前年度分)
※今年度分は
 3月1日より発信予定



昨年度参加者の声

TOSSランド
管理者へメール

 教師であること」があなたにとって
  「喜び」や「生きがい」であり続けるために

 「もう一度生まれ変わっても教師になりたい」、教師という仕事の素晴らしさを実感しておられる方の多くは、きっとそのようにお考えではないかと思います。一生懸命勉強を教えて、子どもが「分かった!」「できた!」と言った時の嬉しそうな笑顔、それはこの仕事を続けていく上での大きな原動力です。
 しかし、そのような腹の底からの実感を得るためには、やはり教師が学び、「授業力」や「統率力」を身につけないといけません。また、最近では「特別支援を要する子への対応力」を身につけることも不可欠になってきています。子どもを取り巻く現状は昔に比べて大きく変わっていますが、熱意をもって真摯に学べば、必ず大きな手ごたえを得られます。そんな手ごたえを手に入れ、この仕事に「喜び」と「生きがい」を感じられるよう、私たち一緒に学びませんか?全国の会場で先生のご参加を心よりお待ちしています。



 全国で様々な動きがあります
★文部科学省の委託事業決定!(福島会場)  
 全後援数も545になりました!!
 「NPO福島県子どもの教育支援サークル」が開催するTOSSデーが平成23年度「復興教育支援事業」として文部科学省に採択されました!
★昨年度の参加者数は2万人超! 10年間でのべ約24万人に!
 昨年度は東北地方でも復活開催することができ、全国的に多くの方にご参加いただきました。大阪では250名を超える参加をいただいた会場もあります。
★行政の首長や教育委員会も参加!
 県によっては行政の首長様が参加された会場もあります。その他にも現職の管理職や教育委員会の指導主事の方が参加された会場もあります。


 今までのTOSSデーと何が違うのですか?
  昨年度までは「TOSS全国1000会場一斉セミナー(TOSSデー)」でしたが、今年度より「TOSS全国1000会場教え方セミナー」と名称を変更しました。これにより、講座内容は大きく変わってきます。
 まず、子どもへの指導場面をより具体的に、より細分化して想定し、講座にします。これまでのTOSSデーには「黄金の三日間」をテーマにした講座がたくさんありました。とても人気のある講座ですが、もし初任の先生に「教師のイロハ」を一からお伝えするなら、「黄金の三日間」以前に、「教師としての出勤初日、まず何からするか?」「教師の一日は何から始まって何で終わるか?」などもお伝えするべきかと思います。
 また、それらの講座を体系化します。これまでは「黄金の三日間」「算数」「特別支援」など、大きなテーマで講座をご用意していましたが、今回からはそれらの講座を大きな枠組みの中で体系的にまとめています。イメージは大学のシラバスです。体系的に学ぶことで、総合的な教師の力量を身につけられることを目指しています。
 今年度は第1回ですので、まだ従来の「TOSSデー」として行う会場もありますが、年度を追うごとに「教え方セミナー」の内容にスライドさせていきます。
 ぜひ、新しくなった「教え方セミナー」にご参加ください!


 どのような内容ですか?
 学級経営の力をつける方法や、学力をつける指導法などを会場別にさまざまなテーマで実施します。例えば、4月最初の3日間は「黄金の三日間」といわれます。
 一年を左右する3日間にするべきことは「新学期対策で分かります。算数が苦手な子が授業だけで100点を取る指導法は「基礎学力保証の指導法」に足を運んでみてください。
 もちろん教科別の会場も充実しています。「国語」「算数」「社会」「理科」などの主要教科はもちろん、「音楽」「図工」「体育」などの実技教科もあり、基礎的な指導法から楽しい実践までたくさんご紹介しています。
 担任が知っておかなくてはいけない「特別支援の必要な子への対応法」、周りから一目置かれる「定時に帰る仕事術」など会場ごとにテーマを絞って実施します。全会場で「いじめをなくす方法」、毎年好評の「その場で解決! 教育何でもQ&A」を行います。



 どんな方が参加しますか?
 新規採用5年目までの先生方、講師の先生方と、教師を目指す学生のみなさんが主な対象です。
 しかし、多くの会場で中堅・ベテランの先生方も参加しています。会場によっては校長先生や指導主事の方も参加しています。
 過去9年間でのべ22万人近くの方にご参加いただきました。



 どこで行われていますか?
 全都道府県、約1000会場で実施されています。一つの県当たり、20会場以上の計算になります。
 大都市圏はもちろんのこと、郡や町村でも行われています。
 あなたの身近の会場があるかどうかについては、会場一覧をご覧下さい。



 いつ行われていますか?
 期間は2013年3月16日〜5月26日です。
 詳しくは会場ごとのホームページでご確認下さい。



 初めての参加で不安です
 多くの会場で、県や市区教育委員会からの後援をいただいています。年々いただく後援の数は増えており、昨年度は500を超える後援をいただきました。半数以上の県教委からも後援をいただいています。
 それだけ、若い教師にとって価値のあるセミナーだと認められているのです。
 また、過去には現職の文科大臣(当時)や元首相も参加し、「TOSSの皆さん方には本当にがんばっていただいてありがたく思う(当時の文科大臣・塩谷立氏」と評価されています。
 安心しておいでください。



 費用はいくらですか?
 会場ごとに異なります。
 詳しくは各事務局にお問い合わせ下さい。


 TOSSとは何ですか?
 Teacher's Organization of Skill Sharing(旧・教育技術法則化運動)のことです。
 授業・教育にすぐに役立つ教育技術・指導法を開発し、集め、互いに追試し、検討しあって、自らの授業の技術を高め、集められた教育技術・指導法自体もよりよいものにしようと努める教師の団体です。
 現在は技術や指導法をTOSSランドに公開しています。代表は向山洋一氏(元東京都公立小学校教諭、上海師範大学客員教授)。著書は『授業の腕をあげる法則』、『子どもを動かす法則』、『学級を組織する法則』、『いじめの構造を破壊せよ』(明治図書)等100冊以上あります。


 TOSSランドとは?
 TOSSランドはTOSSの教師が作り上げた、教師専門のポータルサイトです。明日の授業で使える毎時間の発問集、子どもが熱中する学習ゲームサイトなど11000以上のコンテンツがあります。開設以来、教育のポータルサイトとしては唯一無二の存在として内外に知られています。
 2011年10月5日で1億万アクセスを突破しています。

 −(C)TOSS 西尾豊 /Yutaka Nishio, All rights reserved.−
このサイトのすべてのコンテンツは著作権フリーではありません。
リンクについてもお問い合せください。